ピックアップ記事
トップ > カテゴリー >
フィルム変換写真展【中津川市新町】
恵峰HN
2014年,570号
2014/04/05 10:00
フィルム変換写真展
あす6日から、中津川市新町の越前屋画廊で、同市茄子川のフリーソフト作家、佐々木正典さん(58)の「フィルム変換写真展」が開かれます。 
佐々木さんはフィルム撮影した写真をスキャナーに取り込み、デジタル変換する手法を始めて15年。ITの専門家ながら、デジタルカメラでは表現できない深い色合いに魅せられ、フィルム写真を撮り続けています。
初めて開く個展では、中川村の藁ぶきの古民家や乗鞍の雲海、ヤマト運輸のCMで全国に知られるようになった遠山郷の雪景色など、A3ノビサイズの30点を紹介。佐々木さんは「フィルムならではの"色の奥行き"を楽しんでほしい」と話しています。5月7日まで。
ピックアップ記事