上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2020年
  • 東京五輪入賞の君原健二さんらも出場"全国初"の還暦に特化した「全国還暦マラソン椛の湖大会」が4月12日の25回大会最後に閉幕 ラストランの参加者募集!【中津川市坂下】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

東京五輪入賞の君原健二さんらも出場"全国初"の還暦に特化した「全国還暦マラソン椛の湖大会」が4月12日の25回大会最後に閉幕 ラストランの参加者募集!【中津川市坂下】

200201kanreki.jpg
"全国初"の還暦に特化したマラソン大会で、東京五輪8位の君原健二さんらも出場した中津川市坂下の「全国還暦マラソン椛の湖大会」。スポーツと高齢者福祉を両立させた先進的企画で、延べ約4000人が出場しましたが4月12日の第25回大会を最後に閉幕。実行委員会(吉村俊廣委員長)では参加者に配布する記念冊子を作成し、ラストランへの出場を呼びかけています。
第1回大会が開かれたのは平成8(1996)年。坂下町(当時)役場の職員を中心に地域活性化の協議を重ねる中で、全日本フォークジャンボリーで名高い「椛の湖」を舞台に、全国規模のイベントを開催する案が浮上。当時助役で還暦に近かった原亥留夫さん(85)=写真中=がマラソンを趣味とし、それまで還暦に特化した大会はなかったことなどから「全国還暦マラソン椛の湖大会」の開催が決定。第1回は73人、数年は100人前後の参加者でしたが、部門分けして入賞のチャンスを増やし、アスリートタグを導入して集計時間を短縮。君原健二さんらをゲストランナーに迎えるなどした結果、毎回200人以上が参加する大会となり、24の全大会に出場した人も2人います。
吉村実行委員長=写真左=は「20年間実行委員長を務められた故曽我清さんや長年ご協賛いただいた市内外の企業、多くのボランティアスタッフや市、地域住民の皆様に心から感謝。『最後で最高の大会にしたい』と記念冊子も作って準備しているので、ぜひ、多くの皆様に参加いただきたい」と呼びかけています。
募集要項、詳細問い合わせはTEL0573(75)3335同実行委員会事務局へ。

恵峰HN (2020年2月 1日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1083