上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2020年
  • 小麦の種播きから製粉、成型まで、自分たちで手掛けたパン賞味 岩村町の放課後デイサービス「りんごクラブ」の子どもたち【恵那市岩村町】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

小麦の種播きから製粉、成型まで、自分たちで手掛けたパン賞味 岩村町の放課後デイサービス「りんごクラブ」の子どもたち【恵那市岩村町】

20201121ringo201121.jpg
恵那市岩村町の放課後等デイサービス「りんごクラブ」の子どもたちが3日、小麦の種まきから製粉、成型まで、すべて自分たちで手掛けたパンを賞味しました。

小学生から高校生まで33人が登録する同施設では、子どもたちに楽しみながら社会性や協調性を育んでもらおうと、農作業を導入。

小麦栽培もその一環で、一昨年初挑戦しましたが、収穫寸前、スズメの被害で断念。昨年11月、再度種をまき、今年6月に収穫。はざに掛けて天日干しした後、千歯こきや唐箕など昔の農具を使って脱穀し、石臼を使って製粉しました。

当日は職員の指導でイースト菌やバターなどを混ぜ発酵させた生地で、動物型のパンやウインナーロールを成型。職員にオーブンで焼いてもらい、皆でおやつに食べました。

高校1年生の女子生徒は「皆で作業するのが楽しかった。特別おいしいです」と笑顔。管理者の齋藤寿久さんは「長い道のりでしたが、皆よく頑張りました。自信や、食べ物を大切にする気持ちが育ってくれればうれしい」と話していました。

恵峰HN (2020年11月19日 14:14)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1250