上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2020年
  • #コロナ時代を生きるための次世代地域ソリューション型・チーム 「TEAM Beyond Your Dream(BYD)」発足!参加者募集【中津川市・恵那市】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

#コロナ時代を生きるための次世代地域ソリューション型・チーム 「TEAM Beyond Your Dream(BYD)」発足!参加者募集【中津川市・恵那市】

bydweb20200606.jpg

会えない今、この時代こそ、つながろう!

"#コロナ時代を生きる"ための次世代地域ソリューション型チーム「TEAM(チーム) Beyond(ビヨンド) Your (ユア)Dream(ドリーム)(BYD)」(同実行委員会主催)が1日発足。世代・職業・地域を越えて、中津川・恵那地域を愛する人々がつながるニュー・コミュニティで、ネット会議は参加無料。メンバーを募っています。

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出された4月、経営コンサルタントの鈴木直樹実行委員長(53)=恵那市上矢作町=が呼び掛けて同実行委員会を発足。

コロナ禍で分断された人との接点を取り戻し、知恵を出し合って経済・医療・介護・教育等々、山積する地域の課題解決の糸口を見い出そうと考えたのです。

WEB会議ツールのZOOMを使って行われた第1回には恵那・中津川市内在住、在勤、出身の15人が参加。盛岡、横浜、名古屋からの参加者もあり、幅広い年代の人々が意見交換しました。

初めに、今回のメーンスピーカーを務めた、造園業で環境防災家の40代の男性=中津川市付知町=と、ウエブデザイナーの30代の男性=中津川市茄子川=が「#コロナ時代を生きる」をテーマにプレゼンテーション。次世代への研修活動などについて語り、他の参加者からは「遠くからでも地域のためにできることを考え実践したい、」などの意見が出されました。

会議は原則、毎月第一金曜日の午後7時から90分程度行い、WEB会議は参加実無料。鈴木実行委員長は「コロナ収束時には、実際に顔を合わせて意見交換するリアル会議を開催。さまざまな立場の人に入っていただいて議論を深め、小さなことから1つひとつ解決策を実行していきたい」と話しています。問い合わせは080(4155)5324鈴木さんへ。

恵峰HN (2020年6月 5日 13:49)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1146