上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

東清がラジオ体操団体で全国表彰 毎朝、全社員が46年間継続【中津川市駒場】

raziotaisoutousei20201003.jpg

環境保全事業を展開する中津川市駒場の「東清」(吉村敏博社長)が、かんぽ生命保険、NHKNPO法人全国ラジオ体操連盟主催の本年度のラジオ体操優良団体等表彰で全国表彰を受けました。受賞したのは全国で9団体、5個人。

ラジオ体操・みんなの体操の普及推進の一環として、昭和31年から毎年、ラジオ体操の普及に功績のあった団体および個人を表彰しているもので、全国・地方・府県等表彰があります。

「東清」は創立当初の昭和49年から毎朝、朝礼前に全社員挙げてラジオ体操を実施しており、46年間継続。平成元年には府県等表彰、同21年には地方表彰を受け、そのつど、元NHK体操アシスタントらが来社して「出張ポイントレッスン」が行われました。

コロナ禍の今年は密を避けるため、約90人の社員が小グルー分かれて実施。各グループで、「出張ポイントレッスン」のDVDを見て、体操の見直しを行っています。

あす4日に予定されていた「第591000万人ラジオ体操・みんなの体操祭」「2020年度ラジオ体操優良団体等表彰全国表彰式典」はコロナ禍で中止。賞状と副賞を贈られた吉村社長=写真左=は「ラジオ体操は健康はもちろん、仕事モードへの切り替えとしても有効なようで、事故が多いと言われる月曜朝もほとんど無事故。受賞を糧にさらに熱心にラジオ体操に取り組み、従業員の健康維持に努めて、地域の生活環境向上に貢献したい」と話していました。

恵峰HN (2020年10月 1日 16:29)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1220