ピックアップ記事
トップ > カテゴリー >
米寿で新ご当地ソングリリース 「苗木慕情」などお披露目【中津川市苗木】
恵峰HN
2017年,655号
2017/12/02 10:00
米寿で新ご当地ソングリリース 「苗木慕情」などお披露目

中津川市苗木上並松の吉村幸子さん(88)が、自身で作詞、作曲、振付した新ご当地ソング「苗木慕情」(カップリング曲「木曽川小唄」)のCDを、ミューズレコードから発売。同市出身の歌手・遠山洋子さんが生バンドの伴奏で歌う本格CDが、地元の三世代交流会で披露されました。
吉村さんは現役の民謡・民踊・三味線を指導者。80歳の時には、「並松音頭」など、自身で作詞・作曲した3曲を、自らの弾き語りで録音し、テープにしました。
しかし今年5月、70年間連れ添った夫の元三郎さん(当時89)が他界。ふさぎ込んだ吉村さんを励まそうと周囲の人々が支援し、新曲をCD化することにしたのです。
「自身の生きた証を残したい」と前向きになった吉村さんは、名古屋で行われたレコーディングにも立ち会うなど元気を回復。会では、苗木城や高峰湖などが登場する「苗木慕情」を聞いた後、所属する松の実会のメンバーが、「木曽川小唄」の踊りを披露。城山大橋や玉蔵橋などが読み込まれたテンポのいい楽曲で盛り上がりました。
吉村さんは「自分の曲をプロの歌でCD化できたなんて夢のよう。地元の観光振興や活性化に役立てばうれしい」と話しています。CD(1,200円)の問合せはTEL.0573(65)1301苗木まちづくり協議会へ。
ピックアップ記事