ピックアップ記事
トップ > カテゴリー >
【中津川市加子母】"スタジオ翼"のすべてを紹介 癒やし系動物イラスト・加子母中3年の伊藤翼君が作品展
恵峰HN
2013年,543号
2013/02/02 10:00

中津川市加子母中学校3年の伊藤翼さん(15)=小和知=が4日から、恵那市長島町のコスモブックセンターで、オリジナルキャラクターのイラストなどを紹介する作品展を開きます。17日まで。
自閉症で特別支援学級に通う伊藤君は、幼いころからイラストで独自の才能を発揮。大好きな動物・昆虫図鑑を見て、オコジョの「アカカ君」、カモノハシの「ボルボン君」、カンノンバチの「ポポ」など、独自のキャラクターを生み出してきました。
ボールペンと色鉛筆で描かれたキャラクターはすべて癒やし系で、見る人の心をほぐし、温めてくれる魅力的なキャラ。中学校では、教職員が体育祭で着用した揃いのポロシャツをデザインしたり、漫画を描いたりして、人気者になっています。
作品展は教職員など、周囲の応援を得て実現したもので、イラスト、漫画、ポロシャツのほか、粘土細工など、"スタジオ翼"のすべてを紹介。
2月19日―3月3日は、加子母総合事務所に作品を移動して開催予定で、伊藤君は「たくさんの人に見ていただければうれしい」と話しています。

写真は、作品展を開く伊藤翼君左と妹

ピックアップ記事