ピックアップ記事
トップ > カテゴリー >
【中津川市】野外フェス発祥の地・中津川で、"世界初"の100%ソーラー(太陽光発電)野外ロックフェス 「ソーラー・フォークジャンボリー」も実現
恵峰HN
2013年,557号
2013/09/07 10:00
野外フェス発祥の地・中津川で、

9月21、22両日、「野外フェス発祥の地」中津川で、100%ソーラーパワーで運営する"世界初"の野外ロックフェス「中津川THE SOLAR BUDOKAN」(同実行委員会主催)が開催。斉藤和義さんから泉谷しげるさんまで、多彩なトップアーティストが多数出演。中高生からフォークジャンボリー(FJ)世代まで楽しめるメガイベントが、注目を集めています。
中津川公園を開場にしたビッグイベントの発起人は、中央物産(本社・同市駒場)専務で実行委員長を務める三尾泰一郎さん(41)。
同社が昨年末、東京の日本武道館で開催された「THE SOLAR BUDOKAN」に蓄電池を提供した際、技術協力で参加。
多大な感銘を受け、中津川への誘致を企画。佐藤タイジさんをはじめとする多くのトップアーティストの賛同を得、実現したものです。
かつて全国の若者を熱狂させた日本初の野外フェス・「全日本FJ」のスターも出演し、初日は小室等さんと地元の我夢土下座、土着民が共演。伝説のイベントが「中津川ソーラー・フォークジャンボリー」としてよみがえります。
「中津川食堂」と銘打ったフードコートには地産グルメを集め、味でも中津川をアピール。メニューに放射線量を表示する画期的な取り組みでも注目されています。
入場券は2日間通し=11,690(いいロック)円、21日=5,500円、22日=7,900円。各プレイガイド、最寄の中日新聞販売店で取扱い。
ピックアップ記事