上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

世界でも数少ない156年前の手作りピアノを備えた「ピアノの家」来月5日に初演奏会【中津川市福岡】

20201121piano201121.jpg
世界でも数台しかないと言われる150年以上前の手作りピアノを備えた「ピアノの家」が、中津川市福岡にオープン。12月5日、初の演奏会が開かれます。

主宰するのは、ピアニストのひかるさん。韓国で大学のピアノ科を卒業後、長年、ポピュラー界の花形として活躍。2000年に来日後は、ソロ演奏やコラボライブなどで高い評価を得てきました。

アンティークピアノとの出会いは7年前。南北戦争末期、日本では江戸時代に、米・シカゴで誕生したこのピアノは、長年、ジャズクラブやミュージカルの舞台で活躍。 

象牙の鍵盤を通して伝わる重厚で艶のある響きと、コントラバスの音色を奏でる低音域の類なきハーモニーで、多くの音楽ファンを魅了してきました。

知人を介して入手したひかるさんは、このピアノのために、日進市の古民家を改装してピアノサロンを開き、多くの人々にその音色を披露してきました。

そして今春、「大好きな自然に恵まれた」福岡に移住。築60年の古民家にアンティークピアノとオーストリア製グランドピアノを置いて「ピアノの家」を開き、来月5日、初のミニコンサートを開くものです。 今回はコロナ対策もあり、予約ですでに満席ですが、ひかるさんは「これを皮切りに、地元の皆さんにアンティークピアノの魅力を紹介し、楽しんでいただきたい」と張り切っています。

恵峰HN (2020年11月19日 14:09)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1249