August 7, 2022

529号

日本書道教育山濤(やまなみ)会穂鈴(すいれい)支部社中(本部・松本市)の「第2回 学生展」が30日と7月1日の2日間、中津川市本町の中央公民館で開かれます。 同社中は、毎日書道展で最高賞を受章した佐藤聰穂さん(本名・聰子)=手賀野=が主宰。中津川・恵那・飯田の各市と松川町に9教室を開いています。今回は、園児−中3までの100人が、計約300点を出展し、鍛錬の成果を発表。 70cm四方の紙に直径5cmの大筆で各自の好きな1、2文字を書き、落款印の代わりにカラフルな水彩絵の具で手形を押した作品が見ものです。穂鈴支部書道教室の詳細は携帯電話.090-6764-1906佐藤主宰へ。 恵峰HN (2012年6月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2012年 529号 タグ: 中津川市 佐藤聰穂...