上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2021年
  • 《夢!今年にかける》中津高校硬式野球部出身のプロ野球選手 牧野圭佑選手 「野球で勇気と感動与える夢」実現へ【中津川市中津川】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

《夢!今年にかける》中津高校硬式野球部出身のプロ野球選手 牧野圭佑選手 「野球で勇気と感動与える夢」実現へ【中津川市中津川】

20210103makinosenshu210103.jpg
中津高校硬式野球部出身として初めてプロの路を選び、独立リーグ・富山GRNサンダーバーズの投手として活躍する牧野圭佑選手(24)=中津川市中津川。高校時代、完全試合を達成して抱いた「野球で勇気と感動与える夢」を、2年目の今年に賭けています。

牧野選手は東小学校時代、少年野球チーム「中津東クラブ」でファーストを守り、県大会で2回準優勝。中学時代は硬式野球チーム「東濃ボーイズ」に所属。中津高校では、軟式から転向して7年目の硬式野球部で投手を務めました。完全試合を達成したのは、1年生の秋、夜明け前スタジアムで行われた各務原高校との試合。

人一倍努力してきたことを知る仲間や応援席に詰めかけた大勢の保護者らから賞賛の言葉と惜しみない拍手を送られてスポーツの力を実感。「プロ野球選手になって多くの人に勇気と感動を与えたい」と決意したのです。

ところが2年生の春に肘を痛め、その後、長期間低迷。自暴自棄になった時期もありましたが、顧問教諭の親身の指導で3年の春復帰して最後の公式戦に出場。グラウンドが共用で練習試合ができないなどの環境もあり、それまで公式戦で1勝もできなかった野球部の初勝利に貢献することができました。

全国唯一の国立体育大学・鹿屋体育大学に在学中は、南部九州ブロック大会で準優勝。しかし卒業時、NPB(日本野球機構)の12球団からは声がかからず、オファーがあった独立リーグの3球団のうち富山GRNサンダーバーズに入団。打者の手元で小さく強く曲がるスライダーを武器に2勝を挙げ、初めてのシーズンを終えました。

「今年1年頑張ってNPB入りできなければプロの道を断念する」と宣言した牧野選手。「直球で勝負するため、ストレートに磨きをかけたい」とトレーニングに励んでいます。
P=恵那山を望む母校・中津高校のグラウンドに立つ牧野圭佑選手。

恵峰HN (2020年12月31日 13:57)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1266