上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2021年
  • カーネーション15000鉢栽培・加子母の「ますだ農園」9日の「母の日」前に出荷の最盛期【中津川市加子母】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

カーネーション15000鉢栽培・加子母の「ますだ農園」9日の「母の日」前に出荷の最盛期【中津川市加子母】

20210501kane210501.jpg
約20種類15000鉢のカーネーションを栽培する中津川市加子母の「ますだ農園」では、9日の「母の日」を前に、出荷の最盛期を迎えています。 

この時期カーネーションを出荷するために、昨年10月に植え付けをする生産者の三浦綱彦さん・ちえ子さん夫妻。気温が低い加子母では11月から暖房が必要で、経費も手間もかかりますが、「色とりどりで香りもいいカーネーションに触れているだけで幸せ」。

今年は『イチゴホイップ』『アラモードオレンジ』など、スイーツを連想させるヴィヴィッドカラーが人気。「例年より出足が早く、すでに五号鉢は予約で完売した」ということです。

恵峰HN (2021年4月30日 18:47)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1315