ピックアップ記事
トップ > カテゴリー >
【恵那市大井町】幸兵衛窯 夏の新作展
恵峰HN
2012年,532号
2012/08/04 10:00
幸兵衛窯の夏の新作展

恵那市大井町の創作日本料理店「水半茶寮」で、幸兵衛窯(多治見市市之倉)の夏の新作展が開かれています。8月19日まで。
幸兵衛窯は文化初年(1804年)、初代加藤幸兵衛が開窯し、江戸城に染付け食器を納める御用窯に。
6代加藤卓男さんは、ラスター彩復元をはじめ、青釉・三彩・ペルシャ色絵などの異民族文化を日本文化と融合させ、国指定重要無形文化財保持者に認定。展示館を含む施設は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」で2つ星を獲得しています。
幸兵衛窯によれば恵那・中津川で初の展示会ということで、世界最古の釉薬とされる青釉のアクセサリーからペルシャ色絵のカップ&ソーサー、三彩のプレートまで約100点を展示、販売。来場者の目を引き付けています。TEL.0573(25)2110。 

ピックアップ記事