July 31, 2022
コロナ禍で孤立しがちな高齢者に交流の場を提供しようと、恵那市山岡町原地区では毎週月曜日の午前中、地元の山岡陶業ギャラリーで、”ふれあいカフェ”が開かれています。 運営しているのは、地元の60歳代のボランティア9人でつくる「くっちゃべ会」(伊藤恵子代表)。4年前から、毎月1回ふれあいサロンサロンを開き、手作りの昼食を挟んで交流。70、80代の20人ほどが利用していましたが、コロナ禍で3月から中止。8月、市販の菓子と飲み物を提供するお茶会として再開したところ、「毎週開いてほしい」という希望者が多く、月曜日の午10時–正午、カフェ方式で開催しています。 利用者は、1–3人くらいずつ訪れて入口で手を洗い、感染予防に留意しながら歓談。ほぼ材料代実費で提供される手作りのサンドウィッチやスープ、デザートなどのセットも好評です。 さらに、同会では中止期間中、「不安を感じるお年寄りの心の支えになれば」と、南天(難転)の枝に乗せた9匹のサルボボが苦難を持ち”去る”という縁起物・「九難猿」などの作品を多数制作して施設内に展示。 毎週訪れるという1人暮らしの70代の女性は、「コロナ禍や台風など心配なことが多く、家にいると不安になりますが、苦難猿を見ながら皆さんとお話している間は忘れます」とにっこり。80代の女性も「足が悪いので遠出ができず、ここでお話ができてうれしい」と笑顔を見せていました。 伊藤代表(67)は「ささやかな活動ですが、皆さんに元気で長生きしていただけるよう「継続していきたい」と話していました。 恵峰HN (2020年9月18日 09:04)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 719号...
38年間、独自の交通安全指導ボランティアを続けてきた中津川市小川町の中川静男さん(77)が昨年末引退。南小学校で最後の指導を行いました。 中川さんは昭和52(1977)年、PTA役員になったのを機に登下校を見守るようになり、2年後、児童の自立を促そうと横断旗の手旗信号を考案。中津川警察署と連携して集団登校のリーダーを務める高学年児童に指導し、市内の5小学校に広めました。 当日は雨の中、学校前の横断歩道で、別れを惜しむ児童らに手旗の掲げ方などを指導。2日後、東小学校で開かれたお別れ会では「この地域は県内でも事故が少なく、うれしく思います。もう、おじさんがいなくても大丈夫なので、君たちが後輩に正しく伝えて行ってほしい」とあいさつ。児童らは「はーい」と元気に応えていました。 恵峰HN (2015年1月 3日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 587号 タグ: ボランティア...
坂下高校(中津川市坂下)ギター・マンドリン部の「第36回定期演奏会」が21日午後2時から、同市坂下公民館多目的ホールで開かれます。入場無料。 同部(今井菜摘部長、16人)はことし創部45年目。全国大会で23回連続優秀賞を受賞し、現在も創設者である尾嶋清次講師の指導のもと、高い実力を維持。さまざまなボランティア活動で地域に貢献しています。 今回は、そうした実績が認められ、世界的に活躍するテノール歌手で名古屋芸大非常勤講師の山田正丈さんが特別出演。生徒らの伴奏で、カンツオーネの名曲を独唱します。 さらに今年は9人の1年生がデビュー。クラシックをはじめ「Let It Go」などの話題曲や3年生による「アメージング・グレース」など息の合った演奏で、ギター・マンドリンの魅力を紹介します。 恵峰HN (2014年12月 6日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年...
きょう9月19日は「育休を考える日」。12人家族の小曽根さん一家(恵那市串原)では、大手建設会社に勤める父親の聡さん(49)が、妻・美紀さん(43)が第10子を出産した昨年10月から1年間、育児休業を取得。地域の協力も得て、”幸せな子育て”をしています。 愛知県出身の聡さんは大学卒業後、大手ゼネコンに就職して関東に配属され、25歳の時、美紀さんと結婚。翌年、長男の一輝さん(23)を授かった後、長女・菜月さん(21)、2男・悠希(はるき)さん(19)、3男・雅彰(まさき)さん(18)、2女・瑞貴(みづき)さん(15)、3女・ひなたさん(12)、4女・和奏(わかな)さん(9)、4男・啓(ひらく)君(7)、5女・小晴(こはる)ちゃん(4)そして昨年、6女の令華(りょうか)ちゃん(10カ月)が誕生。  全国を転勤し、子育ての日々を過ごす中でも、聡さんは一級建築士などの資格を取得。仕事にも全力投球してきました。 洗濯物は毎日30㌔、米は毎月60㌔消費するといいますが、夫妻にとって最も大変だったのは「住まいの確保」。仕事の都合などで10回転居していますが、子どもが増えるにつれ大家族で住む家の確保が困難になり、困っていた2013年、よく遊びに訪れていた串原で借家(延べ約200平米)を世話してもらえることになり移住。現在は串原を拠点に生活し、徐々に改築を進めた広く機能的な住まいで、子ども同士助け合い、のびのび成長しています。 もちろん、聡さんは家事・育児に協力的で、第8子が生まれた6年前にも半年間、育休を取得しましたが、当時の社会背景や、会社から男性の育休に対する理解が得られなかったことが原因で転職。しかし今回の育休は、社会背景が変化し、会社の理解も得られて1年間取得。来月末の復職に関しても、会社側の受け入れ体制は万全です。 小曽根さん夫妻は「子どもを育てやすい環境が整えば、子どもは増えるはず。高齢社会を維持していく上でも、育休の普及や子育て支援は重要」と話していました。 恵峰HN (2020年9月18日 09:09)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 719号...
“老朽インフラ問題”が深刻化するなか、恵那市大井町に本社を置くエナ重機(田口勝一社長)が中部地方で初めて、ドイツMOOG社製の大型橋梁点検車を導入。作業の効率化と安全性向上で期待を集めています。 橋や道路などは安全・安心な生活に不可欠な生活基盤ですが、国内のインフラの約半数は高度経済成長期に整備。台風や地震など自然災害によるインフラ被害が深刻な背景には、老朽化があるとされ、早急な措置が求められています。 しかし従来、橋梁の点検をするためには数日かけて吊り足場を組み、終了後はその足場を解体する必要があるため多くの時間と費用がかかり、対策が進まない原因の1つとなっていました。 しかし、MOOG社製大型橋梁点検車は、橋の下に潜り込んで移動できるプラットフォーム式で足場が不要。アウトリガー(安定脚)張り出し不要で小型車輛なら通行規制することなく作業でき、1日に複数の橋梁が点検可能。狭い橋梁での点検・修復作業も可能になり、安全性も格段にアップしました。 同社では、社員がドイツのメーカーで講習を受けてライセンスを取得し、昨年秋に国内11台目の小型車輛を導入。さらにこのほど、全国に20台しかない、プラットフォームの全長16㍍、路面から桁下8.5㍍まで移動可能な大型車輛を導入し、本格的に稼働を始めました。 田口社長は「日本のインフラは東京五輪前後の高度経済成長期に整備されたものが多く2033年には半数が老朽化するといわれています。生活の安全を守る橋梁点検に安全性とコストダウンで貢献したい」と話しています。問い合わせは0573(26)1175 恵峰HN (2020年3月20日 18:14)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 707号...
足掛け2年の大改修工事を終えて昨年末、リニューアルオープンした中津川市かやの木町の中津川文化会館が、3月7日、記念の演奏会を開催します。 改修工事では耐震化、ホール内吊天井改修を行ったほか、座席の幅を5㌢広げ、ゆったりとした空間を確保=写真。ロビー1階は全面改修で段差をなくし、トイレを洋式化。女性用個室を増設するなど、より安全で快適な施設に生まれ変わりました。 記念コンサートには名古屋フィルハーモニー交響楽団が来演し、チャイコフスキー作曲「ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23」、ベートーヴェン作曲「交響曲第5番ハ短調作品67『運命』」他を披露。 入場料は全席指定、一般4000円 小・中・高校生1000円(同文化会館のみ取扱い)、未就学児入場不可。チケットは同文化会館ほかで取扱っています。0573(66)4011 恵峰HN (2020年12月31日 13:53)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 725号 タグ: リニューアルオープン...
 中津川市内の60歳以上の野球愛好家でつくる「SK恵北」が、平成23年度岐阜県還暦軟式野球大会Dブロックで優勝を果たしました。  同チームのメンバーは61–70歳の24人。投打を兼ね備えた好チームで、デビューの昨年、早くもDブロックの14チーム中3位と健闘。今年もピッチャーが好調なうえ、4割打者の杉村茂樹さんをはじめとするスラッガーが大活躍。 最年長の曽我清監督自ららホームランを打つ勢いで、甲子園出場メンバーを含む県岐商OBチームを制して優勝。全国大会への夢が広がっています。写真は、Dブロック優勝を果たした「SK恵北」の皆さん 恵峰HN (2011年12月 3日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2011年 517号 タグ: 中津川市 還暦...
入試合格祈願で知られる恵那市岩村町新町の巖邑天満宮で13日午前11時(受付10時)から、入学合格祈とうが行われます。祈とう料3千円。 同神社は文政5(1822)年、福岡の大宰府天満宮から分霊を受けて創建。例年この時期、新町組世話人会が主催する入試合格祈とうが行われ、多くの受験生らが参拝に訪れます。 2月24日には、「梅花祭」が営まれ、午前11時から入試合格特別祈とう(10時–受付、3千円、神符・お守り・絵馬・鉛筆進呈)。新入学児の祈とうは無料で、参拝者に甘酒が振舞われます。 問い合わせは℡0573(43)2469塚本悦雄さん。 P=入試合格祈願で知られる恵那市岩村町の巌邑天満宮 恵峰HN (2019年1月 3日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 679号...
中津川市落合に24時間対応の介護タクシー「おりづる」(国交省中部運輸局認可事業)が誕生しました。  専任の介護乗務員が外出をサポートするサービスで、送迎はもちろん、病院の付添いにも対応できるのが特徴。 澤田かおり社長(52)がこの事業を立ち上げたのは9年前、実兄が寝たきりになったことがきっかけ。 高齢の父親と難病の兄を介護する兄嫁の負担を減らそうと手伝ううち、「同じような苦労をしている人が少なくない」ことを知り、夫と2人で介護タクシーを始めました。 タクシーには車いすに乗ったまま、家族と一緒に乗車でき、買い物、旅行にも対応。澤田社長は「介護者の大変さは重々承知。夜中でも遠慮なく、マイカー感覚で利用してほしい」と話しています。問い合わせはTEL.0573(61)0160。 恵峰HN (2013年2月 2日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2013年 543号...
200種類、450本余のバラが咲き誇る恵那市明智町、日本大正村の大正ロマン館前バラ園できょう3日-11日、「日本大正村バラ祭」が開かれます。期間中、毎日、午前9時-午後4時、会場で各種バラ苗や五平もち、アイスクリームなどを販売。きょう3日は午前10時からトランペット演奏や明智中学校生徒の合唱、大正村ロマンバンドの演奏が披露され、期間中、さまざまなアトラクションが行われます。詳細は日本大正村HP(http://nihon-taishomura.or.jp/)、TEL.0573(54)3944日本大正村観光案内所。 ●浪漫亭はソープカービングのバラ即売大正村浪漫亭は、バラ祭りの会場と同施設で、ソープカービングのバラ(800円-)=写真=を販売。香りも楽しめる”石鹸の花”の彫刻を、随時会場で実演します。写真は、大正村浪漫亭オリジナルソープカービングのバラ 恵峰HN (2017年6月 3日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 643号 タグ: ソープカービング バラ...
ペットの散歩や給餌などの世話を24時間、出張・代行する県登録「ドッグ ウォーカー&ペットシッター」が中津川市付知町で開業しました。 代表の曽我侑樹さん(39)は、祖父・父が猟をしていた関係で、猟犬と共に成長。東京で働いていた2016年、動物の保護活動をしている仲間と出会ってシェパードを飼い始め、5年前、犬にとって良好な環境を求めてUターンしました。 現在はシェパードのほか、ベルギー原産のベルジアン・マリノアやアルゼンチン産のドゴ・アルヘンティーノ、ドイツ原産のロットワイラーなど、 希少な犬種の4頭を飼育。毎朝1時間半、リードを付けて散歩させるほか、1日に最低4時間以上は犬と過ごすことにしています。 ところが一昨年、体調を崩し、都会では一般的な職業となっているペットシッターを探したところ、多治見市までいないことが判明。同様の不便を感じている人は少なくないと考え、昨年、資格を取得して県認定動物取扱業者として登録。2月に開業したものです。 ペットであれば、犬・猫はもちろん、鳥や魚、爬虫類、昆虫まで種類は問わず中津川・恵那両市内で24時間対応。 「お散歩やご飯の用意、トリミングや動物病院の送迎、トイレ掃除やブラッッシングなど何でもしますので、気軽にご相談ください」と曽我さん。 「将来は本格的なドッグランやペットホテルも開設したい」と意欲を燃やしています。問い合わせは070(8373)3838。 恵峰HN (2021年3月18日 15:37)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。...
中津川市の「付知町まちづくり協議会」(早川正人会長)が、付知中学校で中学生との意見交換会を開きました。 次代を担う子供たちにまちづくりに対する意見を聞こうと2年前から実施。今回初めて授業参観の一環として行い、3年生59人と保護者、同協議会員、区長、一般町民ら約100人が参加しました。 初めに生徒らが、社会科の授業でまとめた「私たちの考えるまちづくり」を発表。福祉や防災対策、リニア中央新幹線開業後の付知町や伝統文化継承などについて意見を述べた後、協議会員と意見交換。 「災害時に中学生ができることは」「町内の商業活性化対策は」など、中学生の質問に協議会員らが答え、河川敷でのイベント開催など、生徒らの提案の実現に向けて取り組む姿勢を提示。 閉会のあいさつでは伊藤愛莉生徒会長が「多くの方に意見を聞いてもらえてよかった。協議会の活動を応援していくので、私たちにできることがあればいつでも声をかけてほしい」と述べました。 恵峰HN (2013年1月 3日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2013年 541号...
恵那市山岡町久保原の林昌寺で、イタリア出身のエンジニア・中井マルコスさんとアニーさん夫妻の結婚式が行われました=写真。 実は10人ほどの友人が、日本で暮らす外国人夫妻にプレゼントした”サプライズ結婚式”。来日35年目のマルコスさんは、日系ブラジル人3世のアニーさんと結婚して4人の子どもに恵まれ、2年前、岩村町に移住。今春、第5子が誕生後は、久保原地区に移住する予定です。 結婚式は、「15年前入籍したが、式は挙げていない」というマルコスさんの話を聞き、友人の宮地直樹住職や地元在住の陶芸家・小川哲央さんらが企画。アニーさんには「着物の撮影会」と伝え、感染防止対策の徹底も含めて内密に準備を進めてきました。 当日は関係者や地域の人々が見守る中、白無垢姿の花嫁と近親者、稚児が寺の参道を行列し、山門で待つ花婿の元へ。花束を渡された花嫁は、花婿に手を引かれて本堂に入り、式に臨みました。 著名な笛奏者・雲龍さんの献笛の後、宮地住職を式師に、子どもたちも参加して、数珠授与や盃事などを行い、仏前結婚式を挙行。アニーさんは驚きながらも、「素晴らしいプレゼント」と感激。マルコスさんは白無垢姿の妻に、「どの服よりきれい」と称賛の言葉を贈っていました。 恵峰HN (2021年1月15日 15:23)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 726号 タグ:...
恵那市山岡町下手向の工藤征夫さん(67)が手掛けた食味値90点の”うまい米”が「極上米」と銘打って市場デビュー。JR恵那駅隣の同市観光物産館「えなてらす」で販売されます。企業を定年退職後、先祖伝来の圃場(80アール)で本格的に稲作に取り組んできた工藤さん。「どうせ作るなら日本一おいしい安全な米を」と、コシヒカリを化学肥料を使わず、低農薬で栽培。毎日、葉の色や茎の様子を観察し、「稲と対話しながら」管理。消費者の受注で完売するまでになりました。「おいしさ」を数値で表す食味値は、「お米日本一コンテスト」の優勝銘柄に匹敵。同市農業委員として農業振興に尽力する中、85点以上の米の評価である「極上米」を、商標にできないかと各方面に働き掛けてきました。このほど認可が得られたのを機に、格調高いパッケージを特注。あす7日まで、ピアゴ恵那店で開催中の「まちづくり夢ショップ」で紹介するほか、「えなてらす」と直売では、記念特別価格で提供します。「山岡には、食味値で魚沼産を上回る米を作る農家が多い」と工藤さん。「連携してレベルアップを図り、ブランド化したい」と意気込んでいます。TEL.0573-56-3091。 恵峰HN (2013年4月 6日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2013年 547号 タグ: えなてらす 山岡町 工藤征夫...
スマートフォンの専用アプリを使って客自身が商品のバーコードをスキャンし、マイバックに詰めながら買い物をするニュースタイルショッピング「ショップ アンド ゴー」を、スーパーチェーン主婦の店中津川店「スマイル」(本社・駒場)が、導入しました。 客のレジ待ち時間短縮と、レジ係の負担軽減を目的に導入したところ、新型コロナウイルスの感染拡大防止にも有効で、一石三鳥。現在は貸し出し用スマートフォンも用意しており、誰でも無料で利用できます。 現在設置しているのは駒場店のみですが、「買い物時間が大幅に短縮でき、人との接触もないのでストレスが減った」「いくら買ったのか確認しながら買い物ができて便利」など評判は上々。 担当の林茂樹副店長は「『買い物が楽しくなった』と、ご利用いただくお客さまが増えています。いつでもスタッフがご説明させていただきますので、気軽にお声がけください」と呼び掛けています。 0573(66)5115。 恵峰HN (2020年9月 3日 10:38)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。 ・東清株式会社  http://www.tousei-gifu.co.jp/ ・ちこり村  https://www.chicory.jp/ ・人形の三和  http://www.ningyou-mitsuwa.com/ ・人形のきづかや  https://www.kyugetsu.com/shop/13896 ・有限会社吉野ジーピーファーム  http://yoshino.hidaumabuta.jp/ ・株式会社 上見屋  http://agemiya.jp/...
13日、恵那市笠置町毛呂窪の蘇原神社で例大祭が営まれ、市指定無形民俗文化財「剣の舞」をはじめとする伝統芸能が奉納されます。少子高齢化が進み、各地で伝統芸能の継承が課題となるなか、祭りの芸能部門を担当する毛呂窪民芸保存会では、DVDの配布やお囃子の楽譜作成で対応。2人の移住者も参加するなど盛り上がっています。 祭りの呼び物「剣の舞」は、獅子頭をかぶった袴(はかま)姿の若者が両手に剣を持ち、笛と太鼓の囃子に合わせて舞う勇壮な踊り。約200年前に始まったと伝えられています。 祭りではこのほか余興として、中・高生を交えた「笹踊り」や「笠踊り」が行われますが、年々担い手が減少。そこで、7月末から毎週行われる練習に全て参加できない人にも出演してもらえるよう、DVDを作成して配布。さらに、音楽に詳しい保存会員らが、お囃子の笛の旋律を楽譜におこし、運指の記号を添付。 昨年、名古屋市から移住し、今年初めて笛で参加する40代の男性は、「車の中でも常にDVDを聞いて”自主トレ”し、分からないところを練習日に教わっています」とフル活用しています。 「時代の変化に応じた工夫をすることで、地域の財産である伝統芸能を守っていきたい」と小川会長。当日は正午からの神事に続き、「笹踊り」、「剣の舞」、「笠踊り」が行われます。 恵峰HN (2019年10月 5日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 697号 タグ:...
社会問題になっている空き家を再生させることで地域を活性化している市民グループ「空き家再生隊」が14日午前10時-午後1時、中津川市坂下の築150年の古民家で「えなかつ職人マルシェ」を開催します。 恵那、中津川両市の5人でつくる同グループは、1月に発足。東濃地方を中心に空き家・古民家の修繕や移住促進活動などを行い、半年間に10軒を再生。19人が移住しています。そうした活動の中で「町自体が魅力的になること、その魅力を発信すること」の重要性を感じ、SNSやクラウドファウンディングを通じて情報を発信。一方地元の才能を発揮しようと、毎月、ものづくりなどに携わる地元の人々に対面販売してもらう「えなかつ職人マルシェ」を開いています。柴田さんは現在、坂下の中心部にある古民家で生活しながら、宿泊・移住・シェアスペース・ギャラリーに改築中。同所で開いた6月の「えなかつ職人マルシェ」には、パンやクラフト、ヨガなど10店舗ほどが出店し、大盛況を博しました。 柴田さん。「マルシェに来場いただけない方にも、ぜひ空き家の管理、修繕、活用でお困りの情報をご提供いただきたい」と呼びかけています。TEL.090-4403-0309。 恵峰HN (2017年7月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 645号 タグ: えなかつ職人マルシェ...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。   有限会社エービーシーホーム https://abc4261.wixsite.com/home   株式会社はなまる不動産 https://goo.gl/maps/6JcNgMSWow4FHooP6   株式会社太陽工芸社 https://goo.gl/maps/sxg58hrhA6pgu1Cu9   株式会社永治建設 https://goo.gl/maps/Hh2x9jQZ7jg1UwRt6  ...
幕末の英雄・坂本龍馬を祭る中津川市千旦林の龍馬神社(千村康秀宮司)で期間限定御朱印(500円)が頒布されています。 同神社では、龍馬の生誕180周年に当たる平成28年から御朱印を発行。今年の正月、金色の文字で龍馬の言葉を書いた3種類の御朱印を頒布したところ大好評を博したため、2月15日の月次祭から毎月、期間限定の御朱印を発行しています。 4月は、コロナ禍終息の願い込めた桜の花の御朱印で、15日の午後3時から頒布。手作りで制作に時間がかかるため30枚限定で、なくなり次第終了します。問い合わせはホームページ(「龍馬神社 中津川」で検索)で。 恵峰HN (2020年4月17日 11:54)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 709号 タグ: 中津川市千旦林...
新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足が深刻化する中、明智光秀ゆかりの地・恵那市明智町の大正村浪漫亭では、光秀の家紋入り布マスク(200円税込)を緊急発売。 マスクが買えず困っている市民の要望に応えようと、中村みはる支配人がオリジナルの桔梗紋入りガーゼタオル(770円)を使って手作り。「材料代実費で利益はありませんが、感染防止の一助になれば」と夜なべで生産に励んでいます。 恵峰HN (2020年4月 2日 16:26)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 708号 タグ: マスク 大正村浪漫亭...
恵那市明智町の恵那南高校3年生が、隣接する明智小学校で絵本の読み聞かせを行いました。  福祉保育系列で学ぶ3年生が、小学校の依頼を受け、介護や保育の現場で役立てようと、毎年、実施。今年も12人が各学年に合った絵本を選び、紙芝居を手作り。読み込みや手遊びなどの練習を重ねてきました。 当日は2人1組になって、1-6年の9クラスを訪問。臨場感たっぷりに読み聞かせを行い、にこやかな表情で手遊びを行いました=写真。  最後に生徒らが感想などを尋ねると、児童らが次々に挙手。「面白かった」などと、笑顔で話していました。 恵峰HN (2015年7月 4日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 599号 タグ:...
全国で問題になり、特に山間地域では深刻化しているイノシシなどの鳥獣害。対策が重要施策の1つになっている中津川市の蛭川和田地区では、地域を挙げて対策に乗り出し、「鳥獣害マップ」を作成しました。 周囲を山林に囲まれた和田地区でもイノシシやハクビシンなどに田んぼや畑を荒らされ、農家は困窮。対策としてワイヤーメッシュや電気牧柵を個人や班で設置する程度でしたが、有害鳥獣駆除隊員が減少する中で被害は増大。 そこで、地域住民が協力して効果的な獣害対策が行えるよう、和田営農組合員らが中心となって、継続的・計画的に取り組む獣害対策プランを作成。中山間地域直接支払制度を活用し、集落全体で行うことにしたものです。 その皮切りとして3月18日、住民37人が地区内を点検し、ワイヤーメッシュが破られているところや木を伐採した方がよい場所などを記録。和田公民館で獣害対策のDVDを見た後、点検の結果をマップに記入し、今後の対策を検討しました。 鳥獣害の実態を把握するため、地区内に2台のセンサーカメラも設置。安江春樹代表(60)は、「地域ぐるみで取り組むことで住民の意識を高め、和田地区を鳥獣害から守っていきたい」と話していました。 恵峰HN (2017年4月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 639号...
中津商業高校(中津川市駒場)の生徒が企画した”ご当地ジェラート”「めぐり(栗)あい」(280円)があす7日、中津川市街地で開催される六斎市で発売されます。午前9時から午後3時、場所は「まちぴあyoteco(よってこ)」。 同校ビジネス科では例年、授業の一環で商品を開発。同窓生が経営する食品製造会社に協力を得て、地域の食材を使った新作を発表しています。 今年は3年生経済コースの13人が、中津川特産の栗を使ったジェラートを企画。 1カップあたり栗2個を使用した贅沢なデザートで、栗のつぶつぶ感が楽しめるモンブランのような味わい。パッケージも、栗をモチーフに、生徒がデザインしました。 あすの六斎市を皮切りに、2,000個を販売する計画で、生徒らは「中津川と言えば”栗”。暑い夏にも楽しんでいただけるクリ(栗)ーミーなおいしさをどうぞ」と呼びかけています=写真。9月4日にも販売。 恵峰HN (2016年8月 6日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年 624号...
恵那市岩邑中学校の3年生が、実践女子学園の創始者で岩村出身の下田歌子(1854―1936年)の墓参に訪れた実践女子学園中学校(東京都渋谷区)の2年生と交流会を開き、歌子ゆかりの史跡を案内しました。 実践女子中学校では、例年2年生が、歌子の生誕地で、16歳で上京するまで過ごした岩村を訪問。岩邑中学校の3年生が、ふるさと学習で学んだ知識を生かし案内をしています。 昨年からは家庭科で学習した和装の文化を生かし、自身で着付けをした和服姿で案内。今年も、実践女子中学校の2年生240人ほどと引率の教諭を、32人の3年生が案内。「歌子先生の生誕地と勉学所」(写真)と、木村邸、土佐屋など8グループに分かれて交流しました。 3年生は修学旅行で5月30日、実践女子大学を訪れました。 恵峰HN (2019年6月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 689号 タグ:...
15日午後6時30分から中津川市加子母の「ふれあいのやかた かしも」で、東アフリカ最大のスラム街で孤児や貧しい子供たちの寺子屋兼駆け込み寺・マゴソスクールを主宰する早川千晶さんらの講演とアフリカ音楽の集いが開かれます。地元有志が主催するアフリカ!マゴソファミリーツアー加子母「加子母から世界を知ろう!」で、参加無料。開演前の午後6時からアフリカ風カレーが振る舞われ、当日のカンパは経費を除き全額同校へ寄付します。同校の活動は20年近く続き、現在600人を超える大家族。第1部では、スラム暮らしや孤児救済のエピソードなど、子供達に勇気と希望を与える活動をスライドを交えて紹介。第2部では、「歌って踊れる」ダン校長とアフリカの伝統太鼓奏者大西匡哉さんがアフリカ音楽を披露します。加子母教育協議会共催で、当日、加子母小中学校でも講演。問合せは TEL090-9355-7237森本さん。写真は、来場を呼び掛けるスタッフ 恵峰HN (2017年6月 3日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 643号 タグ: ふれあいのやかた かしも...
あす8日まで、中津川市蛭川の博石館で「七夕ライトアップ2018年」が開催中。午後6時-9時、入館無料で公開され、全長350メートルの「地上の天の川」や「石蛍」に加え、「セリサイトランタン(絹雲母の提灯)」400個を設置したミルキーウェイなど、幻想的な世界が繰り広げられています。 会期中毎日、宝石探し体験やピラミッドカレーで有名な喫茶ムウ、鉱山体験館などをナイター営業するほか、毎日、日没前後にエレクトーンを演奏。岡崎天文同好会による星空観測会を開催します。 キッチンカーや屋台も多数出店し、グルメも充実。きょう7日は歌手ミレアさんのミニライブ(入場無料)を開催します。午後4時30分以前の有料入館可。見ごろは日没後。TEL.0573-45-2110。 恵峰HN (2018年7月 7日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2018年 668号 タグ: キッチンカー...
低脂肪・低カロリーでビタミン豊富な鹿肉を原料にしたペットフードが話題を集めています。 長野県小諸市と麻布大学獣医学部が連携して開発した「鹿肉ペットフード」。同市では害獣として駆除されるニホンジカの「命を生かす」取り組みとして、皮は皮革製品、肉はペットフードなどに加工・販売。中でもペットフードはマスコミで紹介されてブレイク。動物愛好家の間で急速に広まっています。 栄養価に優れた肉はジャーキーなど、かみごたえのあるアキレス腱や角はデンタルケア用に人気。鳥獣対策優良活動表彰の最高賞にあたる農林水産大臣賞を受賞しています。 弊紙では▽鹿肉ジャーキー▽鹿肉ウエットフード▽鹿のアキレス腱▽鹿肉ドライフードの4袋セットを、“読者限定お試し価格“の3300円(税込)で提供中。問い合わせは0573(68)5570中日岐阜サービスセンター東濃営業所へ。 恵峰HN (2020年12月 3日 13:47)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 724号 タグ:...
中津川市駒場の西保育園で、同市がぎふ清流国体の会場となるレスリング競技を紹介するイベントが開かれ、国体での活躍が期待される中津商業高校レスリング部の選手らが、デモンストレーションを行いました。 同市保育所地域子育て事業「元気いっぱいレスリング」で、園児と保護者、地域の人など120人が参加。同園を卒園した3年の市岡克利選手、佐々木裕次郎選手と、新田拓馬選手が来園し、レスリングのルールや基本的な技などを実演を交えて紹介。園児らは迫力満点のレスリングに興味津々。同国体のマスコット・ミナモも加わって花を添え、おにぎりパーティーで盛り上がりました。 恵峰HN (2012年6月 2日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 528号 タグ: ぎふ清流国体 レスリング...
秋の味覚の王者・松茸(まつたけ)をドーンとプレゼントする「きのこまつり」(中津川北商工会蛭川支部主催)がきょう1日から、松茸の名産地・中津川市蛭川で開催。11月2日までの期間中、参加17店舗で買い物・食事・宿泊をすると、蛭川松茸など、豪華景品が当たる抽選券がもらえます。 多くの松茸山があることで知られ、この時期、全国の食通が訪れる蛭川地区では、17の「きのこまつり」参加店が、1,500円以上の買い物・食事や宿泊をした客に抽選券を進呈。 「文化の日」の11月3日、蛭川総合事務所前のひとつばたご広場で開かれる「ひるかわMAIKA祭」会場で、松茸をはじめ地元温泉旅館の食事券、特産品などが当たる抽選会に参加できます(美濃農産での抽選はなし)。問い合わせはTEL.0573(45)2512北商工会蛭川支部。 参加店は次の通り。 ●岩寿荘 ●田舎茶屋 ●大橋酒造 ●大久保屋 ●木野 ●ケントボーイ ●紅梅屋 ●四季七彩こころ ●ツインクル ●林久商店 ●東山温泉 ●菓舗ひとつばたご ●紅岩山荘 ●マルヨシ ●美濃農産 ●丸田屋商店 ●安田屋 恵峰HN (2016年10月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年 628号...
中津川市落合地区に伝わる昔話を集めた『落合の民話』(A4判、111㌻、カラー刷)が、落合まちづくり推進協議会(飯森修会長)から発刊されました。 昨年1月、同協議会「落合の素晴らしさを後世に伝える委員会」の水野克司さんと太田泰弘さんが、落合公民館に保管されていた冊子『落合の伝説』を発見。昭和40(1965)年に同公民館が発行したもので、地元に伝わる民話や伝説が数多く収められ、興味深いものでした。 しかし、当時一般的だったガリ版印刷のため読みづらく、不鮮明な箇所も見られたため、改訂して出版することにしたものです。 編集にあたっては、昭和54年―58年に同公民館が発刊した『落合の伝説』などを参考に再調査し、新たに10話ほど追加。落合宿の大火や、高福寺の寺子屋から落合小学校に至る歴史、筆塚の話など53話を収録。「狐膏薬」の話は3つのバージョンを紹介し、膏薬の作り方や、地元の旧家に残っている狐膏薬の材料の写真まで掲載。地名考も加えました。 同協議会では市の助成金などを受けて100部発行し、まずは地元の子どもたちに読んでもらい郷土愛を育んでもらおうと、地元をはじめ市内の小中学校や幼・保育園、市立図書館などに寄贈。近く増刷し、販売する計画です。水野さんと太田さんは「民話は庶民の目で落合の歴史を物語る地域の宝。ふるさと学習や観光など、さまざまな面で役立てていただきたい」と話しています=写真。 恵峰HN (2021年4月 2日 18:24)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 731号...
没後23年たった現在も絶大な支持を得ている”昭和の歌姫”美空ひばりさん主演映画の上映会が9日、恵那市長島町の恵那文化センターで開かれます。 主催するのは、自宅敷地内に”ひばり記念館”も開設した熱狂的ファンの森島咲子さん(80)=同市長島町。18歳の時、「悲しき口笛」の映画を見 てとりこになり、以来ひばりさん一筋。そろいの法被やブレザーを着て全国の公演に出かけるのはもちろん、レコード、CD、DVD等々、「ひばり」と名のつ くものはすべて収集。衣装もオークションで落札し、自宅の離れの展示室で保管しています。 ひばりさん主演映画の上映会は還暦・古希記念、足の手術をした3年前の快気祝と、節目節目で開催し、傘寿記念の今回で4回目。ところが5月に、心臓弁膜症が発覚。森島さんは「映画会を開きたい一心で」、人工弁を着ける7時間の大手術に耐え抜きました。「救急の日」午前11時からの上映会は午後1時からで、戦後の日本に光を与えた「東京キッド」と、亡くなる前年、東京ドームで開催した伝説のコンサート「不死鳥 美空ひばりin TOKYO DOME」を2本立で、料金は(当日のみ)1,000円。森島さんは「『生前葬』のつもりで、先着300人にひばりさんの日本手ぬぐい、来場者全員にペットボトル入りお茶を進呈。1人でも多くの方にご来場いただければ」と話していますTEL.0573(25)5476。写真は、ひばりさんの衣装を手に森島さん 恵峰HN (2012年9月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。...
中津川市中津川松田、土岐安信さん(81)の俳句が、「名月の里(田毎の月)」として名高い姨捨(長野県千曲市)で開かれた全国俳句大会で特選に選ばれました=写真。元小学校長の土岐さんは、定年退職後独学で俳句を学び、中日俳壇や地方の俳句大会でたびたび入賞。今回は、4月に千曲市内の「あんずの里」を訪れた際詠んだ「咲きそめしあんずの香手に掬ひ」の句が、「第29回信州さらしな・おばすて観月祭 全国俳句大会」で、5,000余句の中から特選に選ばれたものです。受賞作は碑に刻まれ、西行、芭蕉から虚子まで、多くの歌碑・句碑が並ぶ姥捨の長楽寺境内に建立される予定。土岐さんは「古今の歌人・俳人が憧れた歌枕に自分の句が残せるとは、夢のようです」と喜びを語っていました。 恵峰HN (2012年12月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 540号 タグ: 中津川市 全国俳句大会 咲きそめしあんずの香手に掬ひ...
恵那市少年少女合唱団(林広高団長)の創立45周年記念公演が12日午後1時から、同市長島町の恵那文化センター集会室で開かれます。入場無料。 1971年に結成された同合唱団は、県内少年少女合唱団の草分け。少子化で解散する合唱団も多い中、小・中・高校生男女29人が所属し、活発に活動。老人福祉施設や、イベントなどで美しいハーモニーを披露し、地域に貢献しています。 記念公演では、今年、戦後70年を迎えるのにちなみ、戦争の残酷さや人間と動物の絆を描いたノンフィクション合唱ミュージカル「ぞうれっしゃがやってきた」を上演。 太平洋戦争中、動物園の動物たちが殺される中で唯一、生き残った東山動物園(名古屋市)のゾウを、特別列車を運行して、子供たちに見せた実話を合唱で表現。第一部では、「HEIWAの鐘」「明日という日が」などの合唱曲を披露します。 恵那北中学校3年の曽我柚妃さんは、「動物が本当にかわいそうで、練習中、胸が痛んだ。合唱で大勢の人に命は大切さを伝えたい」と話しています。問い合わせはTEL.0573(63)2277前田さん。 恵峰HN (2015年4月 4日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 593号...
秋の味覚の王者・松茸(まつたけ)を、ドーンとプレゼント! 松茸の名産地・中津川市蛭川で「きのこまつり」(中津川北商工会蛭川支部主催)を開催中。11月2日までの期間中、参加店で買い物・食事をすると、”香り・歯ごたえ最高”の蛭川松茸など、豪華景品が当たる抽選券がもらえます。 数10カ所の松茸山があり、この時期、観光客で大盛況の蛭川地区では、17の「きのこまつり」参加店が、1,500円以上の食事・買い物をしたお客さまに抽選券を進呈中。 11月3日、蛭川総合事務所前のひとつばたご広場で開かれるMAIKA祭り会場で、スノーボード、地元温泉旅館の食事券、地元特産品などが当たる抽選会に参加できます。 当日、来場できない場合は10月31日–11月2日の3日間(9–16時)、恵那峡ワンダーランド前の美濃農産で抽選し、その場で景品と交換できます。問い合わせはTEL.0573(45)2512北商工会蛭川支部。 参加店は次の通り。 ▽岩寿荘▽大橋酒造▽大久保屋▽小川酒店▽木野▽紅梅屋▽林 久 商 店▽東山温泉▽菓舗ひとつばたご▽紅岩山荘▽マルヨシ▽美 濃 農 産▽丸田屋商店▽安田屋▽優▽ケントボーイ▽ツインクル 恵峰HN...
恵那市明智町の三宅畳店が、人気急上昇中のアニメ『鬼滅(きめつ)の刃(やいば)』をイメージしたミニ畳(18㌢×18㌢、1500円)を発売。全国から注文が寄せられています。 多種多様な畳と畳縁を取り扱う同店の三宅悠介さんは、アニメの主人公のフィギュアをミニ畳に乗せて飾るファンが多いことを知り、『鬼滅の刃』イメージの畳縁を購入。製品化してインスタグラムに投稿したところ、問い合わせが相次いでいます。 さらに「コロナ禍で抗菌に関心が集まる中、イグサに肺炎の原因になるレジオネラ菌などに対する抗菌作用があり、殺菌力や癒し効果が認められているフィトンチッドを放出することが知られ、『天然の抗菌素材』としても見直されています」と三宅さん。 「ただし作用は減少するので、表替えの時期など気軽に問い合わせてほしい」と話しています。0573(54)2338。 恵峰HN (2020年4月30日 14:12)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 710号 タグ: インスタグラム...
地元の小学生を対象にした「付知川ヤングあゆ釣りスクール」が中津川市田瀬区民会館前の付知川で行われました。 伝統漁法・アユの友釣りを体験することで自然に親しみ、地域の文化に触れてもらおうと、地元の愛好家でつくる同実行委員会(大山安彦実行委員長)が、昨年から実施しているもの。 福岡・田瀬・下野小学校の5、6年生男女14人が参加し、会員がマンツーマンで指導にあたりました。 子供たちは、道具の取り扱いや釣りのマナーを教わり、安全のための注意を受けた後、3匹のおとり鮎をもらって川へ。会員の手ほどきを受けながら、おとりを付けて泳がせ、アタリを取って魚を取り込むまでを体験。16匹も釣り上げたり、25cmもある大物をゲットしたと大人顔負けの釣果を挙げる児童も多く、皆、友釣りの魅力を満喫していました。 大山会長は「来年はぜひ、中高校生にも参加してほしい」と話していました。 恵峰HN (2015年9月 5日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 603号...
節分を迎える明後日から「春」。寒さの中でも、草木は確実に春への準備を進めています。そんな中、中津川市坂下では、地域のシンボル桜を守ろうと有志で設立した「坂下さくらもりの会」(松井義雄会長)が始動。16日、椛の湖畔で行う天狗巣病駆除の協力者を募っています。 坂下の名所となっている椛の湖畔の桜の樹勢が衰えたことから昨年、松井会長らが発起人となって呼びかけ、90人ほどが入会。樹木医でNHK趣味の園芸の講師を務める上条祐一郎さんを講師に学習した=写真=管理技術や植樹法などを生かし、昨年末には、花の湖畔で腐った樹木等を伐採。 今後は、植樹・管理計画など長期的なビジョンづくりに取り組み、習得した管理技術を各地域で役立てる計画です。 16日は午前9時、椛の湖のセンターハウス前に集合し、高所作業車を使って、天狗巣病にかかった枝を伐採。 松井会長は「自然を守り、桜などが咲き誇る花のあるまちづくりを進めるため、1人でも多くさんかしてほしい」と呼びかけています。問い合わせはTEL.0573(75)2077松井会長。  恵峰HN (2014年2月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 566号...
中京学院大学(中津川市千旦林)の空手道部が10月14日、名古屋市の名東スポーツセンターで開かれた「秋季東海地区大学空手道選手権大会」で、団体組手男女アベック優勝の快挙を成し遂げました=写真。 春の大会に続く男女共の連覇は初で、男子は4連覇、女子は2連覇を達成。決勝戦は男女共に大将戦にもつれ込む接戦でしたが、「心底頑張ってきた分勝にこだわることができた」と矢野宏治監督。 女子団体形でも準優勝し、10日に豊田市のスカイホール豊田で行われる「全日本大学空手道選手権大会」への出場を決めました。増本憲人主将は「チームが一丸となり、全員で上位を目指します」と意気込みを語りました。 恵峰HN (2019年11月 2日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 699号 タグ: 中京学院...
矢作川沿いにソメイヨシノが咲き競う”桜の名所”恵那市串原で9日午前10時–午後3時、「ささゆりの里 春まつり」が開かれます。一昨年まで奥矢作湖畔大野公園で開かれていましたが、平成13、14年、くしはら温泉ささゆりの湯のオープンに合わせて植樹した約100本の桜が美しい花を咲かせるようになったため、昨年からメーン会場を同施設周辺に変更。さまざまなイベントが行われます。両会場とも6日-11日(18時-21時)ライトアップし、屋台が出店。【ささゆりの湯会場】●チビッ子ゲームコーナー(小学生以下対象) 10時-受付、11時スタート。先着100人にパンチングゲームでプレゼント進呈。有料ゲームには賞品がある。「3回フリースロー」「グラウンド・ゴルフ」「迷路」「わなげ」など。●フォークコンサート (1)10時30分-11時30分 (2)13時-14時●餅つき体験と販売13時-●布ぞうり飛ばしゲーム(有料)14時-●地元有志によるバザー【奥矢作湖畔会場】古民家カフェ「サトノエキカフェ」(串原郷土館)でコーヒー、ランチを提供。「田舎じまんの会」や地元有志が、手作り豆腐やみそなどを販売。問い合わせは(0573(52)3131。 恵峰HN (2017年4月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 639号 タグ: くしはら温泉ささゆりの湯 ささゆりの里...
乗降介助(1,000円)、通院介助のヘルパー利用料等一切不要の画期的な介護タクシーが、恵那市明智町に誕生。話題を集めています。 運営するのは、地元でデイサービス、小規模多機能型居宅介護事業などを展開する「トータルケアあじさい」。 第二種運転免許、ケアマネージャー、介護福祉士などの資格を持つ田北浩二社長自身が運転士を務めるため、ケアプランに至るまで、介護保険の使用は一切なし。 通常のタクシー同様、初乗り料金600円で、支払うのは走った距離に応じた料金のみ。病院などでの待ち時間も無料で付き添い、車いす介助や投薬の受け取りなど代行してもらえます。しかも70歳以上は料金1割引。 田北社長は「困っている利用者さんの声に応えました。リピーターが多いので、ドライバーを増やしていきたい」としています。 4人乗りと5人乗り(ストレッチャー不可)があり、予約制。問い合わせはTEL.0573(55)0065あじさいグループ。 恵峰HN (2016年9月 3日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年...
新型コロナウィルス感染拡大の影響が広がる中、ちこり村(中津川市千旦林)の有機黒ニンニクが、「免疫力アップ食品」として脚光を浴びています。 2009年に発売以来、400万球以上売れているヒット商品で、農水省の有機JASマークを取得。安全・安心なニンニクを国内で約2カ月間低温・熟成発酵させて豊富なアミノ酸やミネラル、ビタミンをさらにパワーアップ。プルーンのような味わいで新製品『アンデスの黒真珠』は糖度がイチゴの倍以上。匂いも気になりません。 ニンニクは感染症予防対策として、うがいや手洗いとともにあげられる免疫力アップ食品で上位にランキング。「口コミで人気が高まっていましたが、このところ『食べるマスク』で新たなお客様が急増」と、販売歴12年の黒ニンニクアドバイザー。「ちこり村で、手指や調理器具などを殺菌する次亜塩素酸水(電解水)の無料提供も始めたので、ぜひご利用を」と呼び掛けています。電話0573(62)1545ちこり村。 恵峰HN (2020年3月 6日 18:14)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 706号 タグ: うがい...
3万人が来場する太陽光発電によるロックフェス「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019」が28日と29日、中津川公園(中津川市茄子川)内特設ステージで開催。 シアターブルック、ACIDMAN、Dragon Ash、木村カエラ、サンポマスター、10-FEET、Char、一青窈等々、70組以上の著名アーティストが中津川に集結します。両日、午前11時開演、午後9時終演予定。 この催しは2012年、日本武道館で第1回が開催され、翌年から中津川に移動して、今年7回目。全国に広がる太陽光発電ロックフェスの草分けとして毎年規模が拡大し、注目度が高まっています。 今回は「art music children」をテーマに、子供向けコンテンツがさらに充実。岐阜・京都精華、中京学院の3大学が、それぞれ子供向けワークショップを行います。 ▽ボランティアが運営支え 運営を下支えするのは約500人のボランティアで、8月27日夜には、市内のダイソー楽器でリーダー向けの説明会を開催。 三尾泰一郎実行委員長が挨拶に立ち「すでにチケットを追加発売している状況。ファンの期待に応えるべく準備しましょう」と呼びかけました=写真。ボランティアの登録は13日まで、中津川...
会えない今、この時代こそ、つながろう! “#コロナ時代を生きる”ための次世代地域ソリューション型チーム「TEAM(チーム) Beyond(ビヨンド) Your (ユア)Dream(ドリーム)(BYD)」(同実行委員会主催)が1日発足。世代・職業・地域を越えて、中津川・恵那地域を愛する人々がつながるニュー・コミュニティで、ネット会議は参加無料。メンバーを募っています。 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出された4月、経営コンサルタントの鈴木直樹実行委員長(53)=恵那市上矢作町=が呼び掛けて同実行委員会を発足。 コロナ禍で分断された人との接点を取り戻し、知恵を出し合って経済・医療・介護・教育等々、山積する地域の課題解決の糸口を見い出そうと考えたのです。 WEB会議ツールのZOOMを使って行われた第1回には恵那・中津川市内在住、在勤、出身の15人が参加。盛岡、横浜、名古屋からの参加者もあり、幅広い年代の人々が意見交換しました。 初めに、今回のメーンスピーカーを務めた、造園業で環境防災家の40代の男性=中津川市付知町=と、ウエブデザイナーの30代の男性=中津川市茄子川=が「#コロナ時代を生きる」をテーマにプレゼンテーション。次世代への研修活動などについて語り、他の参加者からは「遠くからでも地域のためにできることを考え実践したい、」などの意見が出されました。 会議は原則、毎月第一金曜日の午後7時から90分程度行い、WEB会議は参加実無料。鈴木実行委員長は「コロナ収束時には、実際に顔を合わせて意見交換するリアル会議を開催。さまざまな立場の人に入っていただいて議論を深め、小さなことから1つひとつ解決策を実行していきたい」と話しています。問い合わせは080(4155)5324鈴木さんへ。 恵峰HN (2020年6月 5日 13:49)||...
標高600メートルで生まれた中津川市阿木特産のソバが”ひきたて、打ち立て”で味わえる「特産そば処あぎの郷」があす5日、阿木パターゴルフ場隣にオープン。来店者に「そばクッキー」を進呈します。 阿木地区の農家は、平成5年から転作田でソバを栽培。最適な自然環境ではぐくまれたソバは、味・こし・香りの3拍子そろった逸品で、専門店からの注文も入るようになり、現在120軒ほどが栽培。中の島公園内に製粉用の水車小屋を設置し、イベントなどで販売して好評を得てきました。 農家のうち六次産業の振興を目指す15軒が今年2月、農業法人「阿木特産営農」(鈴木政志理事長)を設立。毎週土、日曜日と祭日、そば店を開くことにしたものです。 調理にあたるのは、イベントの際活躍してきた地元の農業女性グループ「ささりんどう婦人部」で、ざるそば(750円、2枚目以後500円)には、あげずしと出汁巻、漬け物、かけそば(600円)にはその他に天ぷらも付ける「大サービス」。 「どこで販売しても絶賛をいただき、味には絶対の自信がある」と鈴木理事長。10人以上の予約があれば平日も営業します。問い合わせはTEL.0573(63)3070。 恵峰HN (2014年10月 4日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 582号...
中津川市は、あす4日から、市が所有する土地を一般競争入札で売却します。 これに先立ち、市は県内の自治体で初めて、市内の不動産業者と市有地売却業務委託契約を締結。 土地売買にかかる業務は煩雑でトラブルが起きやすいことから、一部を専門家に委託して効率化するもので、全国でも数例の画期的な取り組み。 市は昨年9月、市内の不動産業者を対象に委託業者の入札を行い、プロポーザル(企画提案による選択)で市岡商事(新町えびす公園前)を委託業者に選定。 同社が物件の調査などを行い、売却物件に看板=写真=を設置して問い合わせに応じています。 今回一般入札する市有地は7件、延べ約2000平方メートル。 大脇直樹契約管財係長は「市有地の売却は行政構造改革に取り組む市の財政にとって急務。専門家のノウハウを取り入れ積極的に進めていきたい」としています。 入札物件の詳細市HPまたは、TEL.0573(66)1111内線415行政管理課、市岡商事TEL.0573(66)2311へ。 恵峰HN (2016年1月 3日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。...
あす3日午前10時〜午後3時、農村景観日本一・恵那市岩村町富田地区のシンボル「茅の宿とみだ」で、「おひなさま会」が開かれます。 NPO法人「農村景観日本一を守る会」が運営する同施設は、120年前の茅葺古民家を再生した民宿。あすのおひなさま会には、富田地区の大地主・上田家に伝わる江戸時代のひな人形を特別公開。来場者にからすみとお茶を振舞うほか、昔お雛様にお供えしたごちそうを再現した「ひな御膳」(千円)五平餅、各種からすみ、コーヒー〈雛菓子付き〉などを販売。子供には雛菓子をプレゼントします。問い合わせはTEL.0573-43-4021。 重要伝統的建造物群保存地区認定の同町本町通り周辺ではあす3日まで、100軒以上が自慢のお雛さまを展示して、「城下町のひなまつり」を開催しています。 写真は、上田家に伝わる江戸時代のひな人形 恵峰HN (2016年4月 2日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年 616号 タグ:...
熟練した手さばきでエンジンを組み立てているのは、中津川市手賀野の酒向(さこう)匠(たくみ)君(4つ)。オートバイの再生(レストア)を趣味とする父親の影響で整備に取り組んでわずか1年。小さな手で見事に工具を使いこなす動画が国内外で大人気。父子で制作する”光るエンジン”も話題になっています。 保育園児の匠君が最も長い時間を過ごす遊び場は、父親の和盛さんが経営する大型工業機械保全・メンテナンス会社・酒向工業の工場(茄子川)。 和盛さんは、事故で大けがを負って以来約20年間放置していたオートバイを、部品作りから始めて3年がかりで再生。それをきっかけに通常では困難な修理を頼まれるようになり、仕事が終わった後、夜遅くまで取り組んでいます。 匠君はそんな父親の姿を見ながら何時間でも一緒に過ごし、保育園に入ると、見様見真似でドライバーやスパナ、六角レンチなどの工具を使用。和盛さんが手ほどきすると、大喜びでエンジンなどを分解、清掃し、元通りに組み立てるようになったのです。 「少し古くなると買い替えざるを得ないのは、整備の技術が伝えられていないからだ」と考えていた和盛さんは、匠君に、自身の技と知識を伝授。  レストアする姿をSNSやYouTubeに投稿すると、「匠君が組み立てたエンジンを搭載したい」と注文してくる人や、「将来が楽しみ」と海外から応援のメールを送ってくれる”ファン”がぞくぞく。 和盛さんが考案したLEDが光るスケルトンエンジンも話題となり、アクセス数は鰻上りですが、「エンジン音が何より苦手」な匠君。エンジンをかけるとたちまち逃げ出し、「オートバイには絶対乗らない」とすねるのも、ご愛敬。 恵峰HN (2020年7月17日 17:13)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年...
きょう5日午後4時30分から、中津川市福岡国道257号沿の岡山工務店(岡山彰宏社長)本社前で、年末恒例となったイルミネーションの点灯式が行われます。 「子供たちが生き生きと、安心して暮らせる明るい街に」と、同社が6年前から行っている青少年健全育成支援事業。 毎年趣向を凝らした電飾で、街をホットに彩っています=写真は昨年。 きょうの点灯式では来場者に豚汁をサービス。 イルミネーションは来年1月10日までの毎日、夕暮れから午後10時まで点灯されます。 恵峰HN (2015年12月 5日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 609号...
中津川市の小学生サッカーチーム「中津川ビーバーズFC」(安藤広子代表)の20周年記念事業が5月4日、市内のイベントホールで開かれ、延べ400人近い関係者が節目を祝いました。 同FCは平成5年、杉の子幼稚園(駒場)で行われていたサッカー教育を継続する目的で発足。当初は小学1、2年生対象でしたが、17年度の卒団生が初めて6年生まで継続。「褒める・認める・励ます・本気で向かい合う」を合言葉に、サッカーや行事、ボランティア活動を通じて青少年育成に努めてきました。 中津川多目的グラウンドで開かれた記念事業の第一部「サッカーフェスティバル」には、メンバー、OBらが多数参加し、紅白戦やキックターゲットなどで交流。  引き続き行われた式典では、安藤代表が「各方面のご支援の賜物。『子育て・自分育ち』の場として続けてきた活動を、今後は地域に広げ、つなげていきたい」とあいさつ=写真。参加者に「20周年記念誌」が配布されました。 恵峰HN (2013年6月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2013年 551号 タグ:...
1年がかりで集める「百花蜜」の需要が高まり、素人でも比較的飼育しやすいことなどから静かなブームを呼ぶ日本ミツバチ。その飼育に四半世紀にわたって取り組み、分蜂群を引き寄せる画期的な製品を開発して革命を起こした養蜂家がいます。 「根の上高原日本みつばち研究所」(恵那市東野)所長の水野竜夫さん=岩村町=は1997年、長野県上伊那郡中川村にオープンしたハチ博物館を訪問。 日本を代表する蜂研究家で同博物館を創設した富永朝和さんと出会い、「これからは日本ミツバチの時代だ」と説く富永さんに師事。根の上高原を拠点に、本格的に取り組みました。 野生の日本ミツバチを飼育する第一歩は、4月―6月にかけて分蜂する蜂の群れの捕獲。蜜蝋(ろう)を塗った巣箱を設置しておびき寄せますが、その際重要な役割を果たすのが、ラン科の植物・キンリョウヘン。 一般には無名ですが、巣箱近くにこの花を置くとフェロモンの作用で日本ミツバチを誘引することから蜜蜂蘭とも呼ばれ、愛好家には広く知られています。 しかし入手が困難なため、3年前、水野さんはこの花のエッセンスを抽出。スプレー状の「分蜂群キャッチ抜群」として商品化したところ、手軽さと絶大な効力で全国の愛好家に支持されるようになりました。 長年、保古自然館で「日本みつばち根の上塾」を開き、多くの愛好家を指導している水野さん。「おとなしくて病気に強く、貴重な蜜が得られる日本ミツバチは最高の友。ぜひ挑戦して」と呼び掛けています。問い合わせは090(9186)3089水野さん。 恵峰HN (2020年6月 5日 14:41)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ:...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。 ・おそうじ本舗中津川店 https://www.osoujihonpo.com/shop/detail.php/16846   ・良縁ステーション https://ryouen.jp/information/   ・カーブスルビットタウン中津川 https://www.curves.co.jp/search/tokai/gifu/cat-2650/91394.php   ・恵北損保 https://keihokusonpo.com/   ・サバ...
「女城主」の蔵元として知られる恵那市岩村町本町の岩村醸造で1日、恒例の「蔵開き」が始まり、大勢の日本酒ファンや観光客で賑わっています。 天明7(1787)年から酒を造り続けている同社の社屋内にはトロッコレールが残り、井戸水は400年以上湧き続ける岐阜県名水50選の1つ。 この水と純良な酒米で醸した自慢のしぼりたて新酒を多くの人に味わってもらおうと、毎年この時期に酒蔵を開放しています。 今年は1日を皮切りに、あす8日、11日、15日、22日、3月1日(いずれも日祝日)の6回開催。開催時間は午前10時から午後3時30分。 会場入り口で300円(以前に購入した利き猪口持参で200円)を支払うと、「試飲用利き猪口」と200円分の買物券付き入場券を進呈します。問い合わせはTEL.0573(43)2029。 恵峰HN (2015年2月 7日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 589号...
全国的に少子化が加速する中、近年、子供の数が増え続けている恵那市串原地区では、地元の壮健(老人)クラブが子育てに一役。今月末発足する学童保育を、「子育て支援ワンコイン募金」や補助員派遣でサポートします。 同地区では、市と連携した奥矢作森林塾の活動などが功を奏し、平成20年から今日(27年6月20現在)までに58人が移住。 26年度の保育園児数は、前年度の11人から22人に倍増。中学生も恵南全体では26年度の3割減となるのに対し、同地区では12人から20人に増加する見込みです。 そうした中、働く母親らが、夏休みに合わせて「串原学童クラブ」を発足。市の助成金は50万円近い事業費の半額程度で、残りは保護者の自己負担となることから、少しでも親の負担を軽減し、子育てしやすい環境をつくろうと、木根・柿畑地区の高齢者でつくる寿会(110人)が募金を企画。300近い”募金ボトル”=写真=を制作し、地元の79世帯に配布して協力を要請しました。 同クラブの呼びかけに応じ、串原壮健クラブ連合会(藪下恒夫会長)に所属する他の5クラブも、順次、募金ボトルを配布。277の全世帯に設置してもらう計画です。 さらに、「人手が足りない」という学童クラブの求めに応じて毎日1人、寿会の会員が交替で手伝うことになり、労力でも貢献。寿会の三宅明会長は「高齢者の力を生かし、子供の笑顔や笑い声があふれる地域にしたい」と張り切っています。 恵峰HN (2015年7月 4日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。 ・おそうじ本舗:http://hotta-support.net/ ・仁太郎:http://www.nitarou.com/ ・ちこり村:https://www.chicory.jp/ ・岩寿荘:http://iwasusou.com/ ・闘心館:http://nakatugawa.info/toushinkan-tsk/ ・恵北損保:https://keihokusonpo.com/ ・岩村醸造:http://www.torokko.co.jp/ ・ぎふ村:https://npo-gifumura.com/ ・MILIGHT:http://milight-inc.jp/about.html ・中の島公園:https://nakafureai.wixsite.com/agi-putter 恵峰HN (2020年2月 4日...
中津川市のパッチワークキルトサークル「キルトフレンズ」(高田千代子代表)の初作品展が10月7日から、中津川市本町の中央公民館で開かれます。9日まで。 40代–90代、1年目の初心者から25年目のベテランまで30人が出展。明治–大正の古布で制作したタペストリーや袋物、ぬいぐるみなど約100点を紹介し、来場者に先着で小物を進呈。「作って楽しい、使ってうれしい作品の数々を、ぜひごらんいただきたい」と呼びかけています。 恵峰HN (2012年10月 6日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 536号 タグ: キルトフレンズ パッチワーク...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。 “密にならない「小宴会」特集”   ちこり村 https://www.chicory.jp/   岩寿荘 https://iwasusou.com/   だいこく家 https://goo.gl/maps/gG93h9y7yuDcrJrXA   たまごや喫茶らんらん https://goo.gl/maps/xbPthhxGh26xMubf9...
同レストランでは、人気のランチビュッフェを2月から休止。客席の間隔を2㍍あけ、換気やアルコール消毒など新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底し、地元食材をふんだんに使った定食メニューや、施設内のパン工房の焼立てパンが食べ放題のランチに変更し、新たなスタイルで営業しています。 黒にんにく(有機JASマークを取得)は2008年に発売以来、約500万球売れているちこり村のヒット商品で、カレーは、「コロナに負けない体づくり」をコンセプトに開発。 1人前に黒にんにく約1玉分が入った贅沢なカレーで、黒ニンニクが醸し出す深いコクとほのかな甘さ、酸味が見事に調和。生ニンニクと比べ臭いが残らないため、ランチにも安心して食べられます。価格は、野菜サラダとちこり珈琲が付いて960円(税込)。 開発者した大友勇店長は「これまでに無い、味・栄養価とも“最強“のカレーに仕上がりました。夏バテ回復にもぜひ」と自信満々。0573(62)1545。 恵峰HN (2020年9月 3日 10:23)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 718号 タグ:...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。 ・かんぽの宿 恵那  https://www.kanponoyado.japanpost.jp/ena/index.html ・アボウオーキッド  インスタグラム【abouorchid.aboufam】 ・圡田金商店  https://www.dotakin.com/ ・中山道 大鋸  http://nakasendo-ohga.com/ ・栗菓匠 七福  https://www.7fuku.co.jp/...
恵那市の「中山道のれんコンテスト」実行委員会(纐纈満委員長)が、大井宿をPRするオリジナルグッズを製作しました。デザインは、京都を拠点に活躍する恵那市中野方町出身の新進デザイナー・佐藤恵月(えつき)さん(29)。「中山道のれんコンテスト」がきっかけで誕生したグッズは大好評で、4月1日、大井宿を代表する文化財の一つ「明治天皇大井行在所」がリニューアルオープンするのに向けて、今後の活用が期待されています。 同実行委員会は12年前から、大井宿の古い町並みを手作りののれんで彩る「中山道のれんコンテスト」を開催。地元を代表する催しの一つとなっています。 それを知った佐藤さんは「故郷のイベントを盛り上げよう」と、第9回(2017年)に、広重の作品に古代エジプトの壁画のイメージを重ねた『中山道物語壁画』を初出品。一昨年の第10回には中山道の発着点・京都三条大橋と東京日本橋、その間に宿場名で日の丸を描いた『中山道一路始終』を出品しました。 同実行委員会では、その素晴らしいデザインを、大井宿のPRに生かせないかと考え、佐藤さんに『中山道物語壁画』のモチーフで、手ぬぐいと缶バッジをデザインしてもらい試作。昨年末に行われた「中山道ぎふ17宿歩き旅」や、恵那文化センターで開いたのれんの展示会で紹介したところ、他地域から訪れた人々や若い世代にも好評を博しました。 一方、今春、リニューアルオープンする明治天皇大井行在所は、明治13(1880)年の明治天皇巡行の際の宿泊所で、座敷などが当時のまま保存され、建築史的にも貴重な建造物。今回の大改修で長屋門(市文化財)が移築され、市民が活用できるコミュニティスペースも充実。地域活性化の拠点として期待が高まっていることから、行在所での活用を視野に準備を行っています。 纐纈会長は「大井宿を象徴するモチーフを現代感覚でアレンジした佐藤さんのセンスは秀抜。恵那を代表するデザインとして活かしていきたい」と話しています。 佐藤(旧姓・柘植)恵月さん 中津高校、岐阜大学を卒業後、印刷会社勤務を経て2016年、 「デザインオフィスWA-plus」を設立。「日本文化の継承と発展」をコンセプトにしたデザインは全国的にも高い評価を得ており、「KYOTO STARTUP MAP」(2020年)などの作品で知られている。 恵峰HN (2021年2月 5日...
恵那市岩村町の重要伝統的建造物群保存地区で1日、恒例の「いわむら城下町のひなまつり」が始まりました。4月3日まで。 城下町とその周辺約110カ所に、3500体を超える雛人形を展示するもので19回目。今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止で、27日の「宵のひなまつり」を除くイベントは中止されましたが、江戸時代から伝わる雛人形や見事な装飾の御殿雛=写真、色鮮やかな土雛、金魚とおひな様のコラボ「金魚びな」など、城下町ならではの逸品が歴史ある町並みを彩り春爛漫。「宵のひなまつり」では、江戸の豪商の暮らしぶりを伝える勝川家の中庭と蔵飾りのライトアップや、岩邑小学校児童が制作した雛灯篭(ひなとうろう)などが楽しめます。 問い合わせは0573-43-3231いわむら観光協会。 恵峰HN (2021年3月 5日 18:14)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 729号 タグ: いわむら城下町のひなまつり...
28日–30日、恵那市長島町の恵那文化センター展示室で、同市岩村町大根洞の染織工房「志とり工房」の35年周年記念展「川渕和彦さん、惠子さん夫妻の足跡と遺(のこ)したい言葉」が開かれます。午前10時–午後4時。 工房主宰の川渕和彦さん(91)、惠子さん(87)夫妻は、川渕さんが金城学院中学・高校の教諭を退職した1985年、研究していた染織を通じて障がい者の居場所を作ろうと、古民家を買い取って名古屋市から移住。 さまざまな障害がある人に染織を指導し支援する一方、風通織、アイヌ織物をはじめとする世界中の染織に関する資料を収集、研究してきました。 記念展は、そうした2人の足跡と資料を紹介するとともに、工房の今後の在り方について考えようと、工房の活動に携わってきた染織家・音楽家の田口修さん(57)=岩村町=らが企画。 原始機から地機、高機までを展示して織の歴史を紹介するほか、下田歌子が着用した七宝柄の半襟や、草木染の創始者として著名な故山崎斌(あきら)さんが昭和11(1936)年、岩村で講習会を開いた際の作品を集めた見本帳、染型紙や板締めの版木など貴重な資料を多数展示。川渕夫妻のメッセージの紹介も予定しています。 P=工房資料館で、下田歌子が着用した半襟を見せる田口さん。 恵峰HN (2020年8月14日 11:38)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 717号...
キャリアの側面から自分らしい生き方と働き方を応援する非営利活動グループ「恵那・中津川ライフキャリア&ワークキャリア支援の輪 えなきゃり」が発足。子どもたちのキャリア発達の応援や不登校状態・無業状態・ひきこもり状態への 早期対策、支援者の勉強会などを始めました。 中津川市内の高校でスクールキャリアカウンセラーを務める岐阜県若者サポートステーション恵那出張相談所担当の平田幸恵さん=犬山市=と同じ高校に勤務する曽我美香さん=中津川市=が意気投合。平田さんの想いに賛同した曽我さんがキャリアコンサルタントの資格を取得。地域の人々を支援できるキャリアコンサルタントを目指し、「えなきゃり」を設立したものです。 第1回には、キャリアコンサルタントや不登校の子どもの保護者、教員、行政職員など20人ほどが参加。当日は、不登校・無業状態の当事者だった親子と平田さんのトークセッションが行われ、当事者がさまざまな葛藤を乗り越えながら仕事に就き、同じような状況に苦しむ人々を支援するようになるまでの軌跡を紹介。 その後、個別相談会が行われました。 会では、月1回の相談・勉強会を行い、参加費は1人1回500円、無業状態の若年者は無料。次回は2月28日午後7時から、「中学校・高校を卒業する生徒達の『先』を考える~若者達の実態と早期支援の必要性~」をテーマにオンラインで開催。 2人は「この地域にはこれまでキャリアを包括的に支援する体制がありませんでしたが、ピンポイントの支援には限界があります。教育・福祉行政等と連携して早い時期から相談し、身近なところに支援できる体制を作っていきたい」と話しています。 問い合わせは0568-68-2855平田さんへ。 恵峰HN (2021年2月18日 11:24)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ:...
10月20日、中津川市駒場の中津商業高校で創立90周年記念「蘇水会フェスティバル」を開催。鍵山秀三郎イエローハット会長の講演(13–14時)や、俳優宝田明さんと歌う「青い山脈」の合唱などが行われます。 同校は1922(大正2)年、中津町立岐阜県中津商業高校として創立。1万6千600人余りの卒業生を輩出しています。同校(安江校長)と同校同窓会「蘇水会」(中田智洋会長)主催のフェスティバルでは、OBが経営する和菓子店の協力で茶会、和菓子販売が行われバザーも出店。アトラクションでは蘇水会コーラス部による合唱があり、宝田さんが友情出演。OBらでつくるバンド「The canadhiann club」や吹奏楽部の演奏、全国大会で入賞している同窓生の永冶さやかさんと田口詩織さん(同校3年)の民謡などが披露されます。協力券は栗きんとん、抹茶代含め千円。当日券もあり、だれでも入場できます。写真は、9月の蘇水祭で、「祝90中商」人文字をつくる中津商業生 恵峰HN (2012年10月 6日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 536号 タグ: 90周年...
坂下高校(中津川市坂下)の生徒らが防災紙芝居を作成し、地元の坂下保育園で発表しました。 生活文化科保育コースの3年生6人が、授業で学んだことを地域防災に生かす取り組みとして実施。事前に保育園長から園児対象の防災活動につて聞き、「もしもじしんがおきちゃったら」と題した紙芝居を作ることにしました。 生徒らは、子供たちが飽きないよう、要点をコンパクトにまとめて分かりやすい絵をつけたほか、質問形式にして子供自身がどうしたら良いのかを考えられるよう工夫。身を守るための”ダンゴ虫のポーズ”を身に付けさせるため、遊びも取り入れて園児らの興味を引き、保育士にも好評を得ました。 生徒の1人は「思ったよりもみんな真剣に話を聞き、反応してくれたのでよかった。地震が起きた時に思い出し、実践してくれればいいと思った」と話していました。 恵峰HN (2019年3月 2日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 683号 タグ:...
東濃屈指の紅葉に彩られた龍神伝説の森を舞台にウォークラリー、グルメなどを楽しむ「夕森もみじまつり」が、あす11月4日午前9時から、中津川市川上(かわうえ)の夕森公園で開かれます。午後2時まで。参加無料。鮮やかな紅葉の森と、県名水百選に選ばれた龍神の滝など、心癒やす大自然を満喫しながら行うウォークをはじめ、龍神太鼓の演奏などアトラクション満載。特産品販売やバザーなどもあります。JR坂下駅と坂下小学校校庭から会場までシャトルバスを運行。問い合わせはTEL.0573-74-2111 川上公民館内同実行委員会。 恵峰HN (2012年11月 3日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 538号 タグ: ウォーキング 中津川市...
大数珠をくぐって健康長寿、商売繁盛を願う「お盆数珠くぐり供養」がきょう1日〜3日と13日〜15日、“黄金の観音様“として知られる中津川市加子母万賀の加子母観音で行われます。参加無料。 地元の仏壇仏具販売・修復会社「慈光堂」の創業者で加子母観音を建立した故熊澤巳三郎さん(当時92)が始め、半世紀近く続くお盆の恒例行事。 数珠はクスノキ製で周囲が3㍍以上あり、重さは30㌔あまり。1個の直径は最大8㌢で梵字が記され、人の煩悩の数とされる108個がつながれています。期間中のみ、観音様の元につるされ、中をくぐって参拝すると、身も心も清められるとか。 長男で現社長の熊澤一郎さんは「信心深かった父が、多くの方に先祖供養、所願成就祈願をしてもらおうと始めた行事。コロナ禍や水害など、苦難の多い今年はぜひ、多くの方に参拝していただきたい」と話しています。0573(79)3222加子母観音。 恵峰HN (2020年7月31日 09:27)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 716号 タグ: お盆数珠くぐり供養...
掲載企業の詳しい情報は下記のホームページURLをクリックするとご覧いただけます。 ~安心・信頼・地域No.1宣言~ ケイナンクリーン株式会社 ホームページ https://www.keinan-clean.com TEL 0120-731-788 住所  【本社】〒509-7402 岐阜県恵那市岩村町富田2535-1 【中津川支社】〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林1173-1 恵峰HN (2021年5月14日...
恵那市明智町常盤町のホケンドー本店シャッターに、竜のモチーフで知られる多治見市出身の画家・デザイナー、木全靖陛の絵が描かれました。 同市観光協会明智支部長を務める社長の松井千明さんが、「インスタ映えするシャッターアートで商店街を盛り上げよう」と私費で製作=写真。竜のモチーフで知られ、大正ロマン館にも大作が展示されている木全さんに依頼したものです。 魅力ある景観形成のため周囲の店舗にも呼び掛けており、「大正モダンガールのさっそうと歩く姿が、”麒麟の後”の明智に新風を巻き起こしてくれるのでは」と期待を寄せています。 恵峰HN (2021年4月30日 18:59)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 733号 タグ: ケンドー本店 大正...
23日午前11時―午後2時、中津川市坂下のゲストハウス坂下で、本場のスリランカカレーなど7店舗が出店する「サカシタクラシ展 5月のカレフェス」が開かれます。 まちづくり・空き家再生・移住サポート等を行う一般社団法人「ロカテナ」と、Iターン・Uターンの若手農業者らでつくる「831(やさい)企画」が、感染予防対策を徹底した上で開催。 会場は、ロカテナ代表の柴田恵樹さんが経営する古民家を改装したゲストハウスと前庭、駐車場。キッチンカーを入れ、坂下在住のスリランカ人・アザールさん=写真左=が、独特の香辛料を用いた本場のカレーを提供します。 ほかにも伊那谷の野菜と鹿肉を煮込んだジビエカレーや、トマト農家による完熟トマト入りチキンカレーなど、一般の店では食べられないカレーが集結。いれたてコーヒーや雑貨販売、ミニライブもあります。090(4403)0309柴田さん 恵峰HN (2021年5月14日 10:50)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 734号 タグ:...
心の書画家・伊藤一樹さん(38)=恵那市岩村町在住=の講演会が発足。3月21日、地元の岩村コミュニティセンターで設立総会が開かれました。伊藤さんは(春日井市出身)は、事業の失敗を機に、自分を励ます言葉を書画で表現するように。評判になりましたが、間もなく重度のパニック障害を発症。平成26年、後援会の発起人で会長を務める後藤俊彦さん=岩村町=から重伝建地区内にある空き家の提供を受け、工房兼常設ギャラリーを開設。復帰後は、闘病生活の中で気付いた「当たり前の生活の中にある幸せ」などをテーマに創作活動を続け、学校や企業などで幅広く講演。ミラノ万博などに出展して好評を博し、昨年、名古屋城本丸御殿で開催した10周年記念展には、1万3000人が来場しました。後援会には、すでに県内外の約200人以上が入会。設立総会では、後藤会長らの挨拶に続いて伊藤さんが講演。「多くの方々と出会い、支えていただいたおかげで、やっと書画家としてのスタートラインに立つことができた」と話し、畳大の木板に気迫あふれる筆致で「道~ 一人で歩いているようで 皆に生かされている私の人生」と書き上げると、会場全体が大きな感動と拍手に包まれました。 恵峰HN (2019年4月 6日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 685号 タグ: ミラノ万博 伊藤一樹 岩村コミュニティセンター...
岩村藩(恵那市岩村町)出身の女子教育の先覚者、下田歌子(1854年―1936年10)が作詞した恵那・中津川・瑞浪市内の7校の校歌の歌詞と楽譜などを集めた冊子(A4判、36㌻)が完成。あす7日から、動画投稿サイトYouTubeで、校歌を披露するオンライン発表会と記念講演が公開されます。 元岩村町教育長で下田歌子が創設した実践女子大学内の下田歌子記念女性総合研究所客員研究員の鈴木隆一さん(80)=岩村町=が、同研究所の事業の一環として実施。地元の音楽家、染織研究家の田口修さん(58)の協力を得て、1年がかりでまとめました=写真。 収録されているのは、岩邑尋常高等小学校、大成国民学校、岐阜県恵南実科女学校、阿木尋常高等小学校、久須見尋常高等小学校、加子母国民学校、陶尋常高等小学校の校歌。 大阪音楽大学初代学長で「七夕」などを作曲した永井幸次が作曲した旧岩村高校の前身・恵南実科女学校の校歌は、同大の協力を得て、楽譜を収録。久須見尋常高等小学校は残っていたテープから、陶尋常高等小学校の校歌は、覚えていた人の歌から楽譜を起こしました。 本来は、1月にお披露目の会を開く予定でしたが、緊急事態宣言で延期しオンラインに変更。岩邑(恵那市)・恵那北(同)阿木・(中津川市)・加子母(同)の各小学校児童に各学校の校歌を合唱してもらい、その他の2校は、恵南地区の合唱団「恵南サンコーラス」に歌ってもらいました。 さらに1月31日、実践女子大同研究所専任研究員の久保貴子教授が「下田歌子と音楽」をテーマに行った記念講演を、サテライト会場の恵那南高校で関係者が聴講。その録画も同時配信します。 恵峰HN (2021年2月 5日 13:57)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年...
恵那市農政課は、運営するFacebookの「恵那食農ポータルサイトたべとる」で、「たべとる」目線の”おうち時間充実コンテンツ”配信を始めました。 恵那駅前のバロー恵那店2階に4月末オープンした、恵那中央出張所内のコミュニティキッチンスタジオで収録。主婦や生産者、プロの料理人などが、地元の食材を使ったメニューや子供と一緒に楽しめる料理、「免疫力を高める一皿」などを実演し、分かりやすく紹介。 レモン果汁で色が変わる”実験料理”「カラフル冷やし中華」や、発酵食品で免疫力アップを目指す「味噌玉」などが配信され好評を得ています。 この日は市内の酪農家らが、地元の原乳を使った産地限定「みのじ牛乳」の料理とデザートを紹介=写真。牛乳から高たんぱく低カロリーのカッテージチーズと甘酸っぱいホエイ(乳清)を作り、特長を生かした栄養満点のちらし寿司を調理。片栗粉で簡単にできる牛乳もちも作り、「休校で余った牛乳の消費にご協力を」と呼び掛けました。 「みのじ牛乳」はカネハチ商店(恵那市)、オークワ(中津川市)、JAグリーンセンター内美濃酪連直売所(同)で取扱い。 恵峰HN (2020年5月15日 16:13)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 711号 タグ:...
9日午後1時から、恵那市長島町の恵那文化センター大ホールで、筝曲、尺八、日本舞踊、民謡、民踊などの邦楽7社中が共演する「なな和会発表会」(同市文化振興会、中日新聞、恵峰ホームニュース後援)が盛大に開催されます。入場無料。先着200人に粗品進呈。 「邦楽の集い なな和会」(石居 山会長)が、邦楽の魅力を伝えようと毎年開催。7社中から70人が出演し、日本の伝統文化の真髄を紹介します。 出演社中は次の通り。 ▽日舞「たつよ会」▽民踊「藤多会」▽尺八「 山会」▽民謡「多歌寿会」▽民謡「多喜栄会」▽筝曲「祐づ希会」▽筝曲「古山雅楽○」 恵峰HN (2013年6月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2013年 551号 タグ:...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。 ・たまごや喫茶らんらん https://tabelog.com/gifu/A2103/A210302/21007778/ ・道の駅上矢作ラ・フォーレ福寿の里 https://fukujyunosato.com/ ・石川農園 https://ishikawafarm.info/ ・原モータース https://hara-motors.com/ ・オートモービルANDO https://loco.yahoo.co.jp/place/g-mncWc7CngmA/ ・株式会社原田開発 https://enacity.info/hrd-development/ ・道の駅...
建物に囲まれている、重機が使えない等々、困難な樹木の伐採を、ツリークライミングの技術と巧みなロープワークで成し遂げる「空師・樹木特殊伐採工」の田口恵将さん(37)=中津川市落合。 「大好きだった」祖父が林業で、物心ついた頃から、山仕事の道具を手入れする姿を見て成長。市内の企業で事務職として働いていましたが、31歳の秋、心機一転、林業・支障木伐採・林業従事者の育成などを行う市内の事業体に転職。6年間働き、さまざまな条件での樹木伐採を経験しました。 クレーンが入れない場所では、上部の伐採部分をロープワークで降ろしながら伐り進め、周囲の建造物や樹木を傷めることなく伐採。「目で見、手で触り、足で確かめながら」木に登り、繊細な作業に対応できる知識と技術を身に付けました。当時は、線路や道路際の障害木伐採が中心でしたが、「技術をより人の生活に近いところで生かせないか」と、昨秋独立。「恵 Tree Service」を設立し、「大きく成長し倒木が心配なので伐りたい」、「屋根の上に張り出した枝が危険なので何とかしたい」等々の注文に、確実かつ丁寧に応えてきました。 「危険や責任を伴う仕事ですが、お客様の『長年気になっていたのでほっとした』『安全を守りながら、大切な木が残せてうれしい』といった声が励み」と田口さん。「樹木伐採、枝落とし、危険木処理など、無理だと諦めていた案件も、気軽にご相談ください」と呼び掛けています。090(5856)8569。 恵峰HN (2021年3月 5日 18:23)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 729号 タグ: ツリークライミング ロープワーク...
12月2日、恵那市三郷町佐々良木の茅葺の家で、1日限りの器・絵・木工のジョイント展が開かれます。午前10時〜午後3時。 恵那市長島町のの木工家・安田吉伸さん(54)と、多くの公募展で入賞し詩画集なども出版している画家・有賀宣美さん(32)=多治見市幸町、父で陶芸家の祐一さん(75)のコラボ。 ダウン症で誕生時、「1週間の命」と宣告されながら母・韶子さんの愛情あふれる指導で才能を開花させた宣美さんは、母親と2人3脚で制作してきた詩画、絵本、ポストカードなどで「生命のメッセージ」を表現。 祐一さんは使い手の心と身体になじむカップや花器、宣美さんの額も手掛ける安田さんは、広葉樹の温もりが伝わる家具や、遊び心いっぱいの食器などを出展します。   恵峰HN (2012年12月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 540号...
新型コロナウイルスの感染拡大が課題になるなか、植物由来の除菌グッズが人気を集めています。 【恵那市のハッピーナチュラルは大豆成分の除菌スプレーが脚光 手指洗浄スプレーを新発売】 ナカヤマのナチュラル&オーガニック通販事業部・ハッピーナチュラル(恵那市東野)では 大豆脂肪酸と水を原料にした99.99%除菌できるオリジナル除菌スプレー「ハッピーソイ」の受注が急増。同じ成分で、乳幼児にも安全安心な洗浄スプレー「手指キレイナチュラ」を新発売しました。 洗浄・除菌・消臭・防カビが同時にでき、ペットシャンプーや野菜の残留農薬の洗浄にも適した「ハッピーソイ」(スプレーボトル入り、300㍉㍑、1200円)は一昨年発売。合成界面活性剤を使用せず、ナノ化された大豆成分(大豆アレルギー原因物質は除去)の自然作用で除菌・洗浄するため環境に優しいと好評を得ていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が20倍に増加。 消費者の要望に応え、化学物質過敏症やアトピー性皮膚炎などでアルコール消毒ができない人や乳幼児も安心して使える「手指キレイナチュラ」(80㍉㍑入り、1600円)を発売しました。 自身が化学物質過敏症で悩んだ経験から開発に取り組んだ田中美帆代表=写真=は「大豆油脂肪酸が皮膚をコーティングして汚れの再付着を防止。セイヨウシロヤナギ樹皮エキスが皮膚を清潔に保つので洗い流す必要がなく、水の使えないところでも安心です」と話しています。問い合わせはHP(「ハッピーナチュラル」で検索)0573-22-9188。 恵峰HN (2020年4月 2日 16:07)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ:...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。 ・かんぽの宿:https://www.kanponoyado.japanpost.jp/ena/index.html ・株式会社上見屋:http://agemiya.jp/ ・こうじキッチンこぎちゃん:https://00m.in/fqsZ5 ・アクアショップ新栄:https://shin-ei.aquaclara-web.jp/about/ ・安弘見神社:https://00m.in/K7Nq1 ・ら・じょわ中津川:http://www.la-joie.net/ ・有限会社恵北損保:https://keihokusonpo.com/company/detail.html 恵峰HN (2020年10月 1日 16:58)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。...
恵那市山岡町の林昌寺(宮地直樹住職)で、アトリエ童心庵の新春作品展が開かれています。31日(火、10-16時)まで。  石粉粘土人形作家としても活躍し、近年は創作紙芝居公演「夜の紙芝居」でも注目を集める宮地住職が、粘土人形の近作約100点を公開。自身の幼少時代を題材にした「こどもの人形」や、動物などをモチーフにした「てのひらの人形」から広がる癒やしの空間が好評で、8日(日)午後5時から、会場で「夜の紙芝居」の無料上映会を開きます。宮地住職は「東日本大震災の犠牲となった2万人の方々の供養と、未来への希望を紡ぐために」、千手観音ならぬ2万の手を持つ観音様を製作中。「萬の手プロジェクト」を立ち上げ、粘土、木、布など自由な題材で制作した「手」(横4-6cm、縦7-10cm)を募っています。問い合わせはTEL.0573(56)2089、Email:JIKIJU@aox.jp 恵峰HN (2012年1月 3日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 518号 タグ: 山岡町 恵那市...
“2年連続、家庭ごみの排出量ワースト1”の汚名を返上しようと、中津川市民と行政が協力して「8万人のごみ活♪」をスタート。「護美の日」のあす3日、六斎市会場でごみ拾いの後、初の「みんなでゴミを考えよう!53井戸端会議」を開催します。 中津川市民1人が家庭で1日に排出するごみの量は平成24、25年度、県内最多。24年度は881グラムで、県平均より136グラム多く、ごみ処理費用は10億2千万円。市民1人あたり1万2千360円負担していることになり、こままでは15年後に処分場が満杯になってしまいます。そこで同市は昨夏、市民・事業者・有識者・行政で構成する「中津川市ごみ減量検討市民会議」を設置。全市一体となってごみへの意識を高め、効果的な施策を行おうと取り組んでいます。 今回は、そのメンバーで市民グループ「地球まるまるはっぴい計画」の代表を務める村下美奈子さん=太田町=らが呼びかけ、行政と協働で「ごみ活」を実施。その第1回としてあすの催しを企画したものです。 あすは午前10時、アピタ中津川店前の洋菓子店「ピエダピエ」(えびす町)隣の小公園に集合。六斎市会場内のゴミ拾いを行った後、午後1時から、中山道歴史資料館会議室で「53井戸端会議」を実施。環境課の出前講座の後、ごみ減量について意見を交わします。 6月以降は毎月六斎市でブースを出す予定で、FBでも「ごみ活」中。詳細はwww.facebook.com/c.marumaru.h.k 恵峰HN (2015年5月 2日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 595号...
“次世代まで1000年生き続ける森“を目指し、企業と地元住民が共に守るリコーエレメックス恵那事業所(恵那市長島町)周辺の「リコーえなの森」。 10年以上前からSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んできたこの活動に今、注目が集まっています。  ▽ 大手事務機器メーカーのリコーグループ(本部・東京都)は2010年、名古屋で開催された生物多様性条約締約国会議COP10を機に森林保全活動をスタート。同年秋、1963年の恵那事業所建設時に取得し、その後も手付かずになっていた里山の植生調査を行ったところ、絶滅危惧種を含む多様な湿生植物が生息し、独自の生態系が残っていることが判明。 そこで翌年、同事業所社員が中心となって東京ドーム10個分(40ha以上)に相当する森林の保全活動に着手。さらに、この貴重な森林資源を地域の人々と一緒に活用したいと、2014年、地元住民の代表者、地元企業、地元NPO団体、リコー関連会社で構成される組織「リコーえなの森中山道里山協議会」(亀井三男代表)を設立しました。 毎月、第2土曜日に行われる活動では、地元のボランティアとリコーグループ社員が協力して間伐・枝打ち等を行い、枝などはチップ化して遊歩道に散布。間伐材は皮をむき、ログハウスや展望台を建築。遊歩道(2・5㌔)を整備し、学習林としての機能を加えたほか、未就学児対象の「森の幼稚園」、湿地に生息するトンボなどの観察会も開催。 保全活動の参加者には、毎回、地元の「社会福祉法人 たんぽぽ福祉会」の製品が購入できる地域通貨「たんぽぽ券」を進呈しています。 ■名商大留学生も提言 さらに本年度、リコーえなの森中山道里山協議会と恵那市役所、恵那市国際交流協会が、協力団体として名古屋商科大学大学院のSDGプロジェクトに参加。オンライン形式で行われた全4回の授業には、16カ国から17人の留学生が参加してSDGsへの理解を深め、昨年末の最終授業では「リコーえなの森」の今後の活用法について発表。「“SDGsの学校“として他の事業体にも活用してもらう」など、斬新な提言が行われました。 プロジェクト参加者で、長年、リコーエレメックス社員として事業に関わり、リコーえなの森中山道里山協議会の書記会計を務める吉安尚久さん(65)は「留学生には現地の視察もしていただき、有意義な機会になった。環境保全にとどまらず、活動を通じて次世代育成やコミュニティの活性化・発展に寄与していきたい」と話していました。次回の活動は3月13日。問い合わせは090(9229)4936吉安さん。 恵峰HN (2021年2月18日 11:58)||...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。   高濃度水素酸素吸入 水素サロン早川   恵那花の木ファーム 水素サロン事業部   高濃度水素酸素吸入 水素サロンECO   高濃度水素酸素吸入 山紫ハヤカワ  ...
恵那市上矢作下の「いしかわイチゴ農園」では、間伐材を燃やした熱でイチゴを栽培。木質バイオマスを利用した循環型農業で山を守り、矢作水系の源流を守る取り組みが注目されています。 中央アルプスの愛南端にあたる上矢作は矢作水系の源流域の一つ。代表の石川右木(ゆき)子さんは5年前、林業に携わる人から、「木がお金にならないため山が放置され、年々荒れていく」という現状を聞き、このままでは流域の人々の生活に支障が出ると危惧。これまで化石燃料を使っていたイチゴ栽培の熱源を、間伐材に変えようと決意したのです。 昨年1月から準備して6棟、2000平方㍍のビニールハウスを新設し、イチゴ本来の味を生かしながら作業効率も考慮した高設・土耕栽培で、章姫と紅ほっぺ25000株を栽培。 薪ボイラーと薪ストーブを導入し、森林保護に努める地元のNPOから間伐材の薪を購入。真冬は氷点下10度近くになる厳寒の地でハウス内を5度に保ち、ボイラーで沸かした湯をイチゴが植わった土の下に通して「ゆっくりじっくり」栽培。 糖度が高く味の濃いイチゴは、大きなもので1粒40㌘以上あり、直売所などで販売し全国に発送しています。 いちご狩りは、45ある全長70㍍のレーンが貸し切りで安心。取ったイチゴでパフェを作って食べられるよう、無料のトッピングも用意されています。石川さんは「今のところコストは同程度。山を守ることが下流の多くの方の水源を守ることにつながれば」と話しています。 恵峰HN (2021年3月 5日 18:09)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年...
恵那市長島町正家の恵那総合庁舎西に、子供から大人まで楽しめる約2000冊の絵本を備えた本とごはんの店「ある日」がオープンしました。 オーナーは、元教員の榊原悠介さんと、『あらしのよるに』などで知られる絵本作家・あべ弘士さんを父に持つ真以子さん夫妻。 悠介さんは講談社絵本新人賞で佳作を受賞、真以子さんは長年、著名な絵本専門店に勤務。絵本を愛してやまない2人が、その魅力を多くの人に伝えたいと始めました。 入口ではオープン記念にあべ弘士さんがライブペイントした壁画=写真=がお出迎え。店内には絵本を再現した小部屋や小上がり、ソファなどがあり、約1000冊の絵本を無料公開。2人が厳選した約1000冊の良書や小物も販売し、本選びのアドバイスが受けられます。 モーニング・ランチ・カフェタイムがあり、大きな窓から自然も満喫できる癒しの空間。日・月・祝日が定休です。 恵峰HN (2020年3月20日 17:24)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 707号 タグ:...
  恵那市大井町の白鳩学園に3月10日、名古屋市中区で「鮨屋とんぼ」を営む恵那市出身の稲垣太さんと恵那すし組合の林満会長、照寿庵のすし職人ら4人が出張し、約50人の子どもたちと職員に握りずしを振る舞いました。 稲垣さんが、7年前から毎年行っている社会貢献活動で、恵那すし組合とコラボして3年目。マグロやブリ、イクラやサーモンなど15種類もの新鮮な寿司ネタに加え、稲荷ずしやえびの天ぷらまで持参して、握りたてをテーブルの上にずらり。 緊急事態宣言で延期され、心待ちにしていた子どもたちは、何度もお代わりしてプロの味を堪能していました。 恵峰HN (2021年3月18日 15:47)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 730号 タグ: すし職人...
千本のソメイヨシノが咲き競う”桜の名所”恵那市串原の奥矢作湖畔大野公園で2012年4月8日(日)、「奥矢作湖さくらまつり」が開かれます。 矢作ダムが建設された1969年当時に植樹されたもので、見ごろの15日(日)まで夜間(18時半–21時半)はライトアップ。祭りは住民有志でつくる串原さくらまつり実行委員会が毎年開いています。当日は午前11時20分からの開会式に続き、鈴村侑子、山本さゆり、松田敏来、並木ちよこさんらの「歌謡ショー」、「カラオケ大会」(13時–)、「景品付きもち投げ大会」(15時–)などイベント満載。おいしい串原特産品バザーでは、「くしはら田舎じまんの会」のちらし寿司、へぼご飯や「ゴーバル」の炭焼きフランク、松本屋の和菓子、千菊屋の焼きそば、たこ焼きなど、地元の物産を販売します。写真は、千本が咲き競う桜並木(昨年) 恵峰HN (2012年4月 7日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 524号 タグ: 串原 奥矢作湖...
氷の器に入ったろうそく750個を灯して幻想的な冬の夜を彩る「アイスキャンドルナイト」があす5日と14日、24日の午後7-10時、木曽郡南木曽町吾妻のホテル木曽路で開催されます。 木曽路の宿場町などにアイスキャンドルを並べる「氷雪の灯(ひ)祭り」に合わせ、宿泊客らに楽しんでもらおうと初めて企画。1月から計6回実施するもので、見学は無料です。 当日は中庭にあるテラスのウッドデッキに沿ってアイスキャンドルが並べられ、水を抜いた池にも流れ星をイメージして設置。周囲の雪景色と相まって幻想的な雰囲気を醸し出し、宿泊客らを喜ばせています。 同ホテルでは、アイスキャンドルナイトを盛り上げようと日帰り企画「ラウンジカクテル+温泉入浴セット」(1,620円)などを用意し、期間限定でナイトラウンジを営業。問い合わせはTEL.0264(58)1126。 恵峰HN (2017年2月 4日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 635号 タグ:...
中津川市のアマチュア劇団「夜明け」の第69回定期公演が、8日午後6時30分からと9日午後1時30分からの2回、同市かやの木町の中津川文化会館で行われます。 同劇団は1956年、演劇サークルとしてスタートし、再来年60周年。演出の鈴木弘文さんを中心に、演劇を通じて、地域文化の振興に貢献。今回は長い歴史の中でも初のサスペンスドラマ「夜の来訪者」を上演します。 社会的不平等の改善をテーマにしたJ・Bブリーストリーの原作を、劇作家内村直也が舞台を日本に移して翻訳した作品。 1951年、俳優座が初演して以来、演劇界に多大な影響を与えてきた名作です。 チケットは前売一般2千円、シルバー千500円、高校生以下千円(当日は300円増)。各プレーガイドで取扱い。問い合わせはTEL.0573(66)6036鈴木さん。 恵峰HN (2014年2月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 566号...
中津川市出身のバンド「theCanadianClub(ザ カナディアン クラブ)」がNHK名古屋放送局の人気音楽番組「Uta-Tube」のオーディションコーナーでグランプリを獲得。あす3日、同市街地で開催される「六斎市」で記念の無料ストリートライブを開催します。 毎週木曜夜、放送される同番組内の「New-Tube」は、若手の登竜門。175組の中からグランプリに選ばれたtheCanadianCluは2004年に結成。メンバーは岐阜エフエム放送パーソナリティも務めるボーカルギターの志津利弘さん(福岡)、ドラムボーカルの桂川知也(川上)ベースの大地利典(苗木)で、全員、同市出身、在住です。 08年、1stアルバム「Symmetry」で全国デビューし、昨年は中津川市制60周年記念キャンペーンソング「カラフル」を作成。 代表曲の1つ「バックグラウンドミュージック」が、4月に長野市で開催される参加者1万人規模の「長野マラソン」で公式テーマソングに採用されるなど、幅広い音楽活動を展開。 あす3月3日は午前11時と午後2時から、中津川市本町の中山道歴史資料館前で報告ライブを行います。 恵峰HN (2013年3月 2日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2013年 545号...
「第46回ジュニアオリンピック陸上競技大会」(10月23-25日、日産スタジアム)の男子110メートルハードル(中2)で、中津川市坂本中学校2年生の森澤翔尉さん(14)=写真=が優勝。念願の”全国1”に輝きました。森澤さんは昨年と一昨年、同じ会場で開かれた全国大会に出場し、いずれも2位。「今度こそ」と臨んだ今大会では、2位と同タイムの14秒77で、接戦を制しました。「追われる立場になるので、より努力したい」と森澤さん。「来年の長野全中優勝、ジュニアオリンピック2連勝が目標」と笑顔を見せていました。 恵峰HN (2015年11月 7日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 607号 タグ: ジュニアオリンピック陸上競技大会 優勝 坂本中学校...
恵那市大井町の創作日本料理店「水半茶寮」で、幸兵衛窯(多治見市市之倉)の夏の新作展が開かれています。8月19日まで。幸兵衛窯は文化初年(1804年)、初代加藤幸兵衛が開窯し、江戸城に染付け食器を納める御用窯に。6代加藤卓男さんは、ラスター彩復元をはじめ、青釉・三彩・ペルシャ色絵などの異民族文化を日本文化と融合させ、国指定重要無形文化財保持者に認定。展示館を含む施設は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」で2つ星を獲得しています。幸兵衛窯によれば恵那・中津川で初の展示会ということで、世界最古の釉薬とされる青釉のアクセサリーからペルシャ色絵のカップ&ソーサー、三彩のプレートまで約100点を展示、販売。来場者の目を引き付けています。TEL.0573(25)2110。  恵峰HN (2012年8月 4日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 532号 タグ: 加藤卓男 大井町 幸兵衛窯...
恵那市大井町の中山道広重美術館で、香港の大学生らが版画と落款(らっかん)作りを体験しました。 参加したのは、昨年、留学生が同様の体験をした名古屋商科大学のパートナー校である香港公開大学の3年生32人。 恵那西中学校と同美術館、観光協会大井支部、しぶろく大井宿、商店街連合会などが、「版画のあるまち」中山道大井宿で”オンリーワンの作品と思い出”をつくってもらおうと企画。同中学校美術教諭が講師となり、同校の生徒や地元の版画家、市民有志がサポートしました。 大学生らは全員、版画が初体験。土屋さんから版画・落款の魅力や作り方について説明を受けた後、スマートフォンで図柄や文字を探して下絵を描き、消しゴムはんこに彫刻=写真。完成すると絵の具を付けてスタンプのように押し、「世界に1枚」の絵はがきを完成させて投函しました。 体験を終えた大学生らは、「とても楽しく勉強になった」「最高のお土産ができた」と笑顔を見せていました。 恵峰HN (2020年2月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 704号...
中山道ぎふ17宿の本陣で唯一、建物全体が現存する中津川市落合の落合宿本陣(国指定史跡)。市の委託を受けた「落合宿本陣ガイドボランティアの会」(水野克司会長)が、3月から毎週日曜日の午前9時-午後4時、無料で一般公開し、案内しています。 現在の落合宿本陣は文化15年に再建されたもので土蔵造、瓦葺き436平方メートル。敷地面積は1060平方メートルで、格式ある表門は加賀前田家から寄進されたと伝えられています。文久元(1861)年に皇女・和宮、明治13(1880)年には明治天皇が御小休。 明治14年に大規模な修理が行われましたが、和宮や天皇が宿泊された上段の間など内部には手を加えず、往時のまま。平成22年、国指定史跡となった後も15代当主の住まいとなっていたため公開されることはありませんでした。 しかし同26年に市有となって以後、公開を検討。地元有志がガイドボランティアの会を結成し、庭の整備や立札、行燈や案内板の設置など準備。ついに今年3月、公開に踏み切りました。 強度に課題があるため畳の間に上がることはできませんが、小姓の間、上段の間や安全確保のための抜け穴、姿見の障子などについて説明してもらうことができます。 「他県からの団体客や、外国人観光客が多いことに驚いている」と水野会長。「地元に残る貴重な文化財を多くの方にご理解いただき、後世につなげていきたい」と話しています。 恵峰HN (2017年5月 6日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年...
「恵峰WEB」は引っ越します!!恵峰ホームニュースと併せて長年皆様に親しまれてきました「恵峰WEB」ですが、さらに身近な情報をお届けできるよう、「けいほううぇぶ」とサイト名を改め、こちらのサイトに最新記事をアップしていきます!! 引き続き、「けいほううぇぶ」をどうぞよろしくお願い致します。 また、是非ブックマークをお願い致します!! けいほううぇぶ https://keihoweb.com/ 恵峰HN (2021年6月 4日 17:58)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 最新記事はこちら...
中津川市付知町の観光名所・付知峡は新緑に包まれ、森林浴に最適なシーズンを迎えています。 「森林浴の森日本100選」「岐阜県名水50選」「飛騨美濃紅葉33選」などに選定され、年中楽しめる付知峡。中でも5月のGW前後は随所にシャクナゲの花が見られ散策に最適。今年は花の時期が早く、1週間ほど前から見頃となっています=写真は4月25日撮影。  不動公園駐車場(無料)に車を止め、860㍍ほどの付知峡遊歩道を歩いていくと、糸のように岩肌を流れる『観音滝』や、水量が多くダイナミックな『不動滝』などが見られ、マイナスイオンがいっぱい。  関係者は「屋外でも新型コロナウイルス感染症拡大防止のため密集・密接を避け、マスク着用等の咳エチケットは守ってほしい」と呼び掛けています。問い合わせは0573-82-4737 付知町観光協会へ。 恵峰HN (2021年4月30日 19:03)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 733号 タグ:...
動物をテーマに描く洋画家・成田淑恵さん=恵那市大井町=が、国内最大級の美術公募展「第95回 国展」の絵画部で国画賞を受賞しました。 成田さんは動物を複数の画材を使ったミックストメディアで表現して独自の画風を確立。「上野の森美術館大賞展」優秀賞、「TYK絵画大賞展」大賞などを受賞し、2017年、東京銀座の日動画廊が主催する「昭和会展」で優秀賞を受賞後は、毎年、同画廊の展示会に出展し、銀座で個展を開催しています。 国展には、一昨年初出品して入選。昨年は緊急事態宣言下で中止となったことから、今回は2年がかりで完成させた130号の油彩画『Voice…Elephant』を出品。絵画部の本選出品者345人のうち2人に授与される国画賞に輝いたものです。 作品は、アフリカゾウ激減の原因となっている象牙目当ての密猟をテーマにしたもので、モノクロで描かれたゾウと赤色の背景で、怒りや悲しみを表現。 「思ってもいなかったことで、自分でも驚いています。賞に恥じないよう、歩みを止めずに描き続けていきたい」と成田さん。東京の国立新美術館で開催される予定だった本展が緊急事態宣言下で中止となり、25日―30日、愛知県美術館ギャラリーで開催の名古屋展で初めて紹介される予定です。 恵峰HN (2021年5月14日 11:17)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 734号...
約20種類15000鉢のカーネーションを栽培する中津川市加子母の「ますだ農園」では、9日の「母の日」を前に、出荷の最盛期を迎えています。  この時期カーネーションを出荷するために、昨年10月に植え付けをする生産者の三浦綱彦さん・ちえ子さん夫妻。気温が低い加子母では11月から暖房が必要で、経費も手間もかかりますが、「色とりどりで香りもいいカーネーションに触れているだけで幸せ」。 今年は『イチゴホイップ』『アラモードオレンジ』など、スイーツを連想させるヴィヴィッドカラーが人気。「例年より出足が早く、すでに五号鉢は予約で完売した」ということです。 恵峰HN (2021年4月30日 18:47)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 733号 タグ: ますだ農園 アラモードオレンジ...
年間を通じて1日のほとんどを自然の中で過ごし、五感を使った直接的体験を通じて、園児自らが生きる力を学び取る中津川市蛭川の「森のようちえん くりくり」(認可外保育園)。「森を先生、山を園庭」に、異年齢の子どもたちが自然の中での暮らしを通してのびのびと育ち合う保育・幼児教育に注目が集まっています。 北欧発祥の「森のようちえん」を恵那・中津川市で初の「森のようちえん」を開いたのは市民団体「いのちもり」を主宰する古田浩之代表(50)。  関市出身の元中学校教諭で、12年前、自然と共生する暮らしと教育を目指し、蛭川に移住。手入れができなくなった山を山主の理解を得て借り受け、森の再生と子どもたちの遊び場づくりに着手。  間伐などをしながら山の材料を使い、川や沢など自然の地形を生かして整備してきました。  開園した2019年4月には5人が入園し、昨年7月、認可外保育園に。4人が卒園し、本年度は3―5歳の12人が通園しています。 子どもたちは登園し、皆で朝の会をしてからは、ほぼ自分たちがしたいように行動。火曜日は「冒険の日」で山に登り、木曜日は「土の日」で畑や田んぼの仕事を体験。「ごはんの日」の水曜日は、火おこしから始め、3歳児も包丁を持って調理しますが、あくまでも自由意志。自分で考えて行動し、「先生」ではなく、名前で呼び合うスタッフはサポート役に徹しています。  子どもたちは、5㍍ほどの落差がある沢に向かって漕ぎ出す木のブランコや、高さが3㍍ほどもある間伐材のジムなど、ともすれば危険を伴う遊具を巧みに活用。川で遊んだり、トカゲや虫を捕まえて観察したりして楽しんでいます。 外で過ごすのは、氷点下の真冬も同じ。雨の日も雨合羽を着て同様に過ごしますが、「昨年度、風邪などの病気で休んだ子どもは皆無」(古田代表)。 その代わり、擦り傷、打ち身は日常で、幼稚園教諭・保育士や小学校教諭などの経験を持つ9人のスタッフは、リスクマネジメントや子どもの救急救命法講習などを受講済。数㌶に及ぶ「森が園庭」とあって、トランシーバーを持って移動しています。 こうした中で子どもたちの自主性と生きる力、自然に対する畏敬の念や「自然とつながっている」という実感が育まれると好評で、「入園希望に応じきれないのが悩み」と古田代表。「すべてが遊びで、すべてが学び。私たちの仕事は、子どもたちの育ちの芽を信じ、子ども自身の力でできる瞬間を待つことです」と話しています。詳細はHP(「森のようちえん くりくり」で検索)で。 恵峰HN (2021年5月14日 10:57)|| トラックバック(0)...
中津川市落合地区に伝わる昔話を集めた『落合の民話』(A4判、111㌻、カラー刷、落合まちづくり推進協議会発行)が増刷、販売されることになり、31日まで予約を受け付けています。 同協議会の「落合のすばらしさを後世に伝える委員会」が、落合公民館が1965年に発刊し、その後三尾俊子さんの編集で再発行した『落合の伝説』などを参考に編集。新たに10話を加えて53話を収録し、今年3月、100部を刊行。地元の小中学校や保育園等に寄贈しましたが、購入希望者が多く増刷。 江戸時代の落合の名物や3つある「狐膏薬」の話などに加え、26の地名考も収録されています。価格は1000円―1500円の予定で、部数が多いほど安くなる見込み。申し込み、問い合わせは午前9時―午後5時 0573(69)3201落合事務所内同協議会へ。 恵峰HN (2021年5月14日 11:11)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 734号 タグ: 中津川市落合地区...
きょう1日、恵那市大井町入道坂に”1日1組限定”の「癒しの森キャンプ場」(約900平方㍍)がプレオープンします。矢頭重保さん=大井長島=が、幼いころから癒しの場となっていた祖先伝来の持ち山の一部を自身で整備。市街地に近く、木製ステージや囲炉裏部屋まである「コロナ禍にぴったり」のプライベートキャンプ場を、今月いっぱい予約制で無料開放します。 東に恵那山・中央アルプス、西北に笠置山を望むこの山は、矢頭さんが物心ついた頃から父や祖父と共に訪れ、鳥のさえずりを聞きながら過ごした遊び場。学生時代や社会人になってからも、勉強や仕事に疲れると訪れ、新鮮な空気を吸って「元気をもらって」きました。 しかも恵那駅、中央道恵那IC、恵那峡から自動車で10分足らずと交通の便も抜群。「閉塞した現代社会を生きる人々がリフレッシュする場になれば」と、1日1組限定の貸し切りキャンプ場をつくることにしました。 工業高校で建築を学び、長年、多治見市役所の建設課に勤務した知見を活かし、昨年8月、整備に着手。多目的トイレや炊事場はもちろん、イベントにも活用できるよう木製ステージも手づくり。元鳥屋(とや)を改装した囲炉裏部屋や栗畑・果樹園・シイタケ園等があり、電源完備で、さまざまな楽しみ方ができます。 矢頭さんは、「感染リスクの少ない癒やしの場を提供すると共に、恵那市の観光振興に寄与できればと企画しました。今月中は多くの方に見学、ご利用いただいて意見をうかがい、改善した上で本格オープンしたい」と張り切っています。 恵峰HN (2021年4月30日 19:07)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 733号 タグ:...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。   ちこり村 https://www.chicory.jp/   ハヤカワ   アボウオーキッド https://abou-orchid.com/   大鋸酒店 https://www.nakasendo-ohga.com/   道の駅賤母...
中島工務店(中島紀于社長 本社・中津川市加子母)が、440年ぶりの大修理やそれに伴う歴史的発見で話題を集めている御嵩町の願興寺本堂(国指定重要文化財)を解体する“世紀のプロジェクト“をを成功させました。 願興寺は815年、天台宗の開祖・最澄が布施屋(無料宿泊所)を建てたのが始まりとされ、本堂と本尊の薬師如来坐像などが国の重要文化財に指定されています。寺伝によれば、本堂は戦火で2度焼失し1581年に再建。440年が経過し、老朽化が進んだため、10年計画で全解体修理工事が行われているのです。 しかし、通常の解体工事とは違い「使える部材を再利用して再建する」一大プロジェクト。国の重要文化財だけに失敗は許されず、多くの文化財、古刹の修復にあたってきた中島工務店が施工を任されました。 まずは2018年、工事中の建築物を保護するための素屋根の基礎工事に着手し、本堂解体作業前には柱や床板、壁板等すべての部材に番付を記し「番付図」として記録。  本尊を安置する宮殿(くうでん)は曳家で移動。壁板を外すと、墨で書かれた無数の落書きや打ち付けられた羽子板などが現れ、参拝に訪れた旅人による「天正六年」(寺伝では天正9年再建)との墨書もあって「歴史を変える発見」と話題を集めました。 同社では腐朽著しい壁板や墨蹟を保護するため、さまざまな「養生」を行った上で丁寧に解体。今年1月末までかけ、慎重に作業が進められました。 途中、地元住民や学校対象の現場公開を行ったことがきっかけで、TOKIOの城島茂さんと、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧さんが進行するNHKの番組『解体キングダム』の取材を受け、1月と3月に放映。大きな反響を呼びました。 本堂解体工事に携わった中島工務店専属大工の田口保則さんは、「400年前、焼き討ちされた寺を何とか再建しようと奮闘した人たちの思いが伝わり感動しました。こうした工事に携わることができたことを誇りに感じます」と話していました。 恵峰HN (2021年4月15日 13:36)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ:...
恵那市三郷町野井出身の医師・市川敏男さん=名古屋市=が、故郷の天長寺に梵鐘を寄進。80余年ぶりに野井地区に鐘の音が響きわたりました。 市川さんは地元の旧家の末子として誕生。地元の小・中学校、恵那高校を経て名古屋大学医学部に進み、卒業後は名古屋逓信病院に勤務し、令和元年、瑞宝小綬章を受章。「故郷に何かの形で恩返しがしたい」という想いから、先祖代々、檀家総代を務めてきた天長寺に、「平和の象徴」とされる梵鐘を寄進することにしました。 同寺は、岩村藩丹羽氏ゆかりの古刹。しかし、第二次世界大戦が激化した昭和16(1941)年頃、武器の資材として梵鐘を供出。地区内の別の寺も同様で、野井では80年以上、鐘の音が途絶えていたのです。 凛然と品格を漂わせる梵鐘には、市川さんの想いを受けた森知孝住職が、人々の幸せを願い、疫病退散を念じて書いた銘文が金文字で記されています。 4月12日、同寺の大般若祈祷法要を前に、市川さん夫妻を迎えて梵鐘法要が行われ、寺の役員らにお披露目。読経の後、交代で鐘楼門に登って初鐘を打ち、70代の男性は「立派な鐘楼はあっても梵鐘を見たことがなかったので、本当にうれしい」と喜びを語っていました。 森住職から市川さんにお礼の言葉と感謝状が贈られた後、同寺総代長の宮地政臣さんが、「長年途絶えていた除夜の鐘を今年から復活させ、”幸せの鐘”として打ち続けていきたい」とあいさつ。 市川さんは「豊かな自然に包まれて生まれ、育ち、学んだふるさとに感謝し、皆様の末永い幸せを願って寄進させていただきました」と話していました。 恵峰HN (2021年4月30日 19:10)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年...
各店の詳しい情報は下記HPスポンサーのURLをクリックすると店舗情報をご覧いただけます。 ・スマイル https://www.nakatsugawa-smile.com/ ・株式会社上見屋 http://agemiya.jp/ ・有限会社宴物産 https://www.utage-s.com/ ・YOU遊館 http://www.youmori.com/info/ ・保古の湖 キャンプ場 https://enasansou.net/camp.php ・付知峡宮島キャンプ場・アオミキャンプ場 http://www.tsukechi.jp/camp_miya/...
苗木城跡・苗木遠山史料館友の会(傍島善雄会長)が、苗木城の歴史を読み込んだ『苗木城かるた』(解説書・マップ含め1000円)を発売しました。 同会は一昨年、国指定史跡、「続日本の百名城」の1つで令和元年には15万人が訪れた苗木城跡について楽しく学んでもらおうと、かるたの制作を企画。読み札を公募し、460件の中から44組を選んで、市の助成金を受けて制作しました。 「あ」は「戦乱のとき乗り越えし 赤壁城  敵から守る自然の地形」というように短歌形式で、3句目にキーワードが読み込まれているのが特徴。 絵札の原画は、地元の画家が、読み札の現地を見て制作。親しみやすいかるたに仕上がりました。 傍島会長は「多くの方々にご利用いただけるよう、箱詰めなどは役員が行って価格を抑えました。解説書にはガイドができるくらいの内容が収められていますので、かるたで覚え、マップを手に巡って苗木城を再発見してほしい」と話しています。問い合わせは0573(66)8181同史料館へ。 恵峰HN (2021年5月14日 11:05)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2021年 734号...
市民有志でつくる「版画のあるまち」企画懇談会(永谷繁明座長)が、開館20周年を迎えた中山道広重美術館や16年目を迎えた「子ども版画コンクール」など、同市の文化的資源を生かしたまちづくりを小坂喬峰市長に提言しました。 歌川広重の版画作品を中心に1,400点以上の美術品を所蔵し、広重と渓斎英泉合作の「木曽海道六拾九次之内」を全71図そろえて高い評価を得ている中山道広重美術館。70年ほど前から学校教育に版画を取り入れ、2004年から「子ども版画コンクール」を実施して毎年3000点近くの応募がある恵那市。こうした資源を生かしたまちづくりは、これまでも提言されてきましたが、今一つ足並みがそろいませんでした。 そこで二科展審査員の書家、デザイナーで同美術館副理事長の永谷座長=長島町、写真左=と、日本福祉大中央福祉専門学校非常勤講師で、今年度の「第一回 版画年賀状グランプリ」でグランプリを受賞するなど精力的に活動している版画家の市川彰さん(67)=写真右=らが呼び掛け、昨年5月、企画懇談会を発足。さまざまな立場の市民10人が1年がかりでアイデアを出し合い、版画喫茶開設や版画甲子園・中山道版画コンクールの開催、版画ポスター・一筆箋作成など、中長期の15案を提言。うち恵那市美術展の版画の部創設と、版画看板の設置はすでに実現に向けて進んでいます。 永谷さんらは「街中に街道や史跡、美術館がある都市は少なく、恵那ほど版画の似合うまちはありません。自分たちのできることから地道に取り組み、やがては『版画のあるまち恵那』として全国、世界に知られるようにしたい」と賛同者を募っています。 恵峰HN (2020年2月14日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 705号 タグ:...
がん征圧や患者・家族の交流、支援を目的とする慈善イベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2020東美濃」が5月9日―10日、恵那市長島町の阿木川公園を中心に開催されるのを前に、同市防災センターで説明会が開かれました=写真。 24時間、交代で歩き続けながら交流し、がん研究や検診の受診率向上などに役立てる募金を呼びかける催し。世界30カ国、国内では55カ所で開催され、県内で2カ所目。毎月、瑞浪市で患者・家族と医療関係者の交流会「ぬくたカフェ」を開いている一般社団法人「がんサポート東美濃」の関係者らでつくる実行委員会が主催します。 1月26日の説明会には市内外から130人が参加。西尾守実行委員長の挨拶に続き、市内で在宅ケアクリニックを開く鷲津潤爾医師が趣意説明。「がんに負けない地域、未来に向けて一緒に歩きだしましょう」と呼びかけました。 実行委員で外来がん治療認定薬剤師の隅田美紀さん(52)は「地元出身のがん治療の第一人者が講演するほか多彩な催しを予定。患者・家族・遺族やがんを克服した人たちと医療・介護・福祉関係者、市民がつながり、安心して胸を張って生活できる地域にするために、多くの方々に参加していただきたい」と話していました。、参加費千円(寄付金、がんサバイバーと学生は無料)で申し込みは3月31日まで。申し込み問い合わせは電子メールrfl-eastmino@support- eastmino.sakura.ne.jpへ。 恵峰HN (2020年2月14日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2020年 705号 タグ:...
中津商業高校(中津川市駒場)バトントワーリング部が11月4日に開催された東海大会ポンポン部門で優勝し、12月7日千葉県幕張メッセで開催される「第47回バトントワーリング全国大会」出場を決定。23日午後1時30分から、恵那市の恵那文化センター集会室で開催される「吹奏楽部・バトントワーリング部発表会」ではつらつとした演技を披露します。 全国大会出場は6回目で、一昨年は全国2位の金賞を受賞。今年は「choice」をテーマに、人生の生き方を表現。部員らは「一人一人の技術を集結させ、観る人に感動を与える演技で金賞を目指したい」と意気込んでいます。 恵峰HN (2019年11月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 700号 タグ: バトントワーリング 中津商業高校 全国大会...
ロクロで木を削り、世界に1つのこけしを作りませんか? 長野県木曽郡南木曽町読書にある蘇南高校の生徒らが、24日午前9時―正午頃、同校美術室で開催する「こけし作り体験」の参加者を募っています。 南木曽の木とロクロ細工の統技術伝を使って制作するもので、伝統工芸士がアドバイス。絵付けまでして持ち帰ることができます。 参加費は1組千円(保険料、材料代含)で、親子、友人と一緒でも、1人でも可。申し込みは11月18日までに080(6914)4325川本さんへ。 恵峰HN (2019年11月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 700号 タグ: こけし...
中津川市千旦林の龍馬神社で11月3日午前11時から例大祭が営まれ、幕末の英雄・坂本龍馬に扮した子供たちの稚児行列が行われます。 同神社は1996年、龍馬を敬愛する千村康秀宮司が、高知県の佐川龍馬神社から勧請して建立した、龍馬を祭神とする全国2番目の神社。大祭には 9組の”ミニ龍馬”の衣裳を用意して仮装稚児行列を行い、10月15日現在、身長120㌢と130㌢前後の各3人を募集。今年から巫女も加わり、身長110―130㌢の女子・4人も募っています。 参加費は千円で、無病息災・学芸上達・交通安全のご祈祷をしたお守りとお菓子を進呈。当日は午前9時45分から受け付けして記念撮影し、11時からの修祓(しゅばつ・お清め)に続いて参進(行列)。「浦安の舞」を奉納した後、直会で、龍馬の好物・軍鶏鍋や五平餅が振る舞われます。 同神社では、随時、七五三詣りを受付中。問い合わせはホームページ(「龍馬神社 中津川」で検索)。   恵峰HN (2019年10月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 698号...
地域おこしのアイコン・ヘボ(クロスズメバチ)をこよなく愛する女性たち、恵那市串原の”ヘボガールズ”が天然巣の採取から加工・販売まで手掛ける「ヘボ屋」を結成。11月3日に開催される「くしはらヘボまつり」を盛り上げようと張り切っています=写真。 メンバーは三宅正子さん、平林真衣さん、安藤菜月さん、川上ひとみさんの4人。トマト農家や会社員、主婦などさまざまですが、皆、家族が「くしはらヘボまつり」の実行委員を務めるなどヘボを愛好。ヘボに親しみ、山に出かけて巣を採取する活動にも挑戦しています。 地元では昨年、イベントなどでヘボ料理を提供してきた地元の女性グループが高齢化などで解散。そこで自分たちが伝統を守ろうと、5月にグループを結成し、6月のホタルまつりでヘボ入りほう葉ずしなどを提供。9月に東京で開催されたイベントには、恵那市の事業の一環として参加し、甘露煮や地バチを表面にプレスしたオリジナル「ヘボせん」を販売し、好評を博しました。 来月3日の「くしはらヘボまつり」では、自慢の「ヘボご飯」をはじめ、「ヘボせん」や甘露煮などを提供。「ヘボを通じて、全国の方々に串原の素晴らしさを伝えたい。”山里の珍味”をぜひ味わって」と来場を呼び掛けています。 恵峰HN (2019年10月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 698号 タグ: イベント...
黒田歌謡教室(本部・中津川市新町)を主宰する黒田泰弘さん(75)の「師範活動30周年記念ディナーショー」が8月31日、市内のパルティールAI開かれ100人が節目を祝いました。 日本アマチュア歌謡連盟東濃支部長を務める黒田さん(日本歌謡師範連盟岐阜県支部所属)は平成元年、45歳の時に師範活動をスタート。「日本カラオケ大賞グランプリ」(平成5年)をはじめとする数々の賞を受賞。延べ約千人を指導し、6月には北原ミレイさんをゲストに迎え、盛大に30回目の発表会を開催しました。 門下生でつくる発起人会が主催したディナーショーでは、昭和、平成の名曲やせりふ入り歌謡、アンコール曲まで22曲を熱唱=写真。生徒団体によるお祝いの舞踊なども披露され、大いに盛り上がりました。 恵峰HN (2019年9月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 696号 タグ: 30周年記念 カラオケ...
きょう20日、あす21日、山梨県富士河口湖町の精進湖カヌー競技場で開催される「全国少年少女カヌー大会」に、恵那・中津川両市の小学生7人が出場。U23日本代表の中京学院大学付属中京高校3年田中雄己さん=中津川市=は16―21日、ポーランドで開催中の「ジュニアU23世界選手権大会」、8月30日から、ドイツで開催される「ワールドカップ第4戦」に出場します。 “オリンピック選手への登竜門”と言われる同大会に出場するのは、恵那北小学校6年の小澤昇さん、中津川市西小学校6年の小出悠煌さん、同3年の小出悠斗さん、嶋﨑色花さん、花田愛空さん、花田温都さん、南小学校5年の有我太志さん。元日本代表・国体選手の加藤哲平コーチ=恵那市=に指導を受けています 小学生選手のうち、小澤さんは一昨年の全国大会で4位に入賞していますが、大半が初出場で、「皆、悔いのないよう元気に戦ってきてほしい」と加藤コーチ。田中さんは「練習してきたことを出し切って決勝に進出したい」と抱負を語っていました。 恵峰HN (2019年7月20日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 692号 タグ: カヌー 世界選手権...
「富士」といえば生誕150年で、昨年来、話題を集める横山大観(1868-1958)と、代表作が新紙幣のデザインに採用された葛飾北斎((1760年―1849年)。 2人の天才が表現した”霊峰富士”を忠実に再現した西陣美術織の作品展が31日―6月2日、中津川市千旦林の岐阜中津川ちこり村で開かれます。入場無料。午前10時―午後5(最終日4)時。 昨年、伊藤若冲展で大きな反響を呼んだ西陣美術織の最新企画展で、県内初公開。1500点以上描いた富士の中でも出色とされる大観の「群青富士」「黄金富士」をはじめ、40㍍超の日本一長い画巻「生々流転」(重文)を完全に再現した帯や「紅葉」の六曲屏風なども紹介。 北斎の作品では、新千円札のデザインになった「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」、赤富士として知られる「凱風快晴」や、「冨嶽三十六景」の全てを織り込んだ帯などが展示されます。問い合わせは?075(548)7505同実行委員会。 恵峰HN (2019年5月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 688号 タグ: ちこり村...
歩行困難や記憶障害を、絵を描くことで克服した 恵那市大井町の鈴木徹さん(83)が24日―26日、恵那文化センター展示室で、チャリティー絵画展とコンサートを開催。自作の絵画130点を千円(額、税込)で販売し、全額を社会福祉に寄付します。 鈴木さんは79歳の時、自家用車で自損事故を起こし、肋骨と胸骨を骨折。歩くこともままならず、記憶障害の症状も出て、要介護2に認定されました。行く末を悲観し、自宅に引きこもる日が続く中、救いとなったのが、70歳の時に独学で描き始めた油絵。つれづれに任せて描くうち熱中し、寝食も忘れるほど没頭。家族に頼んでスケッチ旅行に連れて行ってもらうまでになりました。 最初は車いすを使っていましたが、「自分の足でスケッチに出かけたい」と歩行訓練に励み、徐々に回復。費用を抑えるため、キャンバスも自分で作り、3年間で150点ほどを完成させました。その作品の活用法として考えたのが、チャリティー絵画展。26日には、知人が尺八や三味線が友情出演し、会場でコンサートを開催。鈴木さんもハーモニカを披露します。「年を取っても、ハンデがあっても、何か人のためにできることがあるもの」と鈴木さん。「絵は決してうまくはありませんが、高齢社会の光になれば」と話しています。   恵峰HN (2019年5月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 688号 タグ: スケッチ旅行...
かやの木芸術舞踊学園 舞踊ゆきこま会(本部・中津川市かやの木町)の「第49回発表会」が、5月12日の東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール(同市茄子川)を皮切りに6月9日の小牧市市民会館まで、県内外の5会場で開かれます。入場無料。 同会は ”全国コンクール8連覇”を成し遂げ、県民栄誉賞・市民栄誉賞を受賞。支部教室からアドバンスクラスまでの500人が、踊りを通じて心を磨いています。12日午後0時30分から東美濃ふれあいセンターで行われる中津川公演には、中津川・恵那・坂下・付知・上松・加子母・ジュニアの各教室から計100人が出演。教室合同作品では、「マジカルジュークBOXの旅」をテーマに、ジュークボックスから流れる楽曲に合わせ、子供たちが妖精や007などを熱演。ほかにもコンクール作品やジュニアクラス作品など見どころ満載で、教室生らは「お客様に楽しんでいただける舞台に」とレッスンに励んでいます=写真。 恵峰HN (2019年4月20日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 686号 タグ: ゆきこま会 東美濃ふれあいセンター...
恵那市三郷町の三郷町郷土史研究会(熊﨑睦会長、22人)が、町内に自生する221種類の植物を写真と解説、年中行事など地域との関わりを通じて紹介する「みさとの草花」(A5判、全カラー刷、161㌻)を刊行=写真。約700ある町内の全世帯に無料配布します。 同会は平成8年に発足し、27年、町内の史跡を紹介する冊子を発行。調査の過程で、地域に自生する草花が減少し、キキョウなどが絶滅していることが判明。危機感を感じ、地域の人々の暮らしや年中行事と切っても切れない地元の植物について調べることにしました。 早速、28年5月から、岐阜県植物研究会会員の串田鎮子さん=中津川市=を講師に学習し、町内各地域をめぐって自生植物を取材。3地区の会員が居住地区の植物を徹底的に調べて写真撮影し、A5判の調査票に特徴などを記入。専門部会を設けて精査し、3年がかりでまとめ上げました。特徴は「年中行事の草樹木」の項目を充実させたことで、二十日正月の繭団子、節分の柊に始まり、田の神祭から年末の正月準備まで、年中行事の詳細とそれにまつわる植物を紹介。果樹に小豆粥を”食べさせて”豊作を願う「成木ぜめ」など、消えつつある貴重な風習も記録されています。同町自治連合会や町内外の有志などから資金援助を受けて千冊を刊行し、町内の全世帯に無料配布するほか、市内の学校などに寄贈する予定。4月以降、希望者には、1冊千円で頒布します。問い合わせは0573(28)1001三郷振興事務所。 恵峰HN (2019年3月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 684号 タグ: みさとの草花 三郷振興事務所...
2月9日、恵那市明智町の大正村浪漫亭に、10種類の栗スイーツが満喫できる1日限りのカフェ「恵那南カフェ」がオープン。28日午後1時30分から午後3時、同施設前で前売りチケットを販売します。ドリンク付、1200円(税込)。恵那南高校(明智町)の全校生徒が、恵那市と恵那川上屋(本社・大井町)の協力を得、平成28年度から取り組んできた6次産業学習の集大成。生徒らは枝の剪定から収穫、皮むき、商品企画まで体験し、すでに甘露煮とタルト、モンブラン、ロールケーキが商品化。大正村浪漫亭で販売し、好評を得ています。今回はさらに、栗きんとんチョコ、マカロンから栗饅頭、焼きたてのポットパイまで、生徒が考案し、恵那川上屋が製品化したスウィーツを加え、10種類をワンプレートで提供=写真。チケット制で(1)午前11時(2)午後1時(3)同3時の3回に分け、各40人限定で実施します。3年の原田未夢さん(18)と宮良仁香さん(18)は、「高校生のアイデアから生まれた一味違う栗菓子をぜひ味わって」と呼びかけています。 恵峰HN (2019年1月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2019年 680号 タグ: スイーツ タルト ポットパイ マカロン...
中津川市千旦林の龍馬神社で3日、例大祭が営まれ、幕末の英雄・坂本龍馬に扮した子供たちの稚児行列が行われました。 同神社は昨年まで、龍馬の命日にあたる12月10日(旧暦11月15日)に大祭を行ってきましたが、今年から「文化の日」に変更。 “ミニ龍馬”の衣裳・7組を用意し、仮装稚児行列を行なったもので、修祓(しゅばつ・お清め)の後、参進。子供たちは神妙な表情で神社の周囲を一周し、龍馬の遺徳をしのびました。 直会では、龍馬の好物・軍鶏鍋や五平餅が振る舞われ、大勢の信者が交流しました。 同神社では、随時、七五三詣りを受付中。問い合わせはTEL.0573(68)8040同神社。 恵峰HN (2018年11月17日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2018年 677号 タグ:...
フリマは若者だけのものじゃない-。 あす22日、午前10時から午後3時、中津川市付知町の熊谷守一記念館南約200mの旧喫茶MAMとその周辺で、地元の”若手おばあちゃん”たちが主催するフリーマーケット「ありがとう ひろば」が開かれます。 空き店舗と駐車場を活用して、クラフト製品やリメイク品、野菜、食品などを対面販売しながら、人と人をつなぐ”軽トラ・フリマ”で、企画し、運営するのは、菓子製造販売の武田万葉子さん(60)、喫茶MAMのオーナー熊沢さと子さん、河口治子さん(56)ら地元の中高年女性。 高齢者が丹精した品物を販売し、会話を楽しむ場をつくるのが目的ですが、もちろん、若者の参加も大歓迎。ワークショップや美容、癒しなどジャンルを問わず、出店料1,000円で、誰でも参加できます(電源を使用する場合は+500円)。 「『ゆっくり、ゆったり、のんびり、やりたい人ができる事をする』イベントで、毎月第4日曜開催予定」と武田さんら。当日参加も可能ですが、食品は許可がいる場合もあるので事前に相談を。問い合わせはTEL.0573(82)3118伊那屋。 恵峰HN (2018年7月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2018年 669号...
中津川市千旦林のデイサービスセンターひだまり苑で、利用者で100歳の林智恵子さん=千旦林、写真中央=と、80歳の長女・林和子さん=恵那市長島町、写真右=が、フラダンスで共演しました。 智恵子さんは中津川市阿木出身で市内の農家に嫁ぎ、3男2女を出産。現在は次男と同居しデイサービスを利用していますが、心身共に健康で手芸を趣味にしています。 長女の和子さんは、傘寿を迎えたいまも、美容室を経営し、現役の美容師として活躍。この日は、所属する恵那市のフラダンスサークル「スタジオマカナ」の仲間とともに、ひだまり苑の創立18周年記念祭に出演し、母親ら30人ほどの利用者を前にフラダンスを披露。 フィナーレでは、智恵子さんも一緒にフラのポーズを決め、盛んな拍手を浴びていました。 恵峰HN (2018年4月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2018年 663号 タグ: 100歳...
29日は「畳の日」。恵那市明智町で創業90年を迎えた三宅畳店の4代目三宅悠介さん(29)は、多種多様な形の畳や縁、イグサを取扱いあらゆる相談に応じる”畳コンシェルジュ”として活躍しています。 三宅さんは中津川工業高校を卒業後、京都の一流畳店で働きながら専門学校を卒業。一級技能士、全日本品質管理責任者の資格を取得し、4年前、家業を継ぎました。 畳の縁は千種類以上あり、畳表になるイグサも多種多様。使い方や目的によって多くの選択肢があることを知ってもらおうと、まずはさまざまな縁を取り揃えて手芸用に販売。軽くて丈夫な畳の縁はほつれ留めがされているため扱いやすく、バッグなどの材料に最適。1メートル250円程度の品を中心に50種類ほどを置いているほか、丈が長いほど高級な天然イグサも7種類扱っています。 「縁でさまざまな演出ができる一方、縁なしの畳は広く見え、洋間続きにも違和感がないなど、用途によってアドバイスしています。畳は毎日、直接肌に触れるものなので、後悔のないようにお選びいただきたい。相談、見積りは無料なので気楽にご相談ください」と話しています。TEL.0573(54)2338。 恵峰HN (2018年4月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2018年 663号 タグ: イグサ...
文化継承と地域活性化を目指す伝統芸能ユニット・「EKB~えなかぶきっず」(幸新會キッズクラブ)の旗揚げ公演が28日午後1時から、恵那市山岡町の山岡農村環境改善センターで開かれます。入場無料。 同クラブ(市認定生涯学習活動団体)は昨年4月、伝統芸能の存続に危機感を感じていた日本舞踊、歌舞伎指導者の尾上幸四朗(本名・工藤かおり)さん(37)=山岡町=が、18歳以下を対象に発足。  園児から中学生までの6人が所属し、第1・2・3月曜日の夜、同センターで稽古を行っています。 「『伝統芸能は堅苦しい、わからない』という抵抗感をなくしたい」と考えた尾上さんは、歌舞伎無料体験会の開催や介護施設・イベントでの公演を行い、地域活性化に貢献しながら伝統芸能を普及してきました。活動の趣旨を多くの人に知ってもらいたいと開催する旗揚げ公演では、古典日舞7蕃と、歌舞伎「白浪五人男」を披露。賛同した多くの人々が、道具のレンタルや作成、当日のスタッフなどで協力します。 尾上さんは「歌舞伎や日舞を身近に感じ、『見たい、演じたい』という人が増えない限り伝統芸能は続きません。そうした環境を整える第一歩になれば」と来場を呼び掛けています。 恵峰HN (2018年1月20日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2018年 657号 タグ:...
8日に開催された中津川市下野の白山神社例大祭に、人気キャラクター・ミニオンズを乗せた山車が登場し話題を集めました=写真。 田代・東組の両町内会でつくる余興元が発泡スチロールなどを使い、3カ月がかりで製作。 山車と一緒に巡行し、恋ダンスや下野ソーランなどを披露した下野小学校児童や先導した大人たちも、揃いのミニオンハットやゴーグルでコスプレ。山車を先頭に、獅子舞や手踊りの人々など約200人で下野地区内を回り、行く先々で大歓迎を受けました。 恵峰HN (2017年10月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 652号 タグ: ミニオンズ 下野...
「第11回えな環境フェア2017」が28日、恵那市の同市市民会館とその周辺で開催されます。午前9時30分-午後3時30分。 同フェアは、市民ボランティアが中心となり、行政と協働で企画運営。毎回、市民の目線で企画した手作りの展示で好評を得、今回も35の企業・団体が参加。さまざまな視点から環境についてアピールします。 今回のテーマは「体感する。環境」〜森と生きるわたしたち〜。豊かな自然に恵まれた環境を五感で感じ、持続可能なまちづくりにつなげようというもので、「森の案内人」が登場=写真中央。会場入り口に木と竹で作った森のトンネルを設置し、先着700人の入場者にひのきのペンダントを進呈します。 そのほかタラヨウの葉に手紙を書く、藤前干潟のカニ釣り、間伐材での箸作りなど無料体験コーナーも多く、イベント満載。フリーマーケットや無料カフェコーナーもあります。問い合わせはTEL.0573(26)2111(内線208)環境課。 恵峰HN (2017年10月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 652号 タグ: えな環境フェア...
中津川市中津川にある中村八幡神社の例大祭が10月5日に営まれ、五穀豊穣、無事息災などを願って、子供たちが伝統芸能などを奉納します。 当日は午前9時30分頃、鞍に五色の花串を飾った花馬が登場。10時から流鏑馬、同30分から神事、巫女舞、笹踊り、神代獅子や花馬が奉納されます。 午後1時から南さくら幼稚園鼓隊が演奏し、同2時から祝いの餅投げ、同3時から新生児健康祈願が行われます。 祭りを前に、当元の第九区の子供たちは連日、伝統芸能のけいこに励み=写真、区民総出で数千本の花串を制作。当日、境内広場には多くの露店や五平餅などの店が並びにぎわいます。 恵峰HN (2017年9月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 650号 タグ: 中村八幡神社...
23日、宮城県総合運動公園で開催される「第46回 全国消防救助技術大会」に恵那市消防本部が東海地区を代表して出場します。大会の花形種目「障害突破」で全国大会に出場しているのは東濃地方でも同消防本部だけ。この種目では15年ぶりの快挙です。 「障害突破」は5人(補助者含む)1組で協力して5カ所の障害を乗り越え、全員が突破するまでの安全性、確実性と所要時間を評価する種目。 隊員は、秋山誠道さん(29)、川口真門さん(28)、加納達也さん(27)、伊藤悠祐さん(21)、田口駿介さん(20)。15年前、全国大会に出場した森川洋行さん(39)、垣内浩二さん(33)が指導者を務めます。 内容は、高さ3メートルの壁を乗り越えて7メートルのはしごを駆け上がり、8.5メートル離れた対岸にロープにぶら下がって渡るなどした後、空気呼吸器を装着して2人ずつロープで体を結び、約30メートルの煙道を脱出。ゴールする際にはロープ収納の丁寧さや正確さが求められるなど、救助技術の集大成ともいえる種目です。 秋山隊員と加納隊員はこの種目に取組んで4年目のベテランですが、伊藤隊員、田口隊員は初挑戦。新チームで練習を始めた当初は力の差に苦しみましたが、昨年、0.3秒の差で全国出場を逃した悔しさをばねに特訓。 7月の東海地区指導会で、1位と0.7秒差で2位になり、念願を果たしました。 秋山隊員は「全職員一体となった支援のおかげと感謝しています。全国大会では恵那市を大いにアピールしてきたい」と意気込みを話しています。 恵峰HN (2017年8月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ:...
円状に打った釘に色とりどりの糸を掛けて描き出す「糸曼荼羅」の作品展が、恵那市笠置町毛呂窪の喫茶店「アイ・エリー」で開催中。19日と26日、9月2日と23日の4日間、青山さんの指導で体験することができます。作者は恵那市出身で岡崎市在住の塾講師青山晃子さん(38)。3年前、算数の教材として糸曼荼羅に取り組み、現在は40人ほどのグループで活動しています。店内には約30点の糸曼荼羅のほか、花ハスのランプシェードなども展示、販売。体験は全日、午前10時-午後2時の間で、参加費は材料代含め500円-3,000円。青山さんは「夏休みの一研究としても最適。幅広い年齢層に楽しんでいただけるので、ぜひ参加してほしい」と呼び掛けています。9月30日まで。午前9時-午後4時営業、日祝日休業。TEL.0573(27)3833。 恵峰HN (2017年8月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 648号 タグ: アイ・エリー マンダラ 恵那市 曼荼羅...
30年ぶりに公式戦最多連勝記録を塗り替えた中学生プロ棋士・藤井聡太四段(14)や、それを破った”イケメン棋士”佐々木勇気五段(22)らの活躍で空前のブームに沸く将棋界。この機会を捉え、子供たちに将棋の楽しさを知ってもらおうと、中津川市老人クラブの囲碁・将棋サークル(西尾宏見委員長)が25日と8月1日、同市かやの木町の同市老人福祉センターで「夏休み子ども将棋教室」を開きます。小中学生対象、参加無料。 同会将棋部は毎週火・木曜日の午後、中津川商工会議所隣の同センターで活動。高齢者が和気あいあい、知的ゲームを楽しんでいます。 将棋はスマートフォンなどのゲームと違い、人間対人間の勝負。集中力、状況判断力が養われるとともに、勝負を締めくくる「負けました」によって自身の負けを認める謙虚さが生まれ、精神修養にもなると言われます。 同会では、「人生を豊かにする将棋と、若いうちに出合ってほしい」と、子ども将棋教室を企画。 25日と8月1日の午後1時-4時(終了)、自由に参加して、田口光治四段(77)=千旦林=らに手ほどきを受けることができます。 橋場正典将棋委員長(二段)らは「友達が増え、脳と心を元気にする将棋を、ぜひ人生の楽しみに」と参加を呼び掛けています。問い合わせはTEL.0573(66)7799老人クラブ事務局・原さん。 恵峰HN (2017年7月15日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 646号...
「細寒天生産量日本一」の恵那市山岡町のイワクラ公園で(明知鉄道山岡駅から800メートル)、29日午前9時30分-午後3時、「第3回 山岡 寒天ふれあい祭り」が開かれます。呼び物は、流しそうめんならぬ「流しところてん」の無料提供。竹筒を流れるところてんをすくい上げて賞味するイベントで、毎回大好評。なくなり次第終了します。会場で地元産細寒天を販売し、フードコートでは寒天カレーや五平餅などを提供。ミニ新幹線運行や、バンド演奏などのステージイベントもあります。問い合わせはTEL.0573(56)3921まちづくり山岡。 恵峰HN (2017年7月15日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 646号 タグ: まちづくり山岡 イワクラ公園...
中津川市福岡のふくおか飲食業組合が、「地元人おススメふくおかグルメMAP『ふくおかごはん』」を作成しました=写真。 多くの人に地元の飲食店を知ってもらおうと、中津川北商工会、県飲食組合の助成を受けて15,000部発行。 A3判カラー印刷、2つ折りで、23の加盟店が、それぞれ”一押し料理”の写真とお勧めメニューなどを紹介。裏面のマップに店の位置が記載されています。 現在は国道257沿いのガソリンスタンド等で配布しており、市内の施設に設置する予定。10年後のリニア中央新幹線開通をPRしようと、リニアのロゴも入っています。 恵峰HN (2017年6月17日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 644号 タグ: ふくおかごはん...
恵那市長島町久須見、「こまち不動産」の曽我直樹代表(51)が、不動産業務のスペシャリスト「公認 不動産コンサルティングマスター」に認定、登録されました。 単純な売買、賃貸等に留まらず相続や税、投資など多種多様なニーズが伴う不動産業。公認 不動産コンサルティングマスターは、関係分野に幅広い知識を持ち、こうしたニーズに的確に応えることのできる不動産の専門家を養成する目的で創設。年1回の試験を受験できるのは国家資格の宅地建物取引士、不動産鑑定士、一級建築士を持つ人のみで、合格率は50パーセント以下。 5年以上の実務経験を積んだ時点で登録され、5年毎に要件を充たした上で更新申請することができる難関資格。「最先端知識を備えた不動産コンサルティングのプロ」の証となっています。 曽我さんは大手不動産会社勤務を経て、2011年こまち不動産を創業。相続問題を解決しなければ売却できないといった案件が増える中この資格の必要性を痛感し、業務の傍ら受験勉強に励んで見事合格しました。 「おかげで様々な不動産問題の相談に応じるだけの基礎知識が身に付いた」と曽我さん。「少子高齢化社会で今後重要になるのは、不動産の相続と有効活用。司法書士、土地家屋調査士、税理士などと連携して最善の方法をご提案するので、気軽に相談してほしい」と話しています=写真。TEL.0573(20)2424。 恵峰HN (2017年4月15日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年...
母親や主婦らが企画した”女性が輝く”親子参加のイベント”「BONDフェス」が5月6日午前10時-午後4時、恵那市大井町恵那峡の里で開催。地元の女性たちが制作した布製品や雑貨、ネイルから英会話まで20あまりの物販・ワークブースと、地元のグルメをフードブースが楽しめます。 企画したのは、3人の子供子育てをしながら手作り弁当・手ごねパンの店を経営する代表の長谷川幸乃さん(38)=大井町=ら、恵那・中津川市の働く女性たち。 同じ様に家事・育児に追われる女性たちが、地元で自らの能力を生かして作品を売買したり、サービスを提供したりして子供と一緒に楽しるイベントを開催したいと、資金0でスタート。恵那峡の里を所有管理する木曽路物産などの協力を得、SNSや口コミで出店者やスタッフを集めて開催にこぎつけました。 「このイベントが人と人をつなぐ接着剤(ボンド)になれば」と長谷川代表。「気楽に参加して楽しみ繋がっていただき、何かを始めるきっかけになれば」と来場を呼び掛けています。 写真は、恵那峡の里で来場を呼び掛けるスタッフ 恵峰HN (2017年4月15日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 640号 タグ:...
恵那農業高校(恵那市大井町)の創立50周年、西苑会75周年を記念事業世界らん展の軌跡紹介  世界的な蘭の祭典「世界らん展日本大賞」で、最優秀賞など24回の入賞を果たしている恵那農業高校(恵那市大井町)が、25、26両日、市内の恵那文化センターロビーでその軌跡を紹介する「恵那農高らん展」を開催します。 世界らん展は、20の国と地域からプロ・アマが出展するビッグイベント。同校は1992年からアマチュアクラスに出展し、2000年に最優秀賞を受賞。2003年からはプロを含むオープンクラスに出展し、14年に最優秀賞を受賞しました。 恵那農高らん展は、創立50周年、西苑会(同窓会)75周年記念事業の一環で、25日に開かれる恒例の課題研究発表会に合わせて開催。昨年の出展作をモチーフにディスプレイを行うほか、歴代の受賞作品をパネルなどで紹介します。 25日午後0時50分からの課題研究発表会では、開会式前に花装飾のデモンストレーションを行うほか、園芸デザイン科の研究発表でアレンジメントの展示が行われます。 恵峰HN (2017年2月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 636号 タグ:...
中津川市のママさんバレーボールチーム「ロマンス」(園原弘子キャプテン)が3月10日-12日、岐阜メモリアルセンターで開催される50歳以上の選手が競うママさんバレーボールの全国大会「第28回 全国家庭婦人バレーボールいそじ大会」に岐阜県代表として出場します。中津川市から全国大会に出場するのは2008年に続いて2回目。 同チームは7年前、全国大会出場を目指し、同市家庭婦人バレーボール協会に所属するチームの中から、48歳–49歳の選手で結成。13人が所属チームの練習や試合の合間を縫って、月2回集まり練習してきました。 メンバー全員が仕事を持ち家庭での役割も大きく多忙な中、夢に向かって挑戦し続けてきましたが、けがや家族の介護などさまざまな困難に阻まれ、過去3年間、決勝まで進出しながら敗退。チームの平均年齢も上がり、「これを逃したら後がない最後のチャンス」と挑んだ昨秋の県大会で見事優勝。目標を達成することができました。 「7年間積み重ねてきたことを出し切り、大いに楽しんできたい」と園原キャプテン。メンバーは中津川名物の「栗」をモチーフにしたプラカードをつくり、入場行進などで全国にアピールしようと意気込んでいます。 恵峰HN (2017年2月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 636号 タグ:...
恵那市明智町の大正村浪漫亭で、女性スタッフが考案したオリジナルスウィーツが人気を集めています。●地元の蜂蜜使った「なめらかプリン」地元・伊藤養蜂園の蜂蜜をたっぷり使った「なめらかプリン」(200円)は、昨年11月のリニューアルオープンから2カ月間で2,000個販売。プリンがおいしいことで知られる隣町の老舗菓子舗に製造を依頼し、毎日、40〜50個限定販売。「滋味豊潤な蜂蜜と、とろけるプリンの食感に癒やされる」というリピーターが多く、昨年末には冬季限定「チョコプリン」(200円)も新発売。こちらは濃厚なカカオの風味を生かして、甘さ控えめ。「甲乙つけがたいおいしさ」です。●温めてさらにおいしく「もっちりハイカラ浪漫パイ」もう一つの人気商品は、大福もちをパイ皮で包んだ「もっちりハイカラ浪漫パイ」(180円)。オーブンで香ばしく焼きあげて提供。パリッとしたパイ皮と、とろーりと溶けたもち、あんのハーモニーが絶妙。オーブントースターで温めれば家庭でも同じ味わいが楽しめ、土産用の箱入りも好評です。問い合わせは電話0573(55)0057。 恵峰HN (2017年1月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2017年 634号 タグ: なめらかプリン もっちりハイカラ浪漫パイ スウィーツ 伊藤養蜂園...
恵那市長島町正家、恵那総合庁舎向かい側の日本料理「おか田」で、毎月第3火、水曜日、一般対象の「プロに習う料理教室」が開かれています。 日本料理の素晴らしさを多くの人に伝えたいと、オーナー料理長の岡田修さん自らが講師となり、プロの知識と技術を惜しげもなく伝授=写真。 岡田さんのデモンストレーションを見た後、講習内容を取り入れた昼食が出され、参加費は食事代含め3,000円。毎回好評でリピーターが多く、満員の盛況を博しています。 この日は、「舞茸と野菜のおしたし」「鯖寿司」「鮭の変わり焼」と「舞茸ごはん」の4品を講習。参加者は、サバの締め方のこつや「舞茸ごはん」の隠し味など、レシピには載っていない秘訣を教わり、熱心にメモを取っていました。 申し込みはTEL.0573(25)8822おか田。30人になり次第締め切り。 恵峰HN (2016年11月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年 631号 タグ:...
恵那、中津川市などの医療・福祉関係者有志でつくるボランティア団体「E-N・A(イーエヌエー)」(藤井真也代表)が、ごとう観光バス、医療法人恵雄会とコラボし、「要介護、車いすの人も安心して楽しめる格安ツアー」を企画。11月8日、9日、1泊2日で高山・郡上を訪れる「Let’s go 高山」の参加者を募っています。 「高齢者・障がい者・介護者が人生をエンジョイできる社会に」と取り組んだ旅行企画の第一弾。恵那市を発着点に郡上八幡などを経由して高山に一泊し、翌日、高山市内を散策。宿泊先は、飛騨高山ワシントンホテルプラザか、E-N・Aが提携する介護保健施設のどちらかを選択することができます。施設では、要介護の人も安心して宿泊することができ、介護者は一緒に宿泊することも、ホテルで別々に宿泊することも可能。 参加費はホテルを利用すると16,000円程度、施設を利用すると14,000円程度で、介護者が同室に宿泊すれば、さらに安くなります。ただし医療行為が必要な人は不可。 藤井代表は「既に口コミで申し込みがあり、ニーズが多いことを実感しています。不安なことは何でも尋ねてほしい」と話しています。申し込み、問い合わせは10月7日までにTEL.0573-20-5266、おひさま内藤井さんへ。27人になり次第締め切り。 写真は、参加を呼び掛ける藤井代表とごとう観光バス、恵雄会の皆さん 恵峰HN (2016年9月17日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年 627号...
必要な電力のすべてを、太陽光発電でまかなう”ロックフェス”「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016」が9月10、11日の両日、中津川市茄子川の中津川公園内特設会場で開催されます。午前11時開演、午後9時終演予定。 この催しは2012年、日本武道館で第1回目が開催され、翌年から中津川に移動。今年で4回目を迎えます。 クリーンさはもちろん、子供から年配者まで楽しめる”異世代共存フェス”としても人気。「小学生(12歳)まで保護者の同伴に限り入場無料」、「ママ応援プロジェクト」「親子で参加出来るワークショップ」 など、”ファミリー企画”が多いのも特徴です。企画・運営するのはボランティアでつくる同実行委員会。総勢50組以上のアーティストが中津川に集結します。主な出演者は次の皆さん。 ▽9月10日(土) シアターブルック、チャットモンチー、DJダイノジ、怒髪天、麗蘭、MONGOL800、RIZE、10-FEET、Dragon Ash、加藤登紀子、シシド・カフカほか。  ▽9月11日(日) ACIDMAN、赤い公園、THE COLLECTORS、the...
中津川市東宮町の東円寺(松山宗永住職)で、奈良国立博物館名誉館員の松浦正昭さんが講演。伝教大師最澄が弘仁5(814)年に制作したとされる同寺の本尊・木造薬師如来坐像(国指定重要文化財)に関する新たな見解を紹介しました。松浦さんは、奈良国立博物館仏教美術資料研究センター長などを歴任した、仏教美術のスペシャリスト。講演は大施食法要に合わせて行われたもので、初めに、最澄が弘仁8(817)年、東国布教のため東山道を往復して広拯院・広済院を建立し、両院に薬師如来像が祭られていた伝統が東円寺の本尊に受け継がれている背景を説明。「横さばき」といわれる衣の形態や、頭部と胴体をつなぐ「割首」の技法が使われていることから、本尊の制作年代が「1100年以前とは考えられない」と述べました。さらに顔面の中央でつぐ稀有な寄木技法・「正中矧(は)ぎ」が用いられていることに着目。制作者は、当代きっての仏師で、作風などから、蓮華王院三十三間堂の造仏に携わり、後の運慶・快慶につながる奈良仏師「康朝」ではないかと推定。願主は後白河院で、寵臣の早逝を供養するため、摂関家領の遠山荘に安置した可能性があるとした上で、「本尊は重要文化財以上、『国宝』の価値がある仏像」と結びました。 恵峰HN (2016年8月20日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年 625号 タグ: 中津川市 国宝 国指定重要文化財 国重要文化財...
大相撲名古屋場所で活躍中の人気力士・嘉風関が、6月24日、スポンサー契約を結ぶ恵那市長島町の「丹羽久」本社を訪問しました。同社は善玉菌の力で安全に、嫌な臭いだけを消す画期的な消臭剤「ケスコ」などを販売。この日は名古屋場所を前に、豪快な突き・押しで知られる尾車部屋の嘉風関(西前頭五)が、丹羽久本社を訪問。丹羽久左衛門社長から激励を受けました=写真。 恵峰HN (2016年7月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年 623号 タグ: ケスコ スポンサー 丹羽久 丹羽久左衛門...
かつてフォークジャンボリーで全国に”音楽のまち”の名を馳せ、いままたライブで盛り上がる中津川。「地元で楽しめる街にしたい」と陰で支えてきた”サラリーマン・イベントプロデューサー”のライフワーク「Hello! Rock Night(ハロー・ロックナイト)」が、28日で10年目を迎えます。 学生時代からロックファンだった会社員の寺西誠さん(50)=手賀野。2007年、ライブハウスのオーナーに見込まれ、客の入りが悪い1、2月の企画を頼まれたのが発端で、「Hello! Rock Night」を主催。年間60回 は各地のライブに出かけ、自分の目と耳で選んだ確かなアーティストを集めたライブで、ロックファンの信頼を得てきました。 この企画が22回を数え、毎回100人超を集客する秘密は、寺西さんの誠実さ。チケットの売上は全額、出演者とライブハウス、経費に充て、手元に残さないのが信条。 自腹でライブにでかけ、事前にCDを販売するなどして客を集めるため、ミュージシャンからの信頼が厚く、世界的に知られるアーティストの招聘も実現させました。 「あくまでも職業は会社員で、ライブは趣味。安定した収入が得づらいミュージシャンにきちんとギャラを払い、お客様に喜んでもらうことが生きがい」という寺西さん。 「『都会に行かなくても地元で楽しめる』ことを発信していきたい」と意欲を燃やしています。  ▽28日マジョリカ・ジャンゴで、熊本地震チャリティーも「THE LET’S GO’s」(東京)などが来演する28日の「Hello! Rock Night #22」は、同市千旦林のマジョリカ・ジャンゴで午後6時30分スタート。チケットは1500円(当日2000円)で、売上の一部を熊本地震災害義援金に寄付。お楽しみ抽選会や来場者プレゼント、名古屋クリームソーダによる最新ロックファッションの出張販売もあります。問い合わせはTEL.0573-66-7211(マジョリカ)。...
アフリカの魅力を紹介する手作り作品展が27-29日、恵那市岩村町本町5丁目の清和堂スペースで開かれます。午前10時-午後5時。 2年前、結婚を機に、神戸から同町に移住したデザイナー兼アフリカンダンサーの石井友理さん(39)=写真右=と2人の仲間でつくるデザイナーユニット「KACHIRI」が主催。 店内では、石井さんのオリジナルブランド「Aion」のバッグやベストなどの革製品をはじめ、アフリカ伝統の泥染めスニーカーやガラス玉のアクセサリー、現地の布を使った服飾雑貨を展示、販売。会期中は店内にCafeをオープンし、手作りのスウィーツやドリンクも販売します。 最終日の29日は午後1時-4時、ライブパーティー(入場無料)が行われ、ウェルカムフードやドリンクをサービス。石井さんは「アフリカに魅せられた3人が発信するそれぞれの世界観を感じていただき、成長していく岩村の伝統と魅力を多くの方々と共有したい」と来場を呼び掛けています。 恵峰HN (2016年5月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年 619号 タグ: Aion...
小学生向けラグビー体験教室がきょう16日から、恵那市の阿木川公園、と中津川市茄子川の中津川公園多目的芝生広場で開かれます。雨天中止。 地元の社会人クラブチーム「恵那ラグビーフットボールクラブ」が昨年10月、東濃初のキッズラグビー教室を開催。約50人が参加し、好評を得たことから春の教室を企画しました。きょうから6月11日まで5回シリーズで、開催時間はいずれも午後3時から5時。参加無料で、当日参加もできますが、保護者の氏名・連絡先、子供の氏名・学年・参加希望日をenarugby@gmail.comにメールで連絡し(問い合わせも同じ)、各自で保健に加入すること。 運動のできる服装・靴で、タオルや飲み物を持参してください。 教室の開催日と場所は次の通り。▽4月16日(土)阿木川公園(恵那市)▽4月24日(日)阿木川公園(恵那市)▽5月5日(祝)中津川公園▽5月21日(土)阿木川公園(恵那市)▽6月11日(土)中津川公園 恵峰HN (2016年4月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年 617号 タグ: キッズラグビー教室...
2月3日、東濃屈指の霊場・飯高観音として知られる恵那市山岡町馬場山田の萬勝寺(悲佐田祥浩住職)で節分会が営まれます。 17年ごとに開帳される観音堂の本尊・千手観世音菩薩と本堂の本尊・十一面観世音菩薩をまつる同寺は、平安初期から続く名刹で、「厄除け観音」として有名。年間を通じて参拝客が絶えず、ことに節分会には県外からも厄除けを願う大勢の参拝客が訪れます。 節分会の厄除祈とうは午前11時と午後2時からの2回(事前に受付が必要)。多数景品の当たる福引くじ付き豆まき、もち投げは、午前11時30分ごろと午後2時30分ごろから行われます。 境内では甘酒・しるこが振る舞われるほか午後0時40分-同1時30分、入場無料でお笑いライブが開かれ、WAHAHA本舗のお笑い芸人が来演。問い合わせはTEL.0573(56)2810。 恵峰HN (2016年1月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2016年 611号 タグ: 厄除け...
コーヒー片手に文化を味わう”街場のサロン”ギャラリー「詩と美術館」が中津川市手賀野にプレオープンしました。 同所出身の美術家で歌人の田中伸治さん(67)が自身でデザインし、自宅(木造平屋115.5平方メートル)を全面改修したもので入館無料。 田中さんは高校教諭だった7年前、スーパーステンシルという新たな画法を発案。30回以上個展を開いて画集を出版する一方、短歌誌「彩雲」の代表としても活躍しています。 ギャラリーでは当面、自身の作品を展示していますが、今後はさまざまなジャンルの作品や所蔵のコレクションを公開。詩や短歌俳句など、文学に関する展示も行う予定で、コンサートや講座・教室も計画しています。 併設した喫茶「山峡」(やまかい)は、古民家風の落ち着いた佇(たたず)まいで、田中さんが所蔵する約5000冊の美術図書の一部が自由に閲覧できます。 来年1月からは週5日開館し、本格オープンする予定。12月6日午後1時から、会場でギャラリートークを行い、美術館への想いや作品の解説・実演を行う田中さんは「人との出会いを大切に、展示やイベントを企画したい。ささやかでも、地域の文化拠点の役割が担えればうれしい」と話しています。木・金・土・日曜の正午から午後6時。(0573(65)3722。 恵峰HN (2015年11月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 608号...
20周年記念「東野ふれあい音楽祭」(同実行委員会主催)が11月1日午後1時から、恵那市東野小学校体育館で開催。 日本を代表するシャンソン歌手のかとうえい子さん、アメリカンポップスの第一人者ケン・バルディスさんらが来演します。入場協力券500円。 同音楽祭は平成7年、優れた生演奏に触れる機会を設けて青少年を育成し、地元に文化を育もうとスタート。毎回、多彩なゲストが来演し、地元をはじめ市内外の300人ほどが来場。幅広い年齢層に好評を得ています。 20周年を迎えた今年は、三輪明宏さんらとの共演も多いかとうえい子さんと、長野五輪など多くのビッグイベントに出演しているケン・バルディスさんが、伊藤昌司トリオの伴奏で、さまざまなジャンルの名曲を披露。 さらに地元の東野小学校5、6年生、恵那南高校吹奏楽部が合唱と演奏で出演。フィナーレは恵那南高校吹奏楽部の伴奏に合わせ、全員で「青い山脈」を合唱します。問い合わせはTEL.0573(26)2555東野コミュニティセンター。 恵峰HN (2015年10月17日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 606号 タグ:...
珍しいブドウ、おいしいブドウ35品種をエコ栽培する恵那市岩村町富田大円寺のブドウ園「ぜんちゃんふぁーむ」。全国のブドウ通が訪れるこだわりの”ブドウ・ミュージアム”が、実りの秋を迎え活気づいています。 オーナーの吉村善二郎さん(65)は「洗わずに食べられるブドウがつくりたい」と科学肥料を使用せず、自家製有機肥料と唐辛子やニンニク、木酢などを使って栽培。除草剤も使わないため、ブドウも雑草も伸び伸び育っています。 採算を度外視して「面白いブドウ、より甘いブドウ」を求め、栽培が難しい品種に次々挑戦。 10棟約13アールのビニールハウス内には、マニキュアをした指のように先が赤くなると食べごろの「マニキュアフィンガー」(写真)や外観そのままの「バナナ」、聖書にも記されている伝説のブドウで、房の長さが1メートル近くになる「ネヘレスコール」などがずらり。 全国でも珍しい「天山」は、1粒が小卵ほどもあり、ほとんど予約で完売。県外から、このブドウを求めてやってくるファンも多いと言います。 農園を訪ねると、吉村さんが楽しく案内してくれるため年々リピーターが増加。その年でないと味わえないブドウもあり、毎年新たな発見があるといいます。 現在は高値で話題を集めたルビーロマンの”母”「藤稔(ふじみのり)」とロザリオが最盛期。 糖度計で確認し、気に入った品種を購入することができるのも魅力で、27度もあるもの、1房が2kg近いものもあるなどサプライズの連続。 吉村さんは「お客様の笑顔を励みに1年間丹精してきました。11月下旬まで営業する予定なのでぜひ遊びに来て」と話しています。詳細はホームページ「ぜんちゃんふぁーむ(http://www.iw.vrtc.net/~yoshimura/)」で。TEL.090(9121)1117。 恵峰HN (2015年9月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。...
ことしも9月26、27の両日、中津川市茄子川の中津川公園で、再生可能エネルギーの電力だけで運営する野外ロックフェス「中津川THE SOLAR BUDOKAN 2015」が開催。 シアターブルック、Dragon Ash、Char、吉川晃司、藤井フミヤ、泉谷しげるといった多彩なアーティスト約40組が出演します。 かつて「全日本フォークジャンボリー」で全国の若者を集めた中津川を音楽で元気にしようという市民有志の想いが形となり、2013年から開催。 多くの企業の支援を受けて年々スケールアップし、今年は延べ2万人の来場者を予定。市内の宿泊施設や飲食店の利用者が増え、フードコートでは”中津川の味”が人気を集めるなど、波及効果も生まれています。 三尾実行委員長は「このフェスの目的は音楽で地域を活性し、全国からの来場者に中津川の良さを体感してもらうと同時に、3.11以降のエネルギー問題に対し、再生可能エネルギーがどこまでやれるのかを実践すること。運営のために各日最低100人のボランティアが必要ですが不足しているので、是非ともご協力いただきたい」と呼びかけています。  チケットは2日間通し=13,900円、各1日券=8,900円。 駐車券はほぼ完売しており周辺道路は全面駐車禁止となるため、アピタ中津川店前・にぎわい広場からの有料シャトルバスを利用。問い合わせはTEL.0573-66-4105ダイソー楽器。   8月22日午後6時からはライブハウス「中津川BREATH」でプレイベントを開催。6バンドが出演します。 恵峰HN (2015年8月15日...
25日と26日、中津川市福岡の榊山神社で営まれる天下の奇祭「叩き祭り」を盛り上げようと、余興元の長根地区住民が、阿波踊りに取り組んでいます。 同地区町内会(西尾晃司町内会長)では4年前に余興元を務めた際、阿波踊りに挑戦。著名な「名古屋 太閤連」のメンバーに本格的な指導を受け、100人超で披露して大好評を得たことから、今年はさらにグレードアップ。笛・大鼓・三味線の生演奏に合わせて、本場の阿波踊りさながらに練り歩きます。 この日は伊藤茂樹太閤連長らの指導を仰いで合同練習。指導者も驚く団結力で、息の合った踊りを見せていました。 まとめ役の藤井秀夫さんは「生伴奏のため人数を絞りましたが、迫力は前回よりさらにアップ。本場に負けない阿波踊りをぜひ見てほしい」と話しています。 宵祭りの25日は長根会館を午後5時出発し、神社での総踊りは8時30分ごろ。本祭りの26日は午前10時に長根会館を出発して昼ごろ神社に入り、午後3時ごろ奉納総踊りの予定。 恵峰HN (2015年7月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 600号...
全国屈指の歴史を誇る中津川市消防音楽隊(小畑淳二隊長)の「創立60周年記念演奏会」が26日午後2時から、同市かやの木町の中津川文化会館ホールで開かれます。入場無料。 同音楽隊は、昭和30(1955)年7月、消防団と市民をつなぎ、防火・防災意識の高揚に寄与する目的で結成。 県内消防音楽隊の草分けで、昭和55(1980)年には、後楽園球場で開催された「全国消防百年記念大会」に、「全国の歴史ある消防音楽隊」に選ばれた3音楽隊の1つとして出演。 平成15年、東京ドームで開かれた「自治体消防55周年記念大会」にも、「全国4音楽隊」の1つとして参加しました。 隊員は消防団員、消防職員をはじめ、主婦や会社員など48人。半数は女性ですが、力強い演奏と幅広いレパートリーが特長。出初め式や操法大会などの消防行事、消防団活性化事業のブラスバンドフェスティバルをはじめ、各種イベントに出演して盛上げています。 こうした長い歴史の中でも、今回が初の大規模な演奏会とあって、団員らの意気込みもひとしお。当日は「ラピュタ」、幻想曲「荒城の月」、「花は咲く」などを演奏するほか、60年を振り返る展示も実施。福岡消防音楽隊「エル・ジェ」が協力出演します。 写真は、創立60周年記念演奏会に向け練習に励む団員ら 恵峰HN (2015年7月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年...
野鳥のシジュウカラが子育てに間借りしたのは、中津川市千旦林の不動産会社・東海住宅興産社長の林秀男さん(75)宅玄関に置かれた陶製”狸のお腹”。5月中旬、営巣のため苔などをくわえた親鳥が狸の笠の裏に空いた穴に通い始め、ヒナがかえるとエサの虫をくわえては届けて子育て。巣立ち直前の5月下旬には10分間隔ほどでエサを運び、知らぬ間に巣立ってしまいましたが、なんと「4年前にも、同じ狸でシジュウカラが子育てをした」のだとか。シジュウカラの寿命は1年とも10年とも言われ定かではありませんが、「その時巣立った子供の里帰り出産?」と林さん。「また戻ってこいよ」と、心待ちにしています。 恵峰HN (2015年6月20日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 598号 タグ: たぬき シジュウカラ ヒナ 中津川市...
築120年を迎えた中津川市加子母の明治座(県有形民俗文化財)が、創建以来の大修復工事を実施中。創建当時そのままの樽葺(くれぶき)屋根の復元に、地域を挙げて取り組んでいます。 明治座は明治27(1894)年12月完成。今回の工事では、床板をはいで土台を修正し、石の上に置いた柱を補強して、地震の揺れを吸収する「根接ぎ」を修復。伝統工法の木組みはそのままに、強度を確保します。 屋根は創建当時、耐久性に優れた栗の木を板状にして並べ、上から石で抑える樽葺でしたが、大正9(1920)年には瓦、昭和48(1973)年にはセメント瓦に葺きかえられてきました。しかし今回は、創建当時と同じ板葺屋根を復刻することにし、地元住民が、飛騨古川の榑剥(くれへぎ)職人・山口末造さん(90歳)の指導を仰いで学習。  800平米の屋根を葺くためには、厚さ6–8mm、幅45cmに切りそろえた栗の板8万枚が必要なため、林業研究グループのメンバーや岩木工芸などが製作に励んでいます。 板を抑える重さ10kgほどの石は、加子母の各世帯から提供してもらう予定。 内木哲朗加子母総合事務所長は、「『山づくり、家づくり、人づくり』を合言葉に地域を挙げて修復に取り組んでいます。明治の女性が自分たちの名前を染め抜いた緞帳を寄付したように、皆で協力することで愛着が湧き、明治座が名実とも地域の宝になるのでは」と話しています。 ◆初めて、明治座以外で「田中千香士音楽祭」 明治座修復工事でクラシックコンサートが中津川文化会館で 6月13日午後4時から、中津川市かやの木町の中津川文化会館で、「田中千香士音楽祭2015特別公演 明治座クラシックコンサート」が開かれます。 平成10年、世界的バイオリニストとして活躍した故田中千香士東京芸大名誉教授が、「生のクラシック音楽に触れる機会が少ない山村の子供たちに本物の感動を」と、明治座でクラシックコンサートを開催。 同音楽祭は、その遺志を継ぐ人々によって毎年、明治座で開催されてきましたが、今年は120年ぶりの大修復工事のため、中津川文化会館で出張公演されます。 今回は、東京藝大出身者を中心とする若手音楽家でつくる「レボリューションアンサンブル」が、モーツアルト作曲「ファゴット協奏曲」、ブラームス作曲「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲0P.102」ベートーベン作曲、交響曲第4番「0P.60」を披露。 チケットは一般2,500円(当日3,000円)、高校生以下1,200円(当日1,500円)。同文化会館、中央・付知・坂下・福岡の各公民館で取扱っています。 一般向けコンサートの収益金は、6月9日、10日、市内の小学校や中津川市役所、坂下病院などで行う「出張コンサート」運営資金の一部に活用。 6月9日午後7時30分から、同市加子母の「ふれあいのやかた かしも」で、ワンコインコンサート(1人500円、高校生以下無料)も開かれます。...
“人は助け合うもの、ふれあうもの、世代交流で確かめ合おう”をテーマにした「第10回 南地区世代交流さわやか芸能フェスティバル」が1日、中津川市本町の中央公民館ホールで開かれました。 南地区区長会と地区内の学校、PTA、青少年健全育成推進市民会議南分会、社協南支部、南睦会などでつくる同実行委員会が、「安心して生活できる地域社会を」と2002年から毎年開催。 13回目を迎えた今年も、南さくら幼稚園児の和太鼓演奏を皮切りに、第二中学校吹奏部の演奏から神代獅子=写真=、南小学校の合唱まで15団体,、延べ約1,000人が出演。 さまざまなジャンルの芸能を通じて3世代が交流しました。 恵峰HN (2015年2月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 590号 タグ: 中央公民館ホール...
中学・高校在学中に不登校になり学校に行けない生徒や、何らかの理由で高校を中退した人などが高校卒業資格を取得できる学校法人「さくら国際高等学校岐阜東濃キャンパス」(広域通信制・普通科)が恵那市大井町、さくらYELL予備校内に誕生しました。 同予備校が5年前から運営してきた「さくら国際高等学校岐阜東濃学習相談センター」が新年度、株式会社立だった本部の「さくら国際高等学校」(長野県上田市)が学校法人に移行するのに伴い改称。通学定期が利用できるようになって遠方からの通学が可能となり、本部でのスクーリングも不要となりました。 卒業の条件は、状況に合わせて登校し、レポートを提出してテストに合格することと、課外活動(美術館などの見学)への参加。部活動も盛んで、ソフトテニスの全国大会にも出場しています。 和田茂則校長は「大学進学希望者は、さくらYELL予備校が責任を持ってサポート。年中無休で相談、資料請求に応じているので、気軽に問い合わせてほしい」と話しています。フリーダイヤル0120-803759 恵峰HN (2015年2月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2015年 590号 タグ: さくら国際高等学校岐阜東濃キャンパス...
中津川市福岡の日本南画院院友・古田雅博さん(88)が9月3日から福岡ふれあい文化センターで、米寿を記念して集大成となる水墨・墨彩画の作品展を開きます。7日まで。古田さんは幼いころから絵が上手く、小学校の校長当時は花の絵を描いて卒業記念に進呈していたほど。定年退職後の平成7年、日本南画院の巨匠・故安田虚心さんに師事し、基本を守りながらも、従来の水墨・墨彩画にはない陰影や洋画の構図を取り入れた作品を発表。全国規模の絵画展で続々入賞を果たし、平成15年には喜寿記念の作品展を開いて画集も出版しました。「我流から雅流へ 私の集大成」と題した米寿記念展には、全国を巡回した120号の3部作=写真=をはじめ、31点の額・軸作品を展示。合わせて旧福岡町社会福祉協議会会長の古田さんが現在まで15年以上描いてきた独居高齢者に配布する弁当の掛け紙の原画や、社協を通じて貸し出している大型紙芝居、カットなども展示。古田さんは「皆さまのおかげで開催していただけることになり感無量。若い方々にも興味を持っていただけるような水墨・墨彩画をライフワークに今後も画作に励みたい」と話しています。 恵峰HN (2014年8月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 579号 タグ: 中津川市 古田雅博 墨彩画 日本南画院院...
7月7日恵那市山岡町の山岡保育園で「ピアーチェ」の七夕コンサートが開かれました。 市内でピアノ講師、音楽療法士などとして活躍する3人グループで、10年以上前から毎年七夕に合わせて来園。 ピアノ、フルートの演奏や歌を披露し、紙芝居や絵本の読み聞かせ、楽器の紹介や歌遊びなどで園児を楽しませています。 今年も「きらきら星」「星に願いを」などを披露した後、生演奏のBGMで七夕にちなんだ紙芝居を上演。 86人の園児と、園内の山岡子育て支援センターに通う44組の親子は、お話の世界に引き込まれ、一緒に歌ったり、歌遊びに参加したりして楽しいひとときを過ごしました。  恵峰HN (2014年7月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 577号 タグ:...
8月13日に行われる中津川市の夏祭り「おいでん祭」でみこしを担いで婚活しませんか?  同市落合の有志でつくるさくら会(島崎武志代表)が、独身男女の出会いの場を提供しようと参加者を募っています。 一緒にみこしを担ぐと、初対面の人同士が旧知の親友のように親しくなれることに着目。毎年、担ぎ手を募集して祭りに参加している落合みこし会の協力を得、同市結婚活動支援事業を受けて、婚活を兼ねた参加者を募ることにしたものです。 当日は、一般参加者と一緒にみこしを担ぎ、打ち上げパーティーは別室で開催。募集人員は25歳ー49歳の男女各8人で、応募多数の場合、抽選。男性は市内在住に限り参加費2,000円、女性は地域問わず1,000円(法被、たび、飲食費含む)、婚歴は問いません。申し込みは6日までにTEL.0573(69)3201落合事務所。 恵峰HN (2014年7月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 577号 タグ: おいでん祭...
第9回を迎える「七笑蔵開き」が、きょう19日、木曽郡木曽町福島の七笑酒造で開催されます。午前11時半から午後3時まで。酒樽を積んだ門が来場者を迎えます。 毎年好評を博している蔵開き限定の「七笑隠し酒」を、今年も販売。従業員の案内で、日頃は立ち入ることができない酒づくりの現場が見学できるほか、さまざまな日本酒の利き酒が楽しめます。板粕つめ放題(500円)や大吟醸酒かす入り豚汁ふるまい(先着300人限定の)などのコーナーも設置。特製の漬物や甘酒などを販売するほか、菓子などの出張販売もあります。 総務兼営業部の郡山勝利さんは「日本酒を楽しむためぜひ公共交通機関をご利用ください。甘酒やノン・アルコール商品、ゲームコーナーなどもあり、ご家族で楽しめます」と話しています。入場無料。TEL.0264(22)2073。(長戸宏幸) 写真は、蔵開きの開会式(2013年) 恵峰HN (2014年4月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 571号 タグ: 七笑...
中津川市手賀野の杉浦重男さん(73)が23日から、同町太田町の中電ギャラリーで水彩画の初個展を開きます。29日(最終日正午)まで。自営業だった杉浦さんは45歳の時1年間、公民館講座で学生時代から好きだった絵を勉強。その後、チャーチル会中津川に入りましたが、仕事が忙しくなって中断。現役を退いた2004年、中津川市美術家協会蛭川教室に入り、洋画家の笠木茂さんに師事して本格的に水彩画を描き始めました。昨年、水彩画の最高峰「日本水彩画展」に初入選したのを記念して開く個展には入選作の人物画(50号)を始め、風景、静物などの大作と小品約40点を出展。「水彩画の明るさ、透明感に魅せられて」描き続ける杉浦さん。「1人でも多くの方に水彩画の魅力を伝えたい」と話しています。 恵峰HN (2014年4月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 571号 タグ: 中津川市 個展 手賀野 日本水彩画展...
JR中津川駅前の「スクールショップ ヒガシ」(中津川市太田町)店頭に、 “世界一”のジャンボ学生服がお目見えしました=写真。東濃で唯一の学生服専門店が例年、「おめでとうセール」の期間中に掲示。今年も2月28日まで、全品10%引き(一部除外品あり)で販売するほか、男女学生服上下予約・購入で、先着200人にサブバック進呈。なかちゃんポイントや3年間、何度でも使える無料お直し券、制服がすっぽり入る大型洗濯ネットなど、7大プレゼントを実施しています。さらに今年は、人体工学に基づいて作られた安全で体に優しいランドセル「カルランIII」(6年間保証、高輝度反射テープ付)も販売。問い合わせはTEL.0573(66)1248。 恵峰HN (2014年1月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 565号 タグ: スクールショップ ヒガシ セール ランドセル...
中津川市落合公民館の植物観察講座「スミレ会」(玉置克彦会長)が、地域に自生する植物を体系的にまとめた冊子「落合の植物」(A4判、62ページ、カラー刷り)を刊行しました。 平成22年度、市民企画講座として開講以来、毎月1回、地元の樋口帯刀さん(野草散策の会会員)を講師に、落合全域の植物を調査。 「落合郷土誌」などを参考に、1050種類の植物を確認、分類し、観察区分図や絶滅危惧類、巨木・銘木などを記してきました。 東西の分岐点にあたる落合地域は「植物の交差点」と言われ、多種類の植物が自生。同会では自然の変遷を後世に残そうと、3年間の記録を半年がかりで編集。同市がんばる地域サポート事業の助成を受けて700部刊行し、実費の700円で頒布します。 市内の中日新聞販売店で取次ぎ。 恵峰HN (2013年5月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2013年 550号 タグ:...
恵那市東野の管理栄養士・土方紀代子さん(73)が自費出版した料理エッセー集「食ごよみ −私のくらしから−」(B5判、155ページ、1,000円)が話題を呼んでいます。土方さんは長年、栄養・食分野で幅広く活躍。現在は農業に取り組みながら、時代に即した伝統食の開発・普及に努めています。同書はJAひがしみのの広報誌に5年間、60回連載した「食」シリーズに加筆、編集したもの。「感動と発見、実用性のあるエッセー」(読者感想)と、完成度の高い写真・レシピが月別に掲載され、男性や高校生にも好評。昨年末に発行した2,000部が即完売したことから増刷し、JA各支店と市内のコスモブックセンター、西尾新聞店、中津川市のちこり村などで販売しています。「『食』は命の源。次代を担う若い世代に、ぜひ読んでほしい」と土方さん。「キャベツを守るために虫の命を殺めたからこそ、大切に、おいしくいただかなければ」と話していました。TEL.0573-25-4885土方さん。 恵峰HN (2013年3月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2013年 546号 タグ: 土方紀代子 恵那市 東野 管理栄養士...
児童館に子供や高齢者を招き、”出前茶会”を開いたのは、中津川市中津川の中津高校茶道部(後藤ゆりか部長)。 「日本が誇る伝統文化を気楽に体感してもらおう」と、本年度スタートした取り組み。 昨年末には地元の東児童館に12人の部員が出張し、館内の和室に毛氈を敷いて茶席を設営。集まった園児や小・中学生、お年寄りを前に、和服姿で薄茶のお点前を披露しました。 部員やお年寄りに作法を教わりながら、緊張した面持ちで抹茶を賞味していた子供たちも、お点前の体験では終始笑顔。  高校生の手ほどきで楽しそうにひしゃくや茶筅を操り、茶人気分を味わっていました。   恵峰HN (2013年1月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2013年 542号...
10月5日(水)、350余年の歴史を誇る中津川市中村の八幡神社で例大祭が営まれます。同神社は京都石清水八幡宮から分霊を受け、大祭には100年ぶりに復活した笹踊り、130年ぶりに復活した流鏑馬や花馬などを奉納。木曽馬の鞍を飾る色鮮やかなご神花(花串)は、当元・尾鳩区の区民が総出で丹精した手作りで、花馬として奉納。縁起物として人気があり、市中心部を巡回して頒布するほか神社でも頒布します。 当日は午前10時過ぎから、古式懐しい衣装を着けた南小学校児童らが流鏑馬、浦安の舞、笹踊り、地元保存会は神代獅子を奉納。ポニーの無料乗馬体験や南さくら幼稚園児の鼓隊演奏もあります。午後2時から新生児健康祈願祭、2時30分には餅投げが行なわれ、境内には露店が出てにぎわうほか五平餅も販売されます。写真は、笹踊りのけいこに励む児童ら 恵峰HN (2012年9月15日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 535号 タグ: 中村 中津川市 八幡神社...
中国内モンゴル出身の留学生が、恵那市明智町の日本大正村で、着付けショーを兼ねた結婚式を挙げました。 花婿は名古屋工業大学4年の謝国富さん(29)、花嫁は愛知教育大学を卒業した呉暁燕さん(27)。名古屋のアルバイト先で知り合った明智町出身の岐阜大学4年生水野陽太さん(22)と、アルバイト先の上司の木村梢さんが、卒業後、9月に帰国する2人にプレゼントしたもの。同町の小林豊子着物学院講師の大嶋美佐子さんに協力を得、「日本伝統の衣装で結婚式を挙げたい」という2人の夢を、「着付けショー」として実現させました。7月14日には、大正村の古民家・三宅家で、新郎には紋付き袴、新婦には白無垢と赤の打掛の着付けをし、その模様を一般公開。多くの観光客から「きれい」「おめでとう」などと声をかけられた二人は、笑顔で「ありがとうございます」と答え幸せいっぱい。その後、隣接する大正ロマン館で衣装を披露し、記念撮影した謝さんらは「一生忘れられない大切な一日になりました」と話していました。大正村では、今後もこのような催しを行なっていく計画です。 恵峰HN (2012年8月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 533号 タグ: モンゴル 恵那市 日本大正村...
中津川市付知町の道の駅「 花街道付知」内にコンビニエンスストア大手のローソンがオープンしました。道の駅内にコンビニがオープンしたのは県内初、ローソンでは全国4例目。  付知町振興公社(早川正人理事長)の事業部で、198平方メートルの店内では、通常の商品のほか、市内の特産品や飛騨方面の土産物も販売。披露を兼ねた完工式には水野賢一副市長ら約100人が出席。中部ローソン支社の岩崎哲志副支社長が「立地条件が良く、将来性のある店舗。地域活性化にも貢献したい」と挨拶しました。 恵峰HN (2012年8月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 533号 タグ: オープン ローソン...
中津商業高校(中津川市駒場)の珠算部と簿記部が今月末開催される全国大会に向けて、練習に励んでいます。 昨年、全国8位入賞を果たした珠算部は10年連続、簿記部は2年連続での出場。7月31日、東京の都立大田桜台高等学校で開催される「第59回 全国高等学校珠算・電卓競技大会」には、珠算の県予選会、団体で優勝した小木曽美空さん(2年)、所杏奈さん(3年)、遠藤麗菜さん(2年)、電卓の県予選会、団体で優勝した土岐真珠さん(3年)、小栗桃子さん(同)、鈴木菜々恵さん(同)と、種目別で優勝した林美咲さん(3年)が出場。7月22日、明海大学で開かれる「第28回全国高等学校簿記コンクール」には、県予選・個人で入賞した大山将永さん(3年)と白木美帆さん(同)が出場します。 恵峰HN (2012年7月21日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 531号 タグ: そろばん・電卓甲子園 中津商業高校 中津川市...
日本書道教育山濤(やまなみ)会穂鈴(すいれい)支部社中(本部・松本市)の「第2回 学生展」が30日と7月1日の2日間、中津川市本町の中央公民館で開かれます。 同社中は、毎日書道展で最高賞を受章した佐藤聰穂さん(本名・聰子)=手賀野=が主宰。中津川・恵那・飯田の各市と松川町に9教室を開いています。今回は、園児−中3までの100人が、計約300点を出展し、鍛錬の成果を発表。 70cm四方の紙に直径5cmの大筆で各自の好きな1、2文字を書き、落款印の代わりにカラフルな水彩絵の具で手形を押した作品が見ものです。穂鈴支部書道教室の詳細は携帯電話.090-6764-1906佐藤主宰へ。 恵峰HN (2012年6月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 529号 タグ: 中津川市 佐藤聰穂...
中津川法人会(青山貫禅会長)は25日、恵那峡グランドホテルで、「社団化40周年記念式典」を行います。 法人会は、約100万社からなる全国組織。同法人会は1972年、県内の法人会として初めて社団化。「税の提言と啓発」「租税教育」「社会貢献」の各活動に積極的に取り組んでいます。40周年の節目にあたる本年度は、一般社団法人となり、新たにスタート。記念事業として▽記念誌作成▽租税教育用DVD製作▽岐阜サマーサイエンススクール共催に取り組んでいます。青山会長は「40周年が迎えられたのは、先人のたゆまぬ努力のお陰。これからも先人の意思を引き継ぎ法人会活動に力を注ぎたい」と話しています。 恵峰HN (2012年5月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 527号 タグ: 中津川市 中津川法人会 周年...
 「認知症予防、ダイエットにも効果的」と話題のパッションフルーツ(和名・くだもの時計草)が鈴なりになっているのは 中津川市手賀野の臼井三美さん(66)宅。  4月、4本を鉢植えにして玄関前に置き「緑のカーテン」に仕立てたところ、現在も青々。時計の文字盤そっくりの美しい花を咲かせた後、緑色の果実を付け、熟すと紫色になって落下。割ると香りのいい甘い果肉と果汁が現れ、生食やジュース、ジャムなどにして食します。βカロテン、ビタミンB6など、健康・美容に有効な成分を多く含む人気フルーツを、春・秋通算300個ほど収穫した臼井さん。「花と実の両方楽しんだうえ節電し、CO2も減るなんて最高!」。 恵峰HN (2011年11月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2011年 516号 タグ: ダイエット 中津川市 手賀野...
9月23日(祝)中津川市加子母中切渡合の水無神社で開かれる大祭を前に、地元の子供たちが獅子舞の稽古に励んでいます。  同神社は元和7(1627)年以前の創建とされる加子母総社で、「けんか祭り」として知られる大祭は、地区内の10区が回り持ちで執行。今年は神社の地元・中切区(粥川勝志区長)が10年に1度の当元を務め、岩木咲男祭典委員長らを中心に準備を進めてきました。 大祭前夜の試楽祭に奉納する伝統の獅子舞も当元区が務め、初体験の子供たちは1年がかりで会得。中切区でも昨年9月から週2回、小学6年–中学2年の男子7人が中切公会堂に集まり、熊崎悦郎若連委員長らに手ほどきを受けてきました。当日、獅子舞の一行は地域に伝わる手作りの宮殿(くうでん・神楽殿)を担ぎ、提灯に彩られながら、笛・太鼓の音もにぎやかに道行。午後6時半ごろから奉納します。 晴れ舞台を控えた子供たちは「たくさんの方に応援してもらい、頑張ってきた成果を見てほしい」と張り切っています。 写真は、大祭に向け稽古に励む子供たち 恵峰HN (2011年9月17日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2011年 512号 タグ: 中津川市 加子母...
中津川市中村クラブで三世代交流会が開かれ、区民ら約200人が、流しそうめんなどを楽しみました。「地域住民のつながりを深めよう」と同区(成瀬義勝区長)が開いたもので、女性部(安江里子部長)の料理教室が協力。子ども会、老人会が参加して大盛況を博しました。幼児からお年寄りまで一緒になって長さ5mの竹樋の前に並び、流れてくるそうめんをわれ先に掬い取って食べたほか、女性部員手作りの味ご飯のおにぎりや天ぷらなどに舌鼓。子ども向けビンゴ大会なども行われ歓声が沸きあがっていました。(写真は、流しそうめんで大盛況の会場) 恵峰HN (2011年8月20日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2011年 510号 タグ: 中村 中津川市 交流会 トラックバック...