ピックアップ記事
トップ > カテゴリー >
「働くこと」を通じて人と人をつなぐまちづくり ボランティア団体「E-N・A」 "ワンコイン墓掃除"でスタート!【恵那市大井町】
恵峰HN
2016年,626号
2016/09/03 10:00
「働くこと」を通じて人と人をつなぐまちづくり ボランティア団体「E-N・A」 

「傍楽(働く)」をキーワードに、人と人をつなぐまちづくりボランティア団体「E-N・A」(恵那市大井町)。困っている人と、働きたい人をつなぎ、暮らしやすい地域にするための取り組みが 「ワンコイン墓掃除」で始動しました。
E-N・A(イーエヌエー)は昨年、恵那、中津川、瑞浪各市で医療・福祉の仕事に携わる有志約10人で結成。
メンバーは、高齢者、障がい者と関わる中で、自立した生活を営むために必要な「つながり」の重要性を痛感。
まずはそうした人々の「困った」を有償ボランティアで解決し、そのつながりを生かして、さまざまニーズを把握。
高齢者、障がい者で働く意欲がある人には、適切な仕事を斡旋しようと考えました。
そのきっかけとして始めたのが「ワンコイン墓掃除」。お盆を控え、墓掃除をしたくてもできない人から依頼を受け、500円で草むしりや墓石磨きを代行=写真。
メンバー自らが体験しながら、どのようなサービスを求めているのかリサーチ。今後、市内施設や旅行会社とタイアップし、車椅子でも参加できる旅行なども計画しています。
代表の藤井真也さんは「働くことは、自分の存在価値を確認する最善の方法。お互い、傍の人が楽になるように行動すれば、暮らしやすい社会になるので、他団体や企業と協力して活動を広げていきたい」としています。問い合わせはTEL.0573-20-5266、おひさま内藤井さん。
ピックアップ記事