上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2021年
  • 苗木の「あたたかい大きな手の会」が年末恒例の「お米配り」「コロナ禍で大変だろう」と米を寄付した篤志家が倍増【中津川市苗木】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

苗木の「あたたかい大きな手の会」が年末恒例の「お米配り」「コロナ禍で大変だろう」と米を寄付した篤志家が倍増【中津川市苗木】

20210103okome210103.jpg
困った人を物心両面で支える中津川市苗木のボランティア団体「あたたかい大きな手の会」(小栗愼平会長)が昨年末の12月10日、地元の独り親世帯などに、市内の篤志家から寄付された善意の米を届けました。

苗木地区民生児童委員らでつくる同会は例年、3月と12月に「お米配り」を実施。発足以来13年間継続していますが、今年は「コロナ禍で大変だろう」と、お米の寄付を申し出た篤志家が倍増。年間4回、計300㌔以上を配布しました。

この日は11人の民生児童委員が苗木交流センターに集まり、家族の人数に応じて米を分配。「困ったことや悩みがあったらいつでも相談して」といった内容の手紙とともに各家庭に届けました。

小栗会長は「コロナ禍で誰しも大変な中、多くの方々にお米をいただき、お届けした家族はもちろん、私達も励まされました」と話していました。

恵峰HN (2020年12月31日 13:49)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1264