ピックアップ記事
トップ > カテゴリー >
地蔵マルシェ【恵那市上矢作町】
恵峰HN
2016年,632号
2016/12/03 10:00
「八方にらみの龍」の天井絵で知られる恵那市上矢作町の圓頂寺と近くの福寿の里ふれあいセンターで「地蔵マルシェ」が開かれ、約500人が訪れました。
同寺の市岡宜典住職(43)と妻の美穂さんが、「人と人をつなぐ寺の務めを現代に即したスタイルで」と初めて企画。
保健所の許可を取り、地元のサークルや企業・商店などの協力を得て開催したもので、喫茶、手づくりパン・菓子やハンドメイド雑貨、整体、ネイル、日本ミツバチの蜜ろうを使ったリップクリーム作りや写経などのワークショップまで、30近いブースが出店。
命の大切さをテーマにした救命講習やコンサート、スタンプラリーなどもあり賑わいました。
自身も精進料理の屋台を出した市岡住職は「多くの方々の協力で大いに盛り上がり、人間関係が深まりました。参加者の要望に応え、今後も定期的に開催していきたい」と話していました。
ピックアップ記事