ピックアップ記事
トップ > カテゴリー >
「母(はは)」と「歯(は)」と子(こ)のための"歯育て"クラブ「歯はっ子くらぶ」が5月スタート【中津川市】
恵峰HN
2014年,570号
2014/04/05 10:00
「母(はは)」と「歯(は)」と子(こ)のための

岐阜県歯科衛生士会東濃支部が主催する「母(はは)」と「歯(は)」と子(こ)のための"歯育て"クラブ「歯はっ子くらぶ」乳児コースが5月にスタートするのを前に、中津川市児童センターで体験会が開かれました。
県歯科衛生士会歯育て支援ボランティア事業の一環で、3カ所目。5月から毎月1回、木曜日の午前中に同児童センターで開催し、乳児親子対象に、発達段階に合わせた歯育てを継続的に支援します。
5回1クールで、歯科保健の基礎知識や、楽しくできる効果的な歯磨き法、上手な食べさせ方などを、体験学習します。
先月開かれた体験会には20組の親子が参加。母親らは、自分が食べる側になって、離乳食の正しい食べさせ方を学習。フッ素を塗布した卵の殻の実験では、その効果を実感していました。
中心となって運営しているやまうち小児歯科(中津川)の中村ゆかりさんは、「口腔ケア商品の選び方や仕上げみがきの方法など、役立つ情報を提供します。お母さんたちの相談やリクエストにも応じ、子育て全般を応援したい」と話しています。参加費は親子で300円(資料・材料代実費)。申し込みは4月15日までに090-6646-9744中村さんへ。
ピックアップ記事