上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

回想法センターまつり【恵那市明智町】

20200307sasshi.jpg
恵那市明智町の明智回想法センターを管理運営するNPO法人シルバー総合研究所が、漫画で回想法を解説した冊子「回想法って何だろう?~今に役立つ昔の話~」(A4版、カラ―刷り、19㌻)を発行しました。
同センターは、大正時代初期開業の旧大塩医院を改装。大正村に残る古い建物や懐かしい生活道具などを通して過去を振り返り、思い出を語り合うことで高齢者の脳を活性化。認知症を予防する回想法を実践しています。
冊子は回想法についての理解を深め、多くの人に活用してもらおうと発行したもので、同センター管理者で作業療法士の来島修志日本福祉大学助教授が監修。職員が作画・デザインを手がけました。
同センターを訪れた小学生の兄弟と地元の高齢者のふれあいを通じ、回想法の意義や同センターの活用法などが分かりやすく紹介。同センターで300円の実費で販売しているほか郵送にも応じています。

恵峰HN (2020年3月 6日 18:20)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1102