August 7, 2022

2014年

坂下高校(中津川市坂下)ギター・マンドリン部の「第36回定期演奏会」が21日午後2時から、同市坂下公民館多目的ホールで開かれます。入場無料。 同部(今井菜摘部長、16人)はことし創部45年目。全国大会で23回連続優秀賞を受賞し、現在も創設者である尾嶋清次講師の指導のもと、高い実力を維持。さまざまなボランティア活動で地域に貢献しています。 今回は、そうした実績が認められ、世界的に活躍するテノール歌手で名古屋芸大非常勤講師の山田正丈さんが特別出演。生徒らの伴奏で、カンツオーネの名曲を独唱します。 さらに今年は9人の1年生がデビュー。クラシックをはじめ「Let It Go」などの話題曲や3年生による「アメージング・グレース」など息の合った演奏で、ギター・マンドリンの魅力を紹介します。 恵峰HN (2014年12月 6日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年...
節分を迎える明後日から「春」。寒さの中でも、草木は確実に春への準備を進めています。そんな中、中津川市坂下では、地域のシンボル桜を守ろうと有志で設立した「坂下さくらもりの会」(松井義雄会長)が始動。16日、椛の湖畔で行う天狗巣病駆除の協力者を募っています。 坂下の名所となっている椛の湖畔の桜の樹勢が衰えたことから昨年、松井会長らが発起人となって呼びかけ、90人ほどが入会。樹木医でNHK趣味の園芸の講師を務める上条祐一郎さんを講師に学習した=写真=管理技術や植樹法などを生かし、昨年末には、花の湖畔で腐った樹木等を伐採。 今後は、植樹・管理計画など長期的なビジョンづくりに取り組み、習得した管理技術を各地域で役立てる計画です。 16日は午前9時、椛の湖のセンターハウス前に集合し、高所作業車を使って、天狗巣病にかかった枝を伐採。 松井会長は「自然を守り、桜などが咲き誇る花のあるまちづくりを進めるため、1人でも多くさんかしてほしい」と呼びかけています。問い合わせはTEL.0573(75)2077松井会長。  恵峰HN (2014年2月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 566号...
標高600メートルで生まれた中津川市阿木特産のソバが”ひきたて、打ち立て”で味わえる「特産そば処あぎの郷」があす5日、阿木パターゴルフ場隣にオープン。来店者に「そばクッキー」を進呈します。 阿木地区の農家は、平成5年から転作田でソバを栽培。最適な自然環境ではぐくまれたソバは、味・こし・香りの3拍子そろった逸品で、専門店からの注文も入るようになり、現在120軒ほどが栽培。中の島公園内に製粉用の水車小屋を設置し、イベントなどで販売して好評を得てきました。 農家のうち六次産業の振興を目指す15軒が今年2月、農業法人「阿木特産営農」(鈴木政志理事長)を設立。毎週土、日曜日と祭日、そば店を開くことにしたものです。 調理にあたるのは、イベントの際活躍してきた地元の農業女性グループ「ささりんどう婦人部」で、ざるそば(750円、2枚目以後500円)には、あげずしと出汁巻、漬け物、かけそば(600円)にはその他に天ぷらも付ける「大サービス」。 「どこで販売しても絶賛をいただき、味には絶対の自信がある」と鈴木理事長。10人以上の予約があれば平日も営業します。問い合わせはTEL.0573(63)3070。 恵峰HN (2014年10月 4日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 582号...
中津川市のアマチュア劇団「夜明け」の第69回定期公演が、8日午後6時30分からと9日午後1時30分からの2回、同市かやの木町の中津川文化会館で行われます。 同劇団は1956年、演劇サークルとしてスタートし、再来年60周年。演出の鈴木弘文さんを中心に、演劇を通じて、地域文化の振興に貢献。今回は長い歴史の中でも初のサスペンスドラマ「夜の来訪者」を上演します。 社会的不平等の改善をテーマにしたJ・Bブリーストリーの原作を、劇作家内村直也が舞台を日本に移して翻訳した作品。 1951年、俳優座が初演して以来、演劇界に多大な影響を与えてきた名作です。 チケットは前売一般2千円、シルバー千500円、高校生以下千円(当日は300円増)。各プレーガイドで取扱い。問い合わせはTEL.0573(66)6036鈴木さん。 恵峰HN (2014年2月 1日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 566号...
中津川市福岡の日本南画院院友・古田雅博さん(88)が9月3日から福岡ふれあい文化センターで、米寿を記念して集大成となる水墨・墨彩画の作品展を開きます。7日まで。古田さんは幼いころから絵が上手く、小学校の校長当時は花の絵を描いて卒業記念に進呈していたほど。定年退職後の平成7年、日本南画院の巨匠・故安田虚心さんに師事し、基本を守りながらも、従来の水墨・墨彩画にはない陰影や洋画の構図を取り入れた作品を発表。全国規模の絵画展で続々入賞を果たし、平成15年には喜寿記念の作品展を開いて画集も出版しました。「我流から雅流へ 私の集大成」と題した米寿記念展には、全国を巡回した120号の3部作=写真=をはじめ、31点の額・軸作品を展示。合わせて旧福岡町社会福祉協議会会長の古田さんが現在まで15年以上描いてきた独居高齢者に配布する弁当の掛け紙の原画や、社協を通じて貸し出している大型紙芝居、カットなども展示。古田さんは「皆さまのおかげで開催していただけることになり感無量。若い方々にも興味を持っていただけるような水墨・墨彩画をライフワークに今後も画作に励みたい」と話しています。 恵峰HN (2014年8月16日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 579号 タグ: 中津川市 古田雅博 墨彩画 日本南画院院...
8月13日に行われる中津川市の夏祭り「おいでん祭」でみこしを担いで婚活しませんか?  同市落合の有志でつくるさくら会(島崎武志代表)が、独身男女の出会いの場を提供しようと参加者を募っています。 一緒にみこしを担ぐと、初対面の人同士が旧知の親友のように親しくなれることに着目。毎年、担ぎ手を募集して祭りに参加している落合みこし会の協力を得、同市結婚活動支援事業を受けて、婚活を兼ねた参加者を募ることにしたものです。 当日は、一般参加者と一緒にみこしを担ぎ、打ち上げパーティーは別室で開催。募集人員は25歳ー49歳の男女各8人で、応募多数の場合、抽選。男性は市内在住に限り参加費2,000円、女性は地域問わず1,000円(法被、たび、飲食費含む)、婚歴は問いません。申し込みは6日までにTEL.0573(69)3201落合事務所。 恵峰HN (2014年7月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 577号 タグ: おいでん祭...
7月7日恵那市山岡町の山岡保育園で「ピアーチェ」の七夕コンサートが開かれました。 市内でピアノ講師、音楽療法士などとして活躍する3人グループで、10年以上前から毎年七夕に合わせて来園。 ピアノ、フルートの演奏や歌を披露し、紙芝居や絵本の読み聞かせ、楽器の紹介や歌遊びなどで園児を楽しませています。 今年も「きらきら星」「星に願いを」などを披露した後、生演奏のBGMで七夕にちなんだ紙芝居を上演。 86人の園児と、園内の山岡子育て支援センターに通う44組の親子は、お話の世界に引き込まれ、一緒に歌ったり、歌遊びに参加したりして楽しいひとときを過ごしました。  恵峰HN (2014年7月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 577号 タグ:...
中津川市手賀野の杉浦重男さん(73)が23日から、同町太田町の中電ギャラリーで水彩画の初個展を開きます。29日(最終日正午)まで。自営業だった杉浦さんは45歳の時1年間、公民館講座で学生時代から好きだった絵を勉強。その後、チャーチル会中津川に入りましたが、仕事が忙しくなって中断。現役を退いた2004年、中津川市美術家協会蛭川教室に入り、洋画家の笠木茂さんに師事して本格的に水彩画を描き始めました。昨年、水彩画の最高峰「日本水彩画展」に初入選したのを記念して開く個展には入選作の人物画(50号)を始め、風景、静物などの大作と小品約40点を出展。「水彩画の明るさ、透明感に魅せられて」描き続ける杉浦さん。「1人でも多くの方に水彩画の魅力を伝えたい」と話しています。 恵峰HN (2014年4月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 571号 タグ: 中津川市 個展 手賀野 日本水彩画展...
第9回を迎える「七笑蔵開き」が、きょう19日、木曽郡木曽町福島の七笑酒造で開催されます。午前11時半から午後3時まで。酒樽を積んだ門が来場者を迎えます。 毎年好評を博している蔵開き限定の「七笑隠し酒」を、今年も販売。従業員の案内で、日頃は立ち入ることができない酒づくりの現場が見学できるほか、さまざまな日本酒の利き酒が楽しめます。板粕つめ放題(500円)や大吟醸酒かす入り豚汁ふるまい(先着300人限定の)などのコーナーも設置。特製の漬物や甘酒などを販売するほか、菓子などの出張販売もあります。 総務兼営業部の郡山勝利さんは「日本酒を楽しむためぜひ公共交通機関をご利用ください。甘酒やノン・アルコール商品、ゲームコーナーなどもあり、ご家族で楽しめます」と話しています。入場無料。TEL.0264(22)2073。(長戸宏幸) 写真は、蔵開きの開会式(2013年) 恵峰HN (2014年4月19日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 571号 タグ: 七笑...
JR中津川駅前の「スクールショップ ヒガシ」(中津川市太田町)店頭に、 “世界一”のジャンボ学生服がお目見えしました=写真。東濃で唯一の学生服専門店が例年、「おめでとうセール」の期間中に掲示。今年も2月28日まで、全品10%引き(一部除外品あり)で販売するほか、男女学生服上下予約・購入で、先着200人にサブバック進呈。なかちゃんポイントや3年間、何度でも使える無料お直し券、制服がすっぽり入る大型洗濯ネットなど、7大プレゼントを実施しています。さらに今年は、人体工学に基づいて作られた安全で体に優しいランドセル「カルランIII」(6年間保証、高輝度反射テープ付)も販売。問い合わせはTEL.0573(66)1248。 恵峰HN (2014年1月18日 10:00)|| トラックバック(0) ※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。 カテゴリ: 2014年 565号 タグ: スクールショップ ヒガシ セール ランドセル...