ピックアップ記事
トップ > カテゴリー >
【中津川市坂下】土びな
恵峰HN
2013年,545号
2013/03/02 10:00
土びな

坂下高校(中津川市坂下)の生徒らが、伝統の土びな作りに挑戦しています。
東濃地方では江戸時代後期に始まり、戦前まで農家の副業として盛んに製造されていた土びな。今ではほとんど作られていませんが、同校では6年前から授業の一環として取り組んでいます。
今年度も美術を選択した2年生男女27人が、板状にした粘土を表裏1組の型に押し付けて張り合わせ、人形を製作。昨秋地元の窯で焼成してもらい、現在、アクリル絵の具で思い思いに絵付けをしています。
中には女子高生らしいオリジナルキャラクターのおひなさまもあり、十人十色。鈴木稚菜さんは「これまで土びながあることも知らなかった。大事にして家に飾りたい」と話していました。
ピックアップ記事